2021年06月23日

手取川天狗橋から川岸周遊、花、トンネル


10年ぶりに白山の手取川天狗橋から上流の橋を通り周遊して歩きました。

辰口町側の天狗橋からスタートです。

IMG_2692.JPG


この日はどんよりとした曇り空でした。

IMG_2693.JPG


もう廃道のようになった昔の道を歩くとトンネルです。

IMG_2695.JPG

IMG_2699.JPG


照明もない真っ暗なトンネルを抜けると眼下に手取川と鶴来町の街並みが見えます。

IMG_2700.JPG

IMG_2703.JPG

IMG_2697.JPG


道の山沿いにはガクアジサイが咲いていました。

IMG_2717.JPG


花の真ん中がつぶつぶに輝き、周りにきれいな花びらの花は梅雨の季節の花ですね。

IMG_2718.JPG


また道沿いには、たくさんの花が一面に咲いていました。

IMG_2696.JPG

IMG_2710.JPG

IMG_2734.JPG


杉の木立が天高くそびえる山

IMG_2706.JPG

IMG_2712.JPG


しばらく歩くと上流の橋が見えてきました。

IMG_2714.JPG


この橋のたもとの集落の山沿いに神社があり、手合わせてきました。

IMG_2719.JPG

IMG_2720.JPG


道沿いの木の枝に白い泡を見つけましたこれはモリアオガエルの卵をつつんだ泡です。

IMG_2722.JPG

木の下には用水の水がありました。

山奥の池の上の木の枝に見ることがありますが、このような里の集落でまず見ることはないので驚きました。まだまだ自然が残っていますね。

集落を過ぎると国道沿いの道の駅「しらやまさん」に着きました。

IMG_2723.JPG

IMG_2724.JPG


ここを折り返し国道の橋を渡り今度は川岸を歩きます。

IMG_2725.JPG

IMG_2727.JPG

IMG_2729.JPG

IMG_2732.JPG


河原の堤防には車の横にテントをはった人達が見えます。

IMG_2737.JPG


堤防の堤が黄色い花で染まっていました。

IMG_2738.JPG

IMG_2741.JPG


やがて出発した天狗橋が見てきました。

IMG_2744.JPG


天狗橋の上から、とうとうと白山から流れる手取川の眺め。この自然の風景が好きです。

IMG_2745.JPG
続きを読む
【日記の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年06月22日

キツネとドライブレコーダー


稜です。

ある日、車で移動している最中に
キツネっぽい?生き物に遭遇。
珍しいものでもないのかもしれないけれど、
野生のキツネを見たのは初めてだったので
ちょっと興奮。

実際にキツネだったのかを確かめたかったので
帰宅してからドライブレコーダーの映像を
確認してみたんですが、

003.jpg


...う〜ん、見えない。
なので一応拡大してみたけれど、

003A.jpg


...いや、ぜんぜんわからない。
画面中央部に写っているアリみたいな
黒いのがおそらくキツネ?です。
予想以上に写りが悪くてちょっとがっかり



ひとえにキツネといっても色々と種類がいるそうで。
気になったので少し調べてみると、
もっふもふな毛並みをしたキタキツネ。↓

mammal-3201425_1280.jpg


キタキツネと比べるとすらっとした印象のホンドギツネ。↓

kitsune-6043401_1280.jpg


どちらもアカギツネの亜種らしいのですが、
キタキツネは北海道に、ホンドギツネは本州を主に
分布していているみたいです。
他にもギンギツネだとかプラチナキツネなんて
いうのもいるらしいですね。


そんないろんな種類のキツネを見ることができる
『宮城蔵王キツネ村』というところが
宮城県にあるらしいですね。
なんとそこでは見るだけでなく、
ふれあうこともできちゃうらしいんです!
キツネといえばエキノコックスが怖いですが、
しっかりと検査や対策を行っているようで
安心してキツネとふれあうことができるとか。


とても癒されそうなので、
いつかは行ってみたいものです。
もし行くならそのときは、もふもふな毛をした秋か冬に。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年06月21日

石川県野々市市藤平田で気密測定(完成)


おはようございます
健太郎です。

IMG_0138.jpg

5月27日は 石川県野々市市藤平田で
潟Zブンワークスさまの現場の
気密測定(完成)を行いました。

IMG_0178.jpg

玄関に入ると漆喰が塗られた
壁にかわいいニッチが
施工されていました。

IMG_0176.jpg

七山社長の話ではニッチに貼られた
タイルがインスタで人気があるそうです。

IMG_0126.jpg

IMG_0128.jpg

リビングは温かみのある
暖色のトーン。

IMG_0156.jpg

天井高 & 梁見せの設計です。

IMG_0166.jpg

アーチ型の開口に
操作パネルを集約したニッチ。

IMG_0169.jpg

ざらっとした塗り壁の
質感が良かったです。

IMG_0129.jpg

リビングに隣接する
洋和室からイ草のいい香りがします。

IMG_0130.jpg

壁付けテレビの背面は
ヒノキが貼られていました。

IMG_0173.jpg

シーリングファンを見上げ
2階に上がると...

IMG_0145.jpg
IMG_0146.jpg

素敵なこども部屋。
腰壁に貼られた無垢材から
木の香りがしました。

IMG_0171.jpg

七山社長から聞いた話では
1階の塗り壁はプロに。
2階の塗り壁はお施主さま
夫婦で塗られたようです。
プロ顔負けの仕上がりでした。

IMG_0155.jpg

測定前に気密点検口の
バンドをぎゅっと締めて
測定に臨みます。

IMG_0134.jpg


さて、気になる完成気密の
結果はいかに...。


IMG_0157.jpg


C値 = 0.10cm2/m2 の超高気密でした。

IMG_0160.jpg

測定に立ち合いされた七山社長は
ほっとされた様子。

完成気密 0.10cm2/m2 は
一昔前ならあり得ない気密スペック。

IMG_0128.jpg

北陸の冬の寒さに負けない
暖かい家になりましたね(^^♪


続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年06月20日

野菜の買い出し 妻のつぶやき


今年も『ごんでん』の野菜の買い出しが始まりました。

IMG_6824.jpg

『ごんでん』は富山との県境にある山に囲まれた所ですが、

それでも金沢駅から車で15〜20分で行くことができますが、

私の家からだと50分はかかります。

IMG_6823.jpg

雪が多いせいか、まだまだ野菜の種類も少なかったのですが、

菜っ葉類と山菜の『かたは』が用意されていました。

IMG_6714.jpg

そして、きれいなお花もあって感激です。

この『かすみ草』だけでもここまで来る価値があります。

IMG_6713.jpg

少ない、少ないとは言いつつ、

こんなに買ってしまいました。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年06月19日

たまごかけごはん 妻のつぶやき


旦那の「どっか行こう、どっか行こう」に負けて、

富山県の小矢部まで『たまごかけごはん』を食べに行ってきました。

IMG_6766.jpg

テレビでこだわりの『たまごかけごはん』を見て以来、

食べたい食べたい…と思って近くにお店がないかネットで調べたところ

小矢部の『おやたま食堂』を見つけました。

IMG_6769.jpg

『おやたま食堂』は火曜日が定休日で11時〜15時までの営業です。

私たちは11時の開店時間ちょうどに着きました。

待っている人は2〜3人で、検温をし消毒をしてから食券を買います。

IMG_6775.jpg

食券をスタッフに渡すときに卵の種類を選びます。

卵は3種類あるのですが、

全然わからないので適当に『くりからハーブ』『日本海食べてご卵』を、

お醤油もそれぞれ選びます。

IMG_6772.jpg

ここは『たまごかけごはん』のお店なのに

隣の親子はカレーライスに牛丼、ラーメンを食べていました。

勿論それぞれに半熟卵がのっていますが…。

シンプルに『たまごかけごはん』だけ頼む人はいないみたいです。

IMG_6773.jpg

さて、待望の『たまごかけごはん』は、

昔、母の実家が鶏を飼っていたのですが、

産みたての卵を『たまごかけごはん』にして食べた味を思い出しました。

IMG_6776.jpg

食べ終わり外に出ると、お客さんがいっぱい並んでいました。

人気店だったのですね。

IMG_6767.jpg

卵と醤油は横の自販機でも買うことができ、

家で『たまごかけごはん』を食べることができます。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年06月18日

福井県坂井市三国町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0037.jpg

5月26日は 福井県坂井市三国町で
拠嶋工務店さまの現場の気密測定
を行いました。

IMG_0040.jpg
IMG_0038.jpg

現場は南面のサッシから
日差しが差し込む明るい室内。

IMG_0039.jpg

大きな吹き抜けがある設計です。
ここは 拠島工務店さまの
モデルハウスになります。

IMG_0043.jpg
IMG_0041.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
硬質ウレタンになります。

IMG_0063.jpg

サッシはリクシルのサーモスX。
アルミ複合トリプルガラス。

IMG_0064.jpg

サッシ周りはコーキングにより
気密処理されていました。

IMG_0072.jpg

玄関ドアがリクシルの
片引き戸のエルムーブ。

気密漏れが少ない引き戸で
ありますように...。

IMG_0046.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0047.jpg


C値 = 0.29cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_0048.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

ユニットバス下の人通口上端から
微細な漏気あり。これはよくあるので
注意してください。
ウレタンで埋めて気密処理。

IMG_0049.jpg

気密処理した後、配管を動かしてしまい
隙間が出来てしまったパターン。
隙間にウレタンを注入しました。

IMG_0052.jpg

ここは床断熱の現場(床下が外扱い)。
柱の背割り部分から漏気あり。
ウレタンを入れました。

IMG_0053.jpg
IMG_0044.jpg

大工さんがホールダウン金物まわりと
筋交い周りにコーキングを入れ
ヘラで押さえて気密処理。

IMG_0055.jpg

梁と間柱の取り合いに
コーキングを入れられています。
分かられています。流石です♪

IMG_0054.jpg

梁のジョイント部にも
コーキング。

IMG_0058.jpg

部屋の入り隅は
ウレタンで気密処理。

IMG_0066.jpg

壁と天井の取り合い部分に
ウレタンを入れて気密処理。

ウレタン吹付後(業者)、
ここに隙間が出来ている場合は
気密処理しておきたいところです。

IMG_0077.jpg
IMG_0074.jpg

電気配線がまとめ配管になっており
そこから漏気がありました。
配線の隙間にたっぷりウレタンを
充填しました。

さて、C値改善(隙間埋め)後の
測定結果はいかに...。

IMG_0073.jpg


C値 = 0.24cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_0079.jpg

気密処理を頑張られた中嶋社長は
ほっとされた様子で結果を
撮影されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
48cm2 → 39cm2 と
9cm2 の隙間が埋まりました

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.53 → 1.30と大きく改善。

IMG_0072.jpg

構造上、仕方がありませんが
玄関引き戸からそこそこ
気密漏れがありました。

IMG_0038.jpg

実はこの現場、大引き間断熱ではなく
根太間断熱です。(床の断熱の工法)

根太ありは気密が取りにくく
0.24cm2/m2は かなり立派な数値。
完成気密が楽しみです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年06月17日

石川県金沢市三小牛町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9585.jpg

5月14日は 石川県金沢市三小牛町で
ハンズスタイル鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_9586.jpg

玄関ドアはYKKの
コンコード(片引き戸)です。
気密漏れしないでね
頼みますよ〜。

IMG_9587.jpg

階段は私の好きな
アイアンの階段。

ハンズスタイルさまの階段は
幅広で蹴上が低く設定
されているので上りやすい。

IMG_9588.jpg

階段を上がると
明るい2階リビング。

IMG_9617.jpg

大開口サッシはYKKの
APW431。(大型スライディング)

サッシ周りは気密テープで
気密処理されていました。

IMG_9593.jpg

スライディングから外に出ると
大きなバルコニー。

ハンズスタイルさまでは
大きなバルコニーの採用率が高いです。

IMG_9592.jpg

そこからの眺めがこれ。
奥に見える町並みはどこだろう。角間...?
この眺望に合わせ設計されたと思われます。 

IMG_9611.jpg

断熱材は天井がサーモウール(羊毛)。
壁の断熱材はパワーマックス。

その断熱材をタイベックスマート
(調湿機能付き気密シート)に充填。

IMG_9613.jpg

換気システムはジェイベックの
グリーンファン(セントラル第3種換気)。
メンテナンスし易くするため
壁付けされていました。

IMG_9614.jpg

そういえば このグリーンファン
最近、少し改良がありました。
本体カバー表面に清掃手順のシールが
貼られました。

形状が変わって見えたので
メーカーに問い合わせしましたが
シール追加のみの改良でした。

IMG_9608.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_9605.jpg


C値 = 0.35cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_9594.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

玄関ドアの両端から漏気がありました。
ウレタンを充填して気密処理。

IMG_9597.jpg

外側に出て再度、玄関ドアの
両端を攻めます。
内外両方で気密処理すると安心ですね。

IMG_9610.jpg

玄関土間周りの基礎と土台の
取り合い部分をウレタンで気密処理。

IMG_9623.jpg

排水配管周りの気密処理を
ウレタンで強化。

IMG_9601.jpg

監督さんが気密処理しているのは
ポスト口です。

ポスト口から漏気というよりも
そこから壁の中に空気を
侵入させないことが大切です。

IMG_9602.jpg

外付けポストが少し増えてきていますが
取りに行くのが少しダルイ。
そんなポスト口を念入りに
気密処理をされていました。

さて、C値改善後の
測定結果はいかに...。

IMG_9607.jpg


C値 = 0.28cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_9606.jpg

測定結果に廣澤代表は ほっとされて
結果を撮影されていました。

余談ですが、廣澤代表はかなりウエイトを絞り
スマートで素敵になられていました。

さて、今回のC値改善後により
αA(家全体の隙間面積)が
45cm2 → 36cm2 と
9cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.46 → 1.37 と改善。

IMG_9586.jpg

玄関ドアが引き戸タイプだと
構造上、漏気があるのは仕方ないです。
それで 0.28cm2/m2 は立派な数値。

IMG_9592.jpg

それにしてもバルコニーから
見える景色は最高でした。
完成気密が楽しみです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年06月16日

手取川、美川大橋からウオーキング、水、花、海


このところ、長距離の歩きにはまっています。

白山を源流とする手取川の河口と海の美川大橋から自宅まで(約8km)歩きました。

IMG_2618.JPG

IMG_2620.JPG

IMG_2617.JPG


この日は薄曇りでしたが、橋の上からかすかに白山が見えました。

IMG_2621.JPG


川べりには釣り舟がいっぱいです。

IMG_2625.JPG


海側には北陸高速道路の橋

IMG_2628.JPG


漁港の入江には漁船が停泊しています。

IMG_2633.JPG


道路わきには紫陽花とビロードソウの花が咲いていました。

IMG_2629.JPG

IMG_2630.JPG


しばらく歩くと白山の伏流水の湧水がこんこんと湧いている名水のやすまる公園があります。

IMG_2637.JPG

IMG_2634.JPG

IMG_2635.JPG


白山の手取川から地下を通ってきている水です。

IMG_2642.JPG

IMG_2643.JPG


民家の畑には大きな鷲の鳥のような形のタコが畑を守って風に舞っていました。

IMG_2641.JPG


田んぼのあぜ道からは雪が少なくなった白山が見えます。

IMG_2648.JPG


ネギ畑の道を歩くと用水の土手には濃いピンクの花盛りです。

IMG_2645.JPG

IMG_2647.JPG

IMG_2650.JPG

IMG_2651.JPG

IMG_2653.JPG


柵の上に沢山のカラスがとまっていました。近づいても逃げません。

IMG_2644.JPG


もうかなり歩き喉が渇いたので、別の白山伏流水の蓮池の水で一服、のどを潤しました。

IMG_2655.JPG

IMG_2654.JPG

IMG_2656.JPG

IMG_2658.JPG


今度は高速道路の美川インターの前を通り、工業団地を歩きます。

IMG_2659.JPG

IMG_2660.JPG


そして高速道路をくぐると、日本海の海です。

IMG_2662.JPG

IMG_2663.JPG


この日は風も弱く、波もない湖のような海でした。

IMG_2669.JPG

IMG_2673.JPG


海岸にはたくさん釣り人が糸を垂れていました。

IMG_2667.JPG

IMG_2668.JPG

IMG_2671.JPG

IMG_2675.JPG

IMG_2689.JPG


海の遊歩道には可憐な花が咲いています。

IMG_2676.JPG

IMG_2679.JPG

IMG_2681.JPG

IMG_2687.JPG

IMG_2683.JPG

湧水、花、海の2時間30分余りの歩きを楽しんできました。
続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年06月15日

福井県坂井市春江町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9937.jpg

5月24日は、福井県坂井市春江町で
山崎建設鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_9939.jpg
IMG_9941.jpg

清掃が行き届いた
明るい室内。

IMG_9957.jpg

南面に大きな吹き抜けがある設計。
開放的な大空間でした。

IMG_9951.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_9952.jpg

サッシ周りは気密テープにより
気密処理されていました。

IMG_9946.jpg

断熱材は壁がグラスウール。

IMG_9947.jpg

天井がセルロースファイバー。
それぞれ気密シート内に
断熱材を充填。

IMG_9958.jpg

ほんときれいに気密シートが
貼られています。

見上げるとブローイングされた
セルロースファイバーが
しっかり見えました。

IMG_9963.jpg

よく見るとシートを留める
タッカーの数が凄い。

気密シート貼りで気になるのは
天井の施工。
強い内圧にも負けないシート施工です。

IMG_9950.jpg

梁と2階の床の取り合い部分は
気密テープにより気密処理。

ウイークポイントを
わかっておられます。

IMG_9959.jpg

それでは測定器で減圧して
チェックしていきます。

ここは基礎断熱(床下が室内扱い)
の現場。
基礎の水抜きの穴を
ウレタンで埋めました。

IMG_9964.jpg

壁と筋交いの取り合い部分は
気密テープで気密処理。
そこにウレタンを吹いた
ダブルの気密処理。

IMG_9962.jpg

おっと...
火打ち下端の気密テープの
貼り忘れ。

IMG_9965.jpg

気密コンセントボックスは
テープでガチガチに施工し...

IMG_9966.jpg

電線周りにはウレタンを注入。
抜かりなしです。

IMG_9945.jpg
IMG_9941.jpg

あとはテープの浮きを
徹底して潰しました。

IMG_9948.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_9969.jpg


C値 = 0.20cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_9968.jpg

立ち合いされた監督さんは
ほっとした様子で詳細結果を
確認されていました。

天井・壁ともに
気密シート貼りの仕様で
0.2フラットはかなりレベルの高い気密です。

IMG_9957.jpg

ぜひ次の物件も
測らせてください(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年06月14日

石川県能美市和光台で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9801.jpg

5月20日は 石川県能美市和光台で
活タ藤建築事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

緑がきれいな
避暑地のようなところでした。

IMG_9803.jpg
IMG_9802.jpg

室内は南面に配置された大開口サッシから
新緑を眺められる設計。

IMG_9817.jpg

それではチェックしていきます。

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

サッシ周りはユラソール(高性能気密テープ)
により気密処理されていました。

IMG_9805.jpg

断熱材は旭ファイバーグラスの
高性能グラスウール アクリアα36kg 。

IMG_9814.jpg

そのグラスウールをタイベックスマート
(気密シート)内に充填し
ユラソールで気密処理。

IMG_9806.jpg

玄関まわりの基礎と土台、
スタイロフォームの取り合いを
ユラソールで気密処理。

IMG_9810.jpg
IMG_9811.jpg

ユニットバス周りも
ユラソールで気密処理。

IMG_9809.jpg

床の剛床のジョイント部
柱の立ち上がりもユラソール。

IMG_9819.jpg

2階の床と梁の取り合い部分
もユラソール。
圧巻の気密処理です。

断熱材の充填、気密シート貼り、
気密処理と3週間かかるのがわかります。

IMG_9826.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_9828.jpg


C値 = 0.066cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_9834.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

この現場のC値改善は主に
気密テープの浮きを押さえること。
気密テープの貼り忘れがないか
確認することの2点です。

お施主さまも含め総勢6人で
チェック開始。

IMG_9836.jpg

タッカーの針の上から
貼った気密テープの浮きも押さえます。

IMG_9837.jpg

1か所だけ、タッカーの針の上に
テープが貼ってないところを発見。

IMG_9829.jpg

かれこれ1時間半くらい
がんばったでしょうか...。
目立った漏れはなく、気密テープを
ひたすら押さえ圧着しました。

さて、C値改善後の
測定結果はいかに...。

IMG_9840.jpg


C値 = 0.058cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_9838.jpg

C値改善に参加されたお施主様は
とても喜び詳細結果を確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
8cm2 → 7cm2と
1cm2 の隙間が埋まりました。

IMG_9814.jpg

高いレベルからのC値改善は
報われることが少ない(改善しない)のが現実。
1cm2 の改善は大きいです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック
プロデュース