2021年09月26日

加賀藩主の墓 妻のつぶやき


彼岸の墓参りにいったとき、

散歩がてら『前田利家公』のお墓を見てきました。

IMG_7449.jpg

お墓は野田山にあって一般の方と同じところですが、

上の方の高いところに作られています。

IMG_7462.jpg

見学の人のために大きな駐車場も用意されていて、

そこからは金沢の街が一望できるようになっています。

IMG_7452.jpg

広大な敷地に前田家の方々のお墓がたくさんあって、

しかも同じ形のため案内板を何回も確認しないと誰のお墓かわかりません。

IMG_7451.jpg

これが利家公のお墓です。

IMG_7456.jpg

古墳のように丸く山のようになっています。

IMG_7459.jpg

奥方の『おまつの方』は利家公の隣に葬られていました。

IMG_7457.jpg

この前田家の墓地の管理は金沢市がしていると思っていたのですが

『成巽閣』が担っているそうですが、

あの奥方の住まいの成巽閣???

続きを読む
【日記の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年09月25日

スーパーセール 妻のつぶやき


先日『楽天スーパーセール』がありました。

IMG_7378.jpg

1,000円以上の物を1つ買うとポイントが1倍、

2つ買うと2倍…というように上がっていき最高は10倍です。

そして、最後のポイントの倍率が買った商品全部の倍率になるので

毎回10品目になるよう皆に協力してもらっています。

IMG_7392.jpg

私はもちろんこの『楽天スーパーセール』に嵌まっています。

でも衝動買いはこの服2枚くらいで、

後は先日壊れたホームベーカリーやシーツ等々必要な物ばかり買いました。

IMG_7375.jpg

IMG_7393.jpg

化粧水と乳液もこの機会にまとめ買いをします。

IMG_7379.jpg

旦那の好きな『食べる小魚』も買いました。

IMG_7376.jpg

さてさて、肝心のポイントは??

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年09月24日

石川県白山市日向で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2577.jpg

8月19日は 石川県白山市日向で
Hamamoto建築研究室さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_2582.jpg

IMG_2591.jpg

筋交いや耐力壁が
ガッチリ入っており
耐震性抜かりなしの模様。

IMG_2607.jpg

壁の断熱材はネオマフォーム。
厚みは100mm(50+50)に
付加断熱で外貼り45mmプラス。
気密テープで気密処理。

IMG_2604.jpg

天井の断熱材はネオマゼウス。
厚みは130mm(65+65)に
付加断熱でグラスウール105mmプラス。
コーキングにより気密処理。

IMG_2628.jpg

床の断熱材はネオマフォーム。
厚みは105mm(60+45)。
外皮UA値は なんと 0.22の
G3グレードを誇ります。

IMG_2601.jpg

それではチェックしていきます。
サッシはエクセルシャノンの
樹脂トリプルガラス。

IMG_2593.jpg

サッシ周りはコーキングと
気密テープによる気密処理。

IMG_2584.jpg

玄関土間まわりは
極太コーキングで気密処理。

IMG_2598.jpg

基礎と土台の取り合い、
スタイロフォーム周りは
コーキングがしっかり
入っていました。

IMG_2627.jpg

梁と2階の床の取り合いは
コーキングで気密処理。

IMG_2624.jpg
IMG_2621.jpg

壁と床の取り合い、
柱周りはコーキングにより
気密処理。

ちなみに 床の気密は
大引き間の断熱ラインで
取ってあります。

IMG_2579.jpg

実はこの現場、
Hamamoto建築研究室さまでは
はじめての気密測定。

通常、はじめての測定だったら
写真の154パイの
整流筒(ラッパ部分)で
測定するのですが...

IMG_2620.jpg

気密処理を見た感じ
良い気密が出ると判断。
超高気密専用の100パイの
整流筒に切り替えました。

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_2594.jpg


C値 = 0.11cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2597.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

玄関ドアの電子ロック錠の
配線周りをコーキングで気密処理。

IMG_2600.jpg

これは吸音材付の排水配管。
クッション性がある配管のため
コーキングがうまく充填しにくい。

IMG_2599.jpg

コーキング切れがある
ところにしっかり充填しました。

IMG_2595.jpg

ここはユニットバス下の
排水配管周り。

配管周りは死角になる
ところが気密処理しにくいです。
測定器で減圧すると漏気しているか?
瞬時にわかるのがいいところ。(漏気しているところから空気が出てくる)

IMG_2587.jpg

ここは下屋根と梁との
取り合い部分。
この1本のみ気密処理が
忘れられていました。

IMG_2589.jpg

コーキングの返しも
しっかり入れました。

IMG_2613.jpg

最後は柱のホゾ穴部分。
ここを気密処理しないと
伝え漏れする可能性が
あるので注意しましょう。

さてさて、気になる
C値改善後の結果は...。

IMG_2619.jpg


C値 = 0.087cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2615.jpg

気密処理を頑張ったM本代表と
大工さんはとても喜ばれていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
17cm2 → 13cm2と
4cm2の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.31 → 1.18 と隙間風が入りにくい
特性に大幅改善。

はじめての気密測定で
0.1cm2/m2を切るのはすごいこと。

「いつもこのレベルの気密処理を
 されているのですか?」と聞いたところ

『今回は気合を入れてやりました。
 実は福田さんの気密チェック写真集や
 ブログを参考にさせてもらいました。』と
 M本代表。

IMG_2587.jpg

C値 = 0.087cm2/m2 で
UA値が 0.22。

両方、やり過ぎのスペックですが
お施主さまはとても喜ばれたと思います(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年09月23日

富山県富山市八尾町で気密測定(完成)


稜です。

写真 2021-09-14 12 42 15.jpg

9月14日は富山県富山市八尾町で
伊田直樹建築設計事務所さまの現場の
気密測定(完成)を行いました。

こちら二世帯住宅で、
とても大きなお家となっています。

写真 2021-09-14 12 00 07.jpg

中に上がりますと、
黒がベースのシックなシューズクローク。
シュッといた感じがカッコいいですし、
たくさん収納が出来そうですね。

写真 2021-09-14 12 16 08.jpg

写真 2021-09-14 12 23 13.jpg

LDKは広々としていて、
つい見とれてしまうような
かっこいい空間となっていました。
壁付けテレビやサッシの配置など、
空間デザインが本当にオシャレです。

写真 2021-09-14 12 33 39.jpg

少し廊下を歩くと和室がありました。
白と木の柔らかい色でまとまっていて、
心の安らぐ一室となっていますね。
アーチ型のデザインに趣を感じます。

写真 2021-09-14 11 45 33.jpg

写真 2021-09-14 11 57 13.jpg

その隣には先程とはまた別の、
これまたステキなLDK。
板張りになっている天井が、
とてもオシャレな空間を
作り出しています。

写真 2021-09-14 11 30 59.jpg

勝手口の土間を見てみると、
お施主さまのお子さんの足型が。
ご家族の思い出が家の中に
形として残るのは素敵ですね。

写真 2021-09-14 11 26 51.jpg

換気システムは第三種換気の
ルフロ400となっています。

写真 2021-09-14 11 59 04.jpg

気密測定をする前にルフロ400の
流量調整(排気する量の調整)を
していきます。
流量を調整することで、
家全体にバランス良く空気を循環させて
計画的な換気ができるようになります。

写真 2021-09-14 12 05 31.jpg

LDKなど大きい空間の場合は
その分排気する量を多めに設定
する必要があります。
結果的に、とてもバランス良く
調整することができました。

写真 2021-09-14 10 11 27.jpg

それでは気密測定をはじめます。
気になる結果は...

写真 2021-09-13 10 14 32.jpg

C値=0.49cm2/m2の高気密でした。
表示は四捨五入により0.5cm2/m2。

写真 2021-09-14 11 00 38.jpg

この結果に、立ち合いされた
お施主さまと伊田社長は
満足されたご様子でした。

暮らしやすさや換気の事などが
しっかりと考えられていて、
デザインもとても魅力的。
こんな素敵なお家に住まわれる
お施主さまが羨ましいです。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年09月22日

石川県金沢市松村で気密測定(完成)


おはようございます
健太郎です。

IMG_2088.jpg

8月2日は 石川県金沢市松村で
ハンズスタイル鰍ウまの現場の
気密測定(完成)を行いました。

IMG_2089.jpg

シャッターは
文化シャッターですかね。
フラットなデザインがカッコいい。

IMG_2092.jpg

玄関へのアプローチは
コンクリート打ちっぱなし。
足元にはタイルが敷かれていました。

IMG_2091.jpg

玄関に入るとアイアンの
階段が目にとまりました。

玄関土間はアプローチと
同じタイル張り。
繋がりですね。

IMG_2098.jpg
IMG_2099.jpg

1階のダイニングと和室。
和室に入るとイ草の
いい香り。

IMG_2101.jpg

階段途中にあった
素敵なニッチ。

IMG_2102.jpg

その先には大きな
埋め込み型のガラスケース。
正面はガラス張りです。

モノの出し入れは
お店のように裏からできる
ようです。凝っています。

IMG_2103.jpg

そして...
ハンズスタイルさまと言えば
やっぱり、2階リビング。

IMG_2104.jpg

ちょうど内見会中だったので
ディスプレイされていました。
雰囲気はとても爽やか。

IMG_2108.jpg

リビングコーナーはゆったり
した設計。

IMG_2123.jpg

オシャレな作り付けの
テレビ台はモールテックス。

ハードディスクレコーダーや
DVDプレイヤーなどの
置き場所はどこ?

IMG_2124.jpg

テレビの裏側に
大きな収納棚が...。

ここなら電波式のリモコンは
通じるので安心。
それにしても超大容量でした。

IMG_2110.jpg

リビング側からの眺め。
ガラスの向こう側に見えるのは
大きなウッドデッキ。

IMG_2113.jpg
IMG_2117.jpg

めちゃ広いです。
コントロールの良い方は
キャッチボールが出来ます。

連続する梁が
これまたカッコいい。

IMG_2114.jpg

道路側には
板張りの屋根があり

IMG_2116.jpg

外ですが大きなサッシが
配置されていました。

IMG_2119.jpg

室内に戻るとそばに
作り付けのテーブル。
至れり尽くせりです。

IMG_2128.jpg

さて、脱線しましたが
測定しますよ〜。

三脚もなく変な風に
設置してありますが。

気になる完成気密の
結果はいかに...。

IMG_2129.jpg


C値 = 0.33cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_2131.jpg

測定に立ち合いされた
監督さんは ほっと一安心。

大きな掃き出し窓が
3枚以上あって
この完成気密は立派です。

IMG_2103.jpg

素敵な2階リビングに
広々したバルコニー。
THE HANDS STYLE と
言えるような物件でした(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年09月21日

福井県敦賀市道口で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2395.jpg

8月11日は福井県敦賀市道口で
去ト田建築店さまの現場の
気密測定を行いました。

かなり大きな平屋の現場です。

IMG_2414.jpg

縁側がとっても長い。

IMG_2396.jpg

IMG_2398.jpg

ここは屋根断熱&基礎断熱(床下が室内扱い)の現場。
実質延べ床面積(気密測定で使う延床面積)は
約300m2くらい。
めちゃくちゃ大きい物件です。

IMG_2405.jpg

リビングは勾配天井の仕様。
大空間で解放感が抜群です。

IMG_2401.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_2402.jpg

サッシ周りは気密テープと
コーキングにより気密処理。

IMG_2400.jpg

リビングの大開口サッシは
高さ2600ミリのAPW511。

IMG_2415.jpg

その窓からは緑豊かな
山並みが臨めました。

IMG_2406.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

IMG_2407.jpg

ユニットバスの下は
硬質ウレタンが吹かれていました。

IMG_2403.jpg

冒頭で言いましたが
ここは基礎断熱の現場。

柱の周りや床のジョイント部を
コーキングやテープで気密処理。

通常、床断熱(床下が外扱い)の場合は
床の隙間が漏気に直結するので
気密処理は当たり前。

IMG_2404.jpg

基礎断熱は床下が室内であるため
床の気密処理はめずらしい。

これは柴田社長のこだわり。
換気システムが床下設置の
マーベックスの澄家DC。

IMG_7524.jpg

床の仕上げで給気のガラリを
設置するのだが
先ほどのように床の隙間を
埋めること(気密処理する)で

換気計画の通りにガラリから
新鮮な空気が上がりやすい。
素敵な考え方です。

IMG_2410.jpg


それでは気になる
気密測定の結果は...。


IMG_2416.jpg


C値 = 0.18cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_2417.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。
漏気の可能性の高い
玄関周りをチェック。

う〜〜ん。
リクシルの片引き戸から
そこそこ漏れてます。

IMG_2418.jpg

玄関ドア下端の基礎と土台の
取り合い部分から漏気あり。
コーキングを入れました。

IMG_2420.jpg
IMG_2422.jpg

施工箇所はCD管周り。
「もしかしたら電気屋さんが
 気密処理していないかも」と
いう不安を払拭するために
コーキングをたっぷり充填。

IMG_2411.jpg

基礎にあるマーベックスの
給排気口はちゃんと
目貼りされているし...。

IMG_2431.jpg

おおっと!!
基礎の砕石の水抜き穴が
開きっぱなしでした。

IMG_2432.jpg

コーキングをたっぷり充填。

さて、C値改善後の
測定結果はいかに...。

IMG_2435.jpg


C値 = 0.15cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_2429.jpg

「玄関の片引き戸からどのくらい
 漏気しているか知りたい。」と
柴田社長が言いました。

私も知りたいです。
参考値になりますが玄関を
目貼りして測定することに。
その結果は...。


IMG_2434.jpg

参考値ですが...

C値 = 0.13cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2436.jpg

C値改善を頑張られた
柴田社長は...

「正直くやしい。玄関戸の目貼りなしで
 0.1cm2/m2以下にしたかった」と
言われてました。

IMG_2405.jpg

写真を撮り忘れましたが
屋根裏に登り、ウレタンからの漏気を
チェックしたり
床をまくりまくってチェックしたりと
思いつくところを全てしたのですが...。

完成の気密測定で
リベンジしたいです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年09月20日

福井県福井市グリーンハイツで気密測定


稜です。

写真 2021-09-03 8 55 44.jpg

9月3日は福井県福井市グリーンハイツで
樺広地所さまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2021-09-03 8 54 11.jpg

写真 2021-09-03 8 56 09.jpg

並んだサッシから差す光で
明るい室内となっています。

写真 2021-09-03 9 00 06.jpg

この現場はプレウォール工法と
なっています。

写真 2021-09-03 8 58 43.jpg

天井はネオマフォームに
ウレタンを吹き付けた付加断熱仕様。

写真 2021-09-03 9 17 39.jpg

このグラスウールを階間に入れることで
足音などを吸音してくれます。

写真 2021-09-03 8 56 55.jpg

サッシはYKK APW330。
樹脂サッシのペアガラスです。

写真 2021-09-03 8 58 00.jpg

チェックをしていきます。
サッシまわりには綺麗に
コーキングが入っています。

写真 2021-09-03 9 37 43.jpg

写真 2021-09-03 9 41 31.jpg

柱まわり等にもこれまた綺麗に
コーキングが入っています。
こういった丁寧な施工が
良い気密に繋がっているんですよね。

写真 2021-09-03 8 48 25.jpg

ユニットバスの配管のまわりも
ピッチリとコーキングが
打ちこまれています。

それでは測定に移ります。
気になる結果は...

写真 2021-09-03 9 10 24.jpg

C値=0.12cm2/m2の超高気密でした。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

写真 2021-09-03 9 31 28.jpg

既にとても良い気密なのですが、
いくつかある引き違いサッシからの
漏気が気になりましたので、
閉め直してパッキンの当たりを
調整して再度測定してみます。

その結果...

写真 2021-09-03 9 29 06.jpg

C値=0.11cm2/m2の超高気密でした。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
16cm2 → 14cm2
n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.20 → 1.14
と改善されました。

写真 2021-09-03 9 28 56.jpg

αA (家全体の隙間面積)
2cmも良くなったという結果に、
監督さんも驚かれていました。

サッシを閉め直したことで
パッキンの当たりが良くなり、
空いていた隙間が小さくなって
その分漏気が減ったんですね。

それでも完全に漏気が無くなった
というわけではありませんので、
やはり引き違いサッシが
気密に与える影響は
大きいということなんでしょう。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年09月19日

転びました 妻のつぶやき


先日スーパーの駐車場で『車止め』に足を引っかけて転びました。

IMG_7286.jpg

思いきり倒れたのを2人の方に見られ心配されましたが、

恥ずかしかったので「大丈夫です」と言って逃げるように帰ってきました。

IMG_7297.jpg

でも、本当は全然大丈夫じゃなくて、

打撲と擦り傷でこんな状態になってしまいました。

IMG_7285.jpg

足も痛いし…。

IMG_7288.jpg

次の日になっても触ると痛いので

薬局で『キズパワーパッド』と『ドルマイシン軟膏』を買ってきました。

これでよくなるでしょう。

IMG_7290.jpg

ところで転んだ原因なんですが『歩きスマホ』だったのです。

メールをしながら歩いていて転びました。

IMG_7283.jpg

みんなから「これだけですんで良かったのよ!」と、

ホント、骨折していなくて良かったです。

気を付けます…。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年09月18日

ホームベーカリー 妻のつぶやき


2日続けてパンがこんな状態で焼きあがりました。

IMG_7189.jpg

朝起きてパンがこんな状態だったらめっちゃ焦ります。

IMG_7190.jpg

どうやらホームベーカリーが壊れていて、

材料をかき混ぜることができないようです。

IMG_7194.jpg

そこで捏ねるのを手動にしました。

ネットで作り方を調べ、

1次発酵は常温の状態で1時間くらい置いて、

2次発酵はホームベーカリーに入れました。

IMG_7197.jpg

ちゃんと発酵してくれたようなので、

その状態のままホームベーカリーで焼きました。

ちょっと膨らみの足りない硬めのパンが出来上がりました。

IMG_7204.jpg

姉に聞いたところ、1次発酵の時私は水を入れたのですが

40度くらいのお湯にし、

その中にイースト菌を入れて発酵を促すといいそうです。

2回の発酵に2時間、そして捏ねる工程などなど…、

やっぱりホームベーカリー買おうかな。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年09月17日

岐阜県岐阜市西中島で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2344.jpg

8月6日は 岐阜県岐阜市西中島で
鞄n辺建設 プラスホームさまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_2346.jpg

現場は南側の大型サッシから
朝日が差し込んでいました。

IMG_2347.jpg

筋違いが多く
耐震性能にも
注力されている模様。

IMG_2349.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_2350.jpg

サッシ周りはコーキングと
ウレタンにより気密処理されていました。

IMG_2356.jpg
IMG_2348.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
硬質ウレタン。

IMG_2362.jpg

さて今回は測定前に
窓周りの気密処理を行います。

IMG_2351.jpg

このように窓周りの
木材のジョイント部に
気密テープを貼りました。

IMG_2363.jpg

窓の数だけあるので
通常時間がかかりますが
6人で施工したため
30分くらいで終わりました。

IMG_2368.jpg
IMG_2369.jpg

その後、柱と床の取り合い
部分にウレタンを注入。
毎度、おなじみの気密処理です。

IMG_2367.jpg

梁まわりの隙間が
気になったため予防で
ウレタンを入れました。

IMG_2354.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2371.jpg


C値 = 0.14cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2373.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
始めます。

玄関ドア周りはウレタンと
コーキングで気密処理されていましたが
その上から気密テープを追加。

IMG_2365.jpg

間柱のジョイント部分に
気密テープを貼りました。

IMG_2384.jpg
IMG_2385.jpg

家の入隅は漏気しやすいため
1階、2階とも気密テープで
押さえました。

IMG_2358.jpg
IMG_2383.jpg

ちょっと引き違い窓が
多いですね。
使い勝手が良いので
仕方がないですが。

IMG_2381.jpg

レールからの漏気量が
少し多い感じ。
なんとかこらえてくれ〜。

さてさて、C値改善後の
測定結果は...。

IMG_2378.jpg


C値 = 0.15cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_2377.jpg

測定結果に 渡邉社長は 微量ですが
気密が落ちたことにショックを
受けていました。

C値改善前の
αA(家全体の隙間面積)が18cm2。
なぜか改善後が19cm2。
1cm2 ダウンです。

IMG_2365.jpg

これはたまにあるのですが
今回のC値改善では実際に隙間を
埋めたと思います。

IMG_2349.jpg

ただし、サッシのレールなどの
隙間は埋まっていないため
そんな漏気しやすいところから
改善前より多めに空気が入って
きていると考えられます。

IMG_2363.jpg

「みんなでC値改善を頑張ったのに
 気密が落ちるってどうよ!」

私もそう思いますが気密測定器は
漏気量から隙間を読み取るため
起こり得る事実。

完成ではサッシ調整もしっかりして
リベンジしたいです。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック