2020年05月31日

味 噌 妻のつぶやき


例の『10〜15年ものの味噌』をタッパに入れて姉の家に持って行きました。

IMG_4689.jpg

匂いは味噌そのものなのですが色が真っ黒です。

持って行くや否や、姉は味噌を手でつまんで舐め「大丈夫!」と言い、

そして「味噌漬けにするといいよ」と言うので、早速に肉と魚を買ってきました。

IMG_4695.jpg

肉と魚は1晩お酒に漬け込み、

翌日味噌とみりんを合わせた『たれ』を塗り込み3〜4時間置いてから焼きます。

IMG_4698.jpg

あの味噌を使った…と言わないで旦那と息子に食べさせたところ「美味しい!」とのこと。

やったね♪

IMG_4702.jpg

これで食べられる…ってことは証明されましたが、捨てるに捨てられなくなりました

やっぱり、誰か使って〜!

【日記の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年05月30日

床下収納 妻のつぶやき


先日『リサイクルの当番』の立ち合いをした時、

皆さんこの外出自粛の折『断捨離』をしたようで大量のごみを出していました。

IMG_4680.jpg

そこで私も一念発起して『床下収納』の掃除をしてみました。

写真は洗面所の『床下収納』ですが大皿まで入っていて満杯!

IMG_4682.jpg

出してみるともっと大変、洗濯洗剤がこんなに入っていました。

安いとついつい買ってしまう性格…いつの間にかこんなに溜っていました。

5年分くらいはあります??

IMG_4690.jpg

恐いのはキッチンの『床下収納』です。

10〜15年前に作った手作り味噌が2樽もあって、

恐る恐る開けて見ると虫などはいなかったのですがちょっとカビが生えていて

味噌がチョコレートみたいにトロトロになっていました。

IMG_4688.jpg

それでも使えるかどうか姉に聞いてみたところ使える!」との返事。

ホント???

IMG_4684.jpg

使えない…って言われたら即捨てて一件落着なのですが、

「使える!!」って言われてしまい困っています。

誰か使って〜!!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年05月29日

富山県富山市水落で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9477.jpg

4月14日は 富山県富山市水落で
鰍bONCEPT建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_9453.jpg
IMG_9462.jpg

現場はコーナーサッシから
光が差し込む明るい室内。

IMG_9470.jpg

2階に上がって気が付きました。

足場が奥まで組んでありますが
壁の向こうまで すべて吹き抜け空間です。
それでいて勾配天井。

IMG_9471.jpg

かなり大空間になると思われます。

断熱材は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_9476.jpg

外壁はフェノバボードが
付加断熱として施工されていました。

IMG_9463.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_9464.jpg

窓周りの気密処理は
銀色の気密テープで気密処理。

さすがコンセプトさん
エッジくっきりの気密処理です。
また、断熱材の隅を押さえているのが
ポイント高いです。

IMG_9465.jpg

この現場の大工さんは剛床の下(床の下)の
断熱材で気密処理されています。
その上、柱周りをテープで押さえた
気密処理。

IMG_9467.jpg

配管まわりはウレタンで気密処理。
目貼りもしっかりされていました。

IMG_9473.jpg
IMG_9474.jpg

玄関まわりは 基礎と土台の
取り合いを経年劣化に強い
ブチルテープで気密処理。

玄関ドア周りは気密テープで
気密処理。

適材適所。
処理する場所により
最適な気密材を使われています。

IMG_9454.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_9457.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_9460.jpg

立ち合いされたお施主さま夫婦は
とても喜び、詳細データを確認されていました。

通常、大空間の吹き抜けを作ると
暖気が2階に上がってしまい
寒くなりがちです。

IMG_9469.jpg

しかし、コンセプトさんの場合は
気密力、断熱力ともに高スペックであるため
当てはまりません。
また、熱損失が少ない樹脂トリプルサッシを
標準で採用されているのも一因です。

寒い冬でも温度ムラが少ない
快適な生活を送れることでしょう(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年05月28日

完成時の気密測定と換気流量調整


26日は潟zリケン建築事務所さん(石川県津幡町)の津幡町の完成引き渡し前の気密測定と換気風測定と流量調整でした。

IMG_0340.JPG

断熱はウレタンアイシネン吹き付け、窓は樹脂窓YKK APW330で中間工事中の気密測定は0.3cm2でとても良い数値です。

完成の測定結果は0.473cm2/m2でした。(印刷は四捨五入で0.5)

IMG_0321.JPG

IMG_0320.JPG


堀専務さんも測定器を見て数値の確認です。

IMG_0314.JPG


このお家はLDKの床暖房とエアコンと、大空間の吹き向けのLDKと2階の部屋が一体で理想的な高気密高断熱住宅でした。

IMG_0333.JPG


IMG_0336.JPG


流しのレンジファンとすぐ近くのパナの給気電動シャッターが連動し、調理でレンジファンを回しても、冬LDKのせっかくの暖かい室温が冷えないように、レンジファンの排気に見合う給気をすぐ近くのパナの給気電動シャッターで給気量を確保して,LDKの室温に影響しないようにしています。

IMG_0335.JPG

IMG_0334.JPG


気密測定が終わり、今度は換気計画通り換気の空気が回っているか換気の風量測定と流量調整です。

IMG_0323.JPG

IMG_0324.JPG

LDK、トイレ、洗面所の水蒸気の多いところや臭いの多い所は換気量を多くして、各部屋の換気量のバランスを考え流量調整をしなければなりません。


IMG_0322.JPG

堀専務さんにはご自分で換気の排気口に風量測定器をあて数量を確認してもらいました。


IMG_0329.JPG

IMG_0331.JPG

当初の換気計画通りでよく空気が回っており堀専務もこれでお施主さんに引き渡しが出来ると安心されていました。



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年05月27日

加賀幹線NO.60、48 初夏の花、タニウツギ


5月24日、日曜日は大変良い天気でした。5月19日のブログに書いた大岳山の送電線鉄塔からはるか遠くに見えた山の鉄塔まで歩きたくて登りました。

送電線の鉄塔の案内板、加賀幹線NO、60からスタートです。

IMG_0280.JPG


IMG_0279.JPG


最初の鉄塔まで結構、急こう配の登りです。

IMG_0281.JPG

IMG_0283.JPG


2つ目の鉄塔はそこそこ展望がよく、白山や笈ケ岳、大笠山がきれいに見えました。

IMG_0285.JPG


IMG_0291.JPG


IMG_0292.JPG


巡視路に吉野谷線NO、48を見つけこの鉄塔を目指します。

IMG_0293.JPG


この道はなんと下の谷に激下りの道でした。

IMG_0294.JPG

IMG_0308.JPG

IMG_0309.JPG


半分ヤブの道です。道には野生のウドがありました。しかし、もうウドの大木となっています。

IMG_0296.JPG


IMG_0312.JPG


這いつくばって歩くとタニウツギのピンクの花が咲いていました。この初夏の花に癒され登りきると48号鉄塔です。

IMG_0287.JPG

IMG_0286.JPG


IMG_0297.JPG

ここからの眺めが素晴らしくこの間登ったあの赤白の太陽光電パネルの大きな鉄塔が見えました。

IMG_0302.JPG

IMG_0300.JPG

IMG_0303.JPG


この間はあの鉄塔の道を歩いたたんだなあと思いだしました。

IMG_0299.JPG

帰路は同じ道で下山すると、なんと登り口に男の人がいるのにはびっくりしました。

中高年の人から
「大岳山に行く道はこれですか?」

「この道は違います。大岳山はほらすぐ下の川のところに巡視路の案内板のあの矢印からがスタートですよ。あの太陽光パネルの赤白の鉄塔はあそこからですよ」

「ああそうですか。ありがとうございます。初めて来たのでわからなくて・・・」

その人は石川県かほく市から来た人でした。

「まず人と会わない山をどうしてこんなところを知ったんですか?」

「ガイドブックで知りましてね。コロナウイルスの関係で人に会わない山を歩きたくてね」

人と会わずに山歩きを楽しむ人は自分だけではありませんでした。

よくお話聞くと日本百名山を登っている健脚の方でした。

送電線の巡視路歩きで今まで誰一人とも会わなかったのですが、初めて人に会いました。

自分と同じような山歩きをしている人がおられ、何か元気と勇気をもらった2時間余りの山歩きでした。













続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2020年05月26日

富山県中新川郡船橋村で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9587.jpg

4月17日は 富山県中新川郡船橋村で
轄造さまの現場の気密測定を
行いました。

IMG_9559.jpg
IMG_9561.jpg

コーナーの大開口サッシから
明るい光が降り注ぐ室内。

IMG_9563.jpg

床下点検口には大工さんの
仕事道具が収められていました。
新しい収納方法です(^^♪

IMG_9564.jpg

リビングの大開口サッシはYKKの
APW431(大開口スライディング)と
APW430の引き戸。
樹脂トリプルガラスです。

IMG_9588.jpg

玄関ドアはYKKの
断熱引き戸のコンコード。
引き戸の中でも気密は良い方です。

IMG_9570.jpg

さてさて、監督さんと一緒に
点検を開始します。

この現場は基礎断熱。(床下が室内扱い)
水抜きの穴が開いていましたので
ウレタンで埋めました。

IMG_9573.jpg

おっと、基礎貫きの給湯給水の配管
周りが気密処理されていませんでした。
ここもウレタンを充填しました。

IMG_9574.jpg

エアコンの先行配管ですね。オンレイかな?)
結構キツキツに見えますが
隙間があるのでウレタンを充填しました。

IMG_9579.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_9578.jpg


C値 = 0.52cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.5cm2/m2。
IMG_9569.jpg

さて、C値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

まずはサッシ周りの気密処理。
ウレタンを丁寧に充填しました。

今回は 気密処理が上手な
営業さんに施工してもらいました。

IMG_9575.jpg

大開口スライディングや
大型の引き違いサッシの周りも
ウレタンで気密処理。

クリアランスが大きかったため
C値改善は もちろん隙間風対策に
なると思われます。

IMG_9566.jpg

玄関引き戸の周りも
ウレタンで気密処理。

IMG_9565.jpg

玄関まわりが「なんかスースーして寒い」
に効果的です。

IMG_9592.jpg
IMG_9593.jpg

玄関のスタイロフォームと基礎の
取り合い部分もウレタンで気密処理。

知らない人には「室内側なのになんで?」と
言われますが、これが結構伝い漏れ
するのですよ。

IMG_9581.jpg

ウレタン断熱の工事後に
少し断熱材を削ってCD管を
配管した場所にも
しっかり充填しました。

さてさて、C値改善後(隙間埋め後)の
測定結果はいかに...。


IMG_9585.jpg


C値 = 0.43cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_9584.jpg

C値改善をされた営業さんは
少しほっとして詳細を確認されてました。

C値改善により
αA(家全体の隙間面積)が
92cm2 → 74cm2 と
18cm2 の隙間が埋まりました。

C値改善は がんばった割に
数字に反映されないことも しばしば...。

でも、お施主さまを思えば
できるだけ良い気密で暖かい家に
してあげたいですよね。

営業さん、グッジョブですよ!!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年05月25日

富山県滑川市で気密測定


月20日は伊田直樹建築設計事務所様(富山県魚津市)滑川市の気密測定でした。

IMG_0276.JPG

IMG_0277.JPG

断熱材はウレタン吹き付けフォームライトの50αでした。熱伝導率は100倍発泡より断熱性能は高く熱伝導率α0.026w/m.kです。

IMG_0267.JPG

柱いっぱいにきれいな施工ですね。

窓はYKK樹脂トリプル、430で非常にレベルの高い窓でした。

IMG_0274.JPG


現場には伊田社長さん、山下大工さん、電気工事の毛利電工の毛利さん、日本住環境の井出所長さんが立ち合いでした。

何回かファンを回し隙間を探しC値改善すると、ホール金物と床との取り合いから少し隙間風が入り、山下大工さんは早速ウレタン注入で穴埋め作業です。

IMG_0266.JPG


IMG_0272.JPG


測定結果は0.185/m2と素晴らし数値でした。(印刷は四捨五入で0.2)

測定数値を見て伊田社長も良い結果にほっとされていました。

IMG_0264.JPG


IMG_0268.JPG

IMG_0269.JPG

IMG_0270.JPG

測定結果の写真を撮りながら、大工さんがうーむ0.15以下だったら、印刷は0.1cm2になるのになあと少し残念がっていました。大開口の窓430の建てつけ調整をしていれば0.15以下になっていたかも知れません。

0.185cm2はとても良い数値よと大工さんに話すと納得です。

IMG_0271.JPG

今回は電気工事屋さんも立ち合いし、私の気密工事チエック写真集も見てもらい、気密測定に立会いしとても勉強になったよと話をしてくれました。

測定が終わりしばらくすると、施主様がどうしても見たいと来られ、伊田社長さんと私から測定結果0.185cm2の説明をすると施主様は安心されていました。










続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年05月24日

胡蝶蘭 妻のつぶやき


「見て下さい、見て下さい♪」胡蝶蘭が咲きました。

IMG_4666.jpg

このところ『コロナ』や『黒川検事長』の暗いニュースばかりだったのですが、

一気に明るくなりました。

IMG_4669.jpg

つぼみのある胡蝶蘭は、まだまだあって次々に咲いてくれるのですよ。

IMG_4674.jpg

ここまでにするには

『温度管理と乾いたら水をやる』この2点だけなのですが…難しいですよね。

IMG_4671.jpg

私だって何十年もかかってようやく咲かせることができたのです。

自慢でするんるん

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年05月23日

換気扇の修理 妻のつぶやき


先日姉から「換気扇が壊れたので見て欲しい」と言われました。

IMG_0072.jpg

何でもメーカーにお願いしたところ換気扇は15〜6年も経っているので部品がなく、

フードも周りのパネルも含めて全部取り換え…とのことで30万円を超える見積りがきたのです。

余りにも高い金額にびっくりして少しでも安くならないか」と、旦那にお願いしてきました。

InkedInkedIMG_0075_LI.jpg

早速に旦那は知り合いの電気屋さんと連絡をとって土曜日に姉の家に行ってきました。

電気屋さんは着くや否や換気扇のフードのカバーを開けて見たところ

なんと、コンセントが抜けていたのです。

そしてコンセントを差し込むと換気扇が作動し、10分足らずで修理完了となりました。

IMG_0061.jpg

誰もフードのカバーを開けたりしないのにコンセントがなぜ抜けたかは疑問ですが、

とにかく今回はこれで一件落着…となりました。

メーカーの電気屋さんは何を見て修理不能で全面取り換えの見積りを出したのでしょうか。

もしかして、ちゃんと見なかった??

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年05月22日

石川県小松市木場町で完成気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9737.jpg

4月27日は 石川県小松市木場町で
竃k製材所 ウィッシュホームさまの
現場の完成気密測定(引渡し前)を行いました。

IMG_9768.jpg

玄関に入って目にとまったのが
ブックシェルフ。

美容室などの店舗の入り口に
設置してあることが多いですが
一般住宅の玄関設置はめずらしい。

のちにお施主さまに伺ったところ
ブックシェルフは片引きになっており
壁掛けテレビや無線ルーターなどの
配線の目隠しにもなっている模様。

IMG_9740.jpg
IMG_9739.jpg

リビングには大きな吹き抜けと
黒いアイアンのリビング階段。

IMG_9752.jpg

見上げた景色はこんな感じ。
素敵です。

IMG_9745.jpg

キッチンからの眺め。
シンプルなペンダントライトが
アイアンの階段にマッチしています。

IMG_9766.jpg

食器棚はかなりの大容量。

コンセントは3つもあるので
電子レンジ、オーブントースター、炊飯器、
コーヒーメーカーなど家電があっても余裕ですね。

IMG_9746.jpg

ここはファミリークロゼット。
ウィッシュホームさまの設計は
収納をしっかり取ってあります。

IMG_9750.jpg

隣接する洗面化粧台は
無垢の1枚板。

洗面室の明るい色合いが
朝の目ざめに良さそうです。

IMG_9758.jpg

2階に上がると大きな吹き抜けと
シーリングファンと大開口サッシ。

IMG_9757.jpg

この吹き抜け上部に3枚の
大開口サッシが設置してあり
山側は濃い緑が眺められます。

IMG_9759.jpg

町側は小高い丘の上に建てられているため
景色がかなりよかったです。
見る窓によって全く違った風景。
まさにピクチャーウインドウですね。

IMG_9762.jpg

その吹き抜け近くに
カウンターが...。
贅沢な景色を堪能できる
隠れた特等席です。

IMG_9771.jpg


それでは測定に入ります。
気になる完成気密の
結果はいかに...。


IMG_9775.jpg


C値 = 0.20cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_9776.jpg

測定に立ち合いされたお施主様は
とても喜んでおられました。

IMG_9753.jpg

この現場はエアコン1台の全館空調。
ウィッシュホームさまが採用している
全館空調では C値が 0.3cm2/m2以上であれば
温度ムラがなく快適に過ごせると言われています。

暑い夏、寒い冬 ともに
快適に過ごせそうですね(^^♪
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック