2022年10月07日

福井県鯖江市落井町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0939.jpg

9月27日は福井県鯖江市落井町で
伊藤瑞貴建築設計事務所さま監修、
サカイ建設不動産鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0943.jpg

IMG_0941.jpg

現場は平屋の大きな物件。

南面の大開口サッシから
光が差し込む明るい室内。

IMG_0960.jpg

圧巻なのが屋根。

IMG_0955.jpg

大屋根の部分に見える
垂木(大垂木)はあらわしで
このままの仕上げです。

まるで店舗の設計。
上棟に3日かかったのが
頷けます。

IMG_0956.jpg

屋根の断熱はネオマフォーム。
気密は屋根側で取ってある模様。

IMG_0944.jpg

壁の断熱は
ウレタン吹付断熱。

IMG_0957.jpg

間柱と梁の取り合いを
コーキングで気密処理。

IMG_0965.jpg

掃き出し窓からは
緑豊かな風景が眺められました。

サッシは リクシルのTW。
アルミ複合ペアガラス。

IMG_0966.jpg

サッシ周りは気密テープと
コーキングにより気密処理。

IMG_0961.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0940.jpg


C値 = 0.56cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.6cm2/m2。
IMG_0949.jpg

今回の測定にはインターンシップで
学生さんが勉強に来られていました。
将来、建築業に付く予定のこと。

気密の必要性 や 高気密化のメリット、
測定にかかる時間 や どこを気密処理
した方がよいか?などなど
ビルダーさん顔負けで
いろんな質問を受けました。

彼女は将来、リノベーションの方面で
活躍したいようです。

IMG_0952.jpg

脱線しましたが
C値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

2階の床と梁の取り合い部分を
コーキングで気密処理。

IMG_0953.jpg

季節的にだいぶ涼しくなってきましたが
現場はまだ汗だくで作業してます。

私は写っていませんが
監督さんの横で気密処理してました。

IMG_0963.jpg

ロフトはめちゃくちゃ広く
キャッチボールが出来そう。

IMG_0964.jpg

ネオマフォームのジョイントに
気密テープを貼ったり
コーキングを入れたりと攻めました。

IMG_0946.jpg

狭い箇所の取り合いに
体を小さくして
コーキングを打たれてます。

気密って小さな作業の
積み重ねなんです。

さて、気になる
C値改善後の結果は...。

IMG_0950.jpg


C値 = 0.53cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.5cm2/m2。
IMG_0954.jpg

立ち合いされた設計士さんは
会社の基準をクリアしていることに
ほっとされていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
95cm2 → 91cm2 と
4cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値)は
1.61 → 1.58 と少量ですが
隙間風が入り難い特性に改善しました。

IMG_0960.jpg

大屋根の大垂木は 店舗のような
非日常的な空間づくりを担うとともに
構造材としてもガッチリと効いている模様。

とても素敵な現場でした(^^♪


【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年10月06日

石川県金沢市入江で気密測定


稜です。

写真 2022-09-29 8 06 19.jpg

9月29日は石川県金沢市入江で
中村住宅開発鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-09-29 8 08 13.jpg

写真 2022-09-29 8 08 59.jpg

中に上がります。

写真 2022-09-29 8 13 45.jpg

写真 2022-09-29 8 14 50.jpg

屋根・壁の断熱は、
ウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2022-09-29 8 08 30.jpg

サッシはYKK APW330。
(掃き出し窓はAPW430。)
樹脂サッシです。

写真 2022-09-29 8 16 44.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りはコーキングで
気密処理されています。

写真 2022-09-29 8 18 25.jpg

お風呂は断熱材の取り合いに
ウレタンを吹き付けて
気密処理してあります。

写真 2022-09-29 8 46 30.jpg

現場は床断熱。
配管の床貫通部は、
周りをコーキングで
気密処理してあります。

写真 2022-09-29 8 42 17.jpg

測定の前に、
C値改善作業(隙間埋め)
少しだけをします。
玄関下端の隅、
基礎とサッシ枠との間に
隙間が出来て光が漏れています。

写真 2022-09-29 9 08 40.jpg

ここは後の工程で
綺麗に埋まる箇所ですが、
中間時点での気密を正確に
測定するためにも、
埋めておく必要があります。
ウレタンで隙間を埋めました。

写真 2022-09-29 8 42 51.jpg

ドア横の配線貫通部。
スカスカな状態なので、
このままでは漏気しますね。

写真 2022-09-29 9 10 39.jpg

こちらもウレタンで
気密処理しました。
ウレタンでモコモコに
なるのが嫌であれば、
コーキングで丁寧に
埋めることをお勧めします。

写真 2022-09-29 8 56 10.jpg

玄関土間のFIX窓と土台などとの
取り合いが怪しいです。

写真 2022-09-29 9 12 06.jpg

パッキンの奥の方に
ウレタンを吹き付けて、
土台との取り合いは
テープで気密処理しました。

写真 2022-09-29 8 44 47.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-09-29 9 22 29.jpg

C値=0.20cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

写真 2022-09-29 9 26 39 (1).jpg

C値改善作業(隙間埋め)
をします。
先程の土間の窓まわりから
少し漏気がありました。
もう大丈夫だろうと思っていても、
減圧して漏気チェックをすると
隙間の有無がはっきり分かりますね。
パッキンの箇所からでしたので、
再度ウレタンで気密処理しました。

写真 2022-09-29 9 28 42.jpg

床と柱の取り合いの溝を
気密処理していきます。
一階にしても二階にしても、
ここは漏気しやすい箇所。
一ヶ所からの漏気量は
そこまでではありませんが、
全体で見れば気密を落とす
原因の一つになりかねません。

後の工程で邪魔になるし、
カットするのが面倒で嫌だ
と思われる大工さんや監督さんが
多いと思いますが、
気密を上げたいのならば
おススメします。

写真 2022-09-29 9 41 45.jpg

下屋部分の断熱材の取り合いから
漏気がありましたので、
隙間にウレタンを吹き付けて
気密処理をします。

それでは再度測定を始めます。
結果は...

写真 2022-09-29 10 37 41.jpg

C値=0.18cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
31cm2 → 27cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.35 → 1.28
となっています。

写真 2022-09-29 10 36 31.jpg

この結果に、
立ち合いされたお施主様は
喜んでいるご様子でした。

改善前から既に良い気密でしたが、
さらに αA (家全体の隙間面積)が
4cm2 改善していますね。

やはり、良い結果が出て
お施主様が喜んでいると
こちらも嬉しくなりますね。
これからも良い気密を出すために
努力していきたいと思います。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年10月05日

もっと上流の梯川の道 まだある彼岸花、トンボ


1週間前に石川県小松の梯川の道歩きをしましたが、もっと上流まで歩きたくて荒木田の橋から上流の川の道を歩きました。

IMG_4821.JPG

IMG_4822.JPG


この間、河原に彼岸花が沢山咲いていましたが、1週間たってもまだ多くの真っ赤な彼岸花が咲いています。

IMG_4823.JPG

IMG_4824.JPG


その中によく見ると真っ白い彼岸花を発見、白色の花の思わぬ発見に心うきうきです。

IMG_4835.JPG


どんどん歩くと何か所か橋があり、ふと遠くには白山の姿が見えました。

IMG_4828.JPG

IMG_4846.JPG


たわわたに実った柿の実、可憐なコスモスの花を眺め、橋を渡り集落の道路沿いの郵便局には移動式の郵便車が停まっていました。何かイベントでもあるのかな?

IMG_4834.JPG

IMG_4839.JPG

IMG_4836.JPG

IMG_4840.JPG


どんどん先を歩くとせき止められたダムから勢いよく流れる水音の心地よい自然の音がいいですね。

IMG_4841.JPG


山裾にいだかれた集落を眺めると時間が停まったような昔懐かしい風景です。

IMG_4842.JPG


川のフェンスにはトンボが羽を休めていました。

IMG_4845.JPG

地図では川沿いに歩るける道があることになっていましたが、もう草ぼうぼうで道がなくなり歩けません。折り返し元の道歩きでUターンして帰りました。

大自然の中の川の道歩きの周りの景色に癒されました。



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年10月04日

石川県金沢市沖町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0653.jpg

9月1日は 石川県金沢市沖町で
叶ン計木花家さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0655.jpg

玄関ドアは片引き戸の
エルムーブ(リクシル)。

最近、片引き戸の採用が
増えていると感じます。

IMG_0656.jpg

現場は 南面に大開口の
サッシを配置した設計。

IMG_0657.jpg

そのサッシの採光により
室内はかなり明るかったです。

IMG_0661.jpg

サッシはリクシルのEW。
樹脂トリプルガラス。

IMG_0676.jpg

サッシ周りはコーキングに
より気密処理。

コーキングが透明で見難いですが
窓枠にもしっかり入っていました。

IMG_0682.jpg

断熱材は屋根、壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_0675.jpg

天井下地から上は
かなりウレタンが吹かれています。
気密、断熱ともに効果がありそうです。

IMG_0664.jpg

小屋裏は勾配天井の仕様に
なっていました。

IMG_0665.jpg

屋根のウレタンが ほぼカット
されてないので助かります。

勾配天井でウレタンがカット
されている場合、漏気するケースが
あるので注意が必要です。

IMG_0666.jpg

さてさて、測定前に
漏気チェックしていきます。

気になっていた玄関の
片引き戸から少し漏気がありました。

開き戸と比べると構造上
漏気量が多くなります。
使い勝手が良いので仕方ないですね。

IMG_0678.jpg

おっと、薪ストーブを
採用した現場でした。

漏気チェックを行いましたが
漏れなし。

IMG_0667.jpg

ここは基礎断熱の仕様(床下が室内扱い)。
外周部に面する箇所を攻めます。

間仕切り壁の筋交いまわりに
ウレタンを充填。

IMG_0669.jpg

窓周りに近い柱周りに
ウレタンを充填。

ここにウレタンを吹きすぎると
大工さんに怒られちゃうので
必要最低限のみです(^^♪

IMG_0671.jpg

あとは 定番の部屋の
入隅にウレタンを充填。

木と木の突合せは経験上
裏側に気道を生みやすいです。

IMG_0660.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0683.jpg


C値 = 0.079cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_0673.jpg

測定に立ち合いされたお施主さまは
とても喜び、グッドポーズ。

カッコいいポージング。
腰が入っていて素敵です ♪

IMG_0655.jpg

片引き戸のエルムーブから
漏気があったにもかかわらず
0.079cm2/m2は かなりの気密スペック。

ここは 薪ストーブ&床下エアコンの仕様。
完成気密が楽しみです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年10月03日

石川県金沢市大桑町で気密測定(完成)


稜です。

写真 2022-09-26 8 13 51.jpg

9月26日は石川県金沢市大桑町で
takeあーとさまの現場の
気密測定(完成)を行いました。

写真 2022-09-26 8 13 10.jpg

中に上がります。
玄関にはフィラメント電球の
素敵なデザインのライトが。
柔らかなオレンジ色の光が
見る人の心を癒してくれる
気がしますね。

写真 2022-09-26 8 10 11 (1).jpg

LDKです。

写真 2022-09-26 8 09 48.jpg

写真 2022-09-26 8 10 47.jpg

掃き出し窓や縦長のFIX窓から
明るい光が差し込む、
心地よい空間となっています。
リビングの下がり天井がカッコいい。

写真 2022-09-26 8 55 08.jpg

掃き出し窓を開けてみると、
外にはウッドデッキがありました。
光が当たって気持ちの良い上、
囲いもあるので人の目も気にならない。
とてもリラックス出来そうですね。

写真 2022-09-26 9 16 21.jpg

玄関やLDKの壁は漆喰塗りと
なっています。
このゴワゴワした感じが
たまりませんね。

写真 2022-09-26 8 56 28.jpg

洗面所には縦長のラックが。
木の感じとスクエアの鏡が
アジアン風でオシャレですね。

写真 2022-09-26 9 19 20.jpg

トイレは上部を見てビックリ。
なんだかカーブ状に
丸みを帯びています。

写真 2022-09-26 8 08 16.jpg

なんでも上は階段となっていて、
凸凹した形状にするのは嫌だったので
このようなフォルムにしたんだとか。
こんな滑らかな形状にする作業は
とても大変だったそうですが、
綺麗に仕上がっていますね。

写真 2022-09-26 9 58 16.jpg

こちらのお家は、
床下エアコンのシステムを
取り入れています。
エアコン本体が見える状態なのは、
リターン環境を構築する
必要があるからです。

写真 2022-09-26 8 39 31.jpg

LDKなどにはこのような
ガラリが付いています。
床下エアコンで基礎内を暖めて、
こちらから室内に暖気を
排出しているんですね。

写真 2022-09-26 8 54 01.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-09-26 9 36 17.jpg

C値=0.22cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

写真 2022-09-26 9 44 22.jpg

この結果に、
立ち合いされた社長は
満足されたご様子でした。

写真 2022-09-26 10 06 43.jpg

中間時点の気密と比較しても、
αA (家全体の隙間面積)が
14cm2 → 22cm2
と8cm2 しか増えていないので
かなり抑えられていると思います。

気密が良くて暖かい、
素敵なデザインのお家。
住まわれるお施主様は、
心地よい暮らしを送ることが
出来るでしょうね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年10月02日

ギフト券 妻のつぶやき


2年ほど前に貰ったお花の『ギフト券』ですが

期限が今年の12月31日なのでそろそろ使わないと切れてしまいます。

IMG_9377.jpg

ネットで取扱店を検索し出かけたのですが

日曜日なのにお休みだったり、高かったりと花屋さんを4軒も廻りました。

IMG_9320.jpg

観葉植物は好きなんですが、室内に置く場所がないので『お花』にしようと思います。

IMG_9323.jpg

お花を色々見たのですが、今はやっぱり『秋明菊』ですね!

1つ770円を2つ、消費税を入れて1,540円、追い銭は540円でした。

IMG_9378.jpg

家に春から丹精込めて育てた『秋明菊』が8鉢もあったのですが、

何故か枯れ枯れになってきていて、まともに育っているのは3鉢?

これは八重で葉っぱがイキイキとしていて花芽もいっぱい付いています。

IMG_9506.jpg

植え替えをしたところ

半月でこんなにきれいに咲いてくれました♪

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年10月01日

プチ贅沢 妻のつぶやき


用事で実家の富来まで行ったとき、

ちょっと足を延ばして門前の『ビューサンセット』でお昼を食べ

『じんのびの湯』の温泉に入ってきました。

IMG_9187.jpg

『ビューサンセット』は何でも美味しいのですが、

『天ぷら丼』を注文したら小鉢が2つと具沢山のみそ汁が付いてきました♪

IMG_9186.jpg

ふと壁に目をやると写真のような張り紙が…、

割引はいくらなのか聞いたところ『200円』だと。

InkedIMG_9188-thumbnail2.jpg

もちろん、現金で支払いをして『割引券』をゲットしました。

IMG_9190.jpg

旦那も私もこの『じんのびの湯』の温泉が大好きなのです。

平日だったので入っている人も1〜2人でゆったりと入ることができ、

こっそりと露天風呂から見える絶景を撮ることもできました。

IMG_9191.jpg

美味しいお料理を頂いて、

温泉に浸かりながらきれいな景色を眺めていると

プチ贅沢〜(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年09月30日

福井県鯖江市平井町で気密測定


稜です。

写真 2022-09-02 8 34 53 (1).jpg

9月2日は福井県鯖江市平井町で
樺広地所さまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-09-02 8 46 25.jpg

写真 2022-09-02 8 36 19.jpg

中に上がります。
現場はパネル工法と
なっています。

写真 2022-09-02 8 36 30.jpg

屋根の断熱は、
ウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2022-09-02 8 35 45.jpg

サッシはYKK APW330。
樹脂ペアガラスです。

写真 2022-09-02 8 35 58.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りはコーキングで
気密処理してあります。

写真 2022-09-02 8 38 05.jpg

パネルの取り合いは、
丁寧にコーキングで
気密処理されています。

写真 2022-09-02 8 37 44.jpg

ホールダウン金物。
ウレタンで覆うように
処理してありますね。
気密だけでなく、
熱橋の対策としても大切です。

写真 2022-09-02 8 56 54.jpg

玄関ドア横の配線貫通部
とても丁寧にコーキングが
打ってありますね。

写真 2022-09-02 8 30 10.jpg

現場は基礎断熱です。
換気システムの基礎貫通部、
周りをウレタンで
気密処理してあります。

写真 2022-09-02 8 30 29.jpg

こちらはお風呂の配線貫通部。
管と管の隙間まで、
丁寧にコーキングを
詰めてありますね。

写真 2022-09-02 8 48 29.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-09-02 9 05 44.jpg

C値=0.18cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

写真 2022-09-02 9 04 35.jpg

C値改善作業(隙間埋め)
少しだけをします。
こちらは下屋部分。
梁より奥の方までウレタンを
吹き付けてある状態ですね。
しかし、このままでは
梁と合板の取り合いから
漏気してしまいます。

写真 2022-09-02 9 12 36.jpg

取り合いをコーキングで
気密処理しました。
下屋部分の気密ラインが
低めの場合は要注意です。
ウレタンだけでなく、
ボード状断熱材であっても、
気密シートでもあっても。

パッと見では判断が難しい
箇所ではあるんですが、
気密測定の際には
漏気の有無が分かるので
しっかりチェックしておきたいですね。

再度測定を始めます。
結果は...

写真 2022-09-02 9 28 22.jpg

C値=0.11cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
24cm2 → 14cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.36 → 1.03
となっています。

写真 2022-09-02 9 28 00.jpg

この結果に、
立ち合いされた監督さんは
満足されたご様子でした。

下屋部分の取り合いのみの
改善処理となりましたが、
改善前と比較して、
αA (家全体の隙間面積)が
10cm2 埋まっていますね。

素晴らしい気密。
完成状態の気密測定も
楽しみです。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年09月29日

梯川上流の道歩き、彼岸花、栗


20日ほど前に石川県小松市の梯川の道歩きを能美大橋までしましたが、歩いたことがないその上流の道歩きをしました。
スタートは能美大橋から上流の荒木田の橋を渡る周遊の道です。

IMG_4791.JPG


まず山に向かって右の川沿いの道からあるくと、なんと河原に真っ赤な彼岸花が咲いています。

IMG_4797.JPG


IMG_4800.JPG


どんどん堤防の道を歩くと一面の彼岸花街道でした。

IMG_4804.JPG


IMG_4806.JPG


上流の荒木田の橋を渡り橋の上からはよく登った遣水観音山が見えます。

IMG_4809.JPG

IMG_4810.JPG

IMG_4811.JPG


川沿いの広い道には何とたわわに実った栗の木の下を通りました。

IMG_4815.JPG

IMG_4813.JPG


もう栗の実が地面に沢山転がってます。

IMG_4814.JPG


川を渡り左の道を歩くと大きな神社前を通りました。

IMG_4816.JPG


梯川から分かれる鍋谷川の堤防の道にも見事な彼岸花の群生です。

IMG_4818.JPG

そしてもう一度梯川の橋を渡り、止めた車に戻り時計を見ると1時間50分余りのウーキングです。

梯川、鍋谷川の河原にこんなに見事な彼岸花が見れるとは感激です。

そして秋の味覚、たわわに実った栗に季節の秋を楽しみながらの歩きでした。





posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年09月28日

富山県南砺市専勝寺で気密測定


稜です。

写真 2022-09-14 12 19 10.jpg

9月15日は富山県南砺市専勝寺で
すぎはら建築工房さまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-09-14 12 22 21.jpg

写真 2022-09-14 12 22 54.jpg

中に上がります。

写真 2022-09-14 12 23 31.jpg

壁の断熱材はグラスウール。
外壁側にフェノバボードを
施工した付加断熱仕様です。
気密は外壁側で確保しているようです。

天井の断熱材は、
セルロースファイバーと
なっています。

写真 2022-09-14 12 21 59.jpg

サッシはYKK APW330。
樹脂ペアガラスです。

写真 2022-09-14 14 00 51.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
ウレタンやコーキングで
気密処理されています。

写真 2022-09-14 12 56 23.jpg

現場は基礎断熱ですので、
配管の貫通部や水抜きの穴の
気密処理が必要です。
丁寧にコーキングで
処理してありますね。

写真 2022-09-14 12 56 14.jpg

お風呂の給湯給水配管等の貫通部。
こちらもコーキングで
気密処理されています。
配管が束になると、
その間に隙間が出来やすいので
要注意なポイントですが、
それを思慮した丁寧な施工が
してありますね。

写真 2022-09-14 13 06 55.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-09-14 13 44 32.jpg

C値=0.23cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

写真 2022-09-14 13 43 48.jpg

C値改善作業(隙間埋め)
をします。
玄関下端のモルタルから
光が見えていますね。

写真 2022-09-14 13 47 13.jpg

ウレタンで気密処理をします。
隙間が出来やすく、
漏気量の多くなりやすい
要チェックポイントです。

写真 2022-09-14 13 47 40.jpg

こちらは勝手口。
同じように下端の隅から
漏気しているようです。

写真 2022-09-14 13 48 26.jpg

こちらもウレタンで
気密処理します。
中間時点での正しい数値を
測定するためにも、
キチンと埋める必要がありますね。

写真 2022-09-14 14 12 37.jpg

天井は上からテープを貼って
気密処理をしているそうですが、
二階の天井の隅から
少し漏気しているのを確認。

写真 2022-09-14 14 15 56.jpg

コーキングで取り合いを
気密処理します。
丁寧にテープが貼ってあっても、
どこか少しでも隙間があれば
色んな箇所から伝い漏れしてしまう
のが気密処理の怖いところですね。

写真 2022-09-14 13 53 39.jpg

こちらも隅っこ。
反対側は下屋部分となっていて、
天井に貼ってある気密シートは
こちらより低い位置。
ですので、こういった箇所は
漏気してしまいます。

写真 2022-09-14 13 56 47.jpg

画像だけでは伝わりにくい
かも知れませんが、
こんな感じで少し下がっています。
取り合いにウレタンを吹き付けて
気密処理をします。

下屋部分の取り合いって
結構厄介ですよね。
一見問題無さそうな箇所でも
意外と漏れていたりしますので、
気を付けたいですね。

それでは再度測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-09-14 14 24 18.jpg

C値=0.16cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
30cm2 → 21cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.53 → 1.26
となっています。

写真 2022-09-14 14 26 04.jpg

この結果に、
立ち合いされた社長は
納得されたご様子でした。

改善前の気密と比較して、
αA (家全体の隙間面積)が
9cm2 も良くなっていますね。

気密がとても良くて、
Ua値0.28のG2グレード。
耐震等級3で地震にも強い。
住みやすく、快適なお家になりますね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック