2016年01月31日

住宅温熱診断(1)断熱不足

3年経った住宅の温熱診断をいたしました。

壁、天井グラスウール、床押し出し法ポリスチレンフォーム、気密シート貼りなしの断熱仕様でした。
サッシはアルミ樹脂複合ベアガラスU値2.33w/m2・kです。
まず外から住宅の外観をサーモカメラで撮影します。

正面から向かって右横の南面壁はそんなに室内の温度は伝わっていませんでした。窓は赤色で室内の暖気を示しています。窓は壁より断熱性能は落ちるので仕方ありませんね。

 下の真ん中の赤はエコキュートと右下は車の熱です。

T00002IR.jpg

T00002VB.jpg

今度は正面東面の玄関側ですが、なんと玄関ドアとその上の外壁が真っ赤です。

右半分は水色、左半分が赤、玄関ドアと左半分面の外壁の断熱力が足りません。

T00003IR.jpg


 
T00003VB.jpg


 
気密シートがないのと、気流止めが充分でなく壁と床の取り合い、小屋裏側の天井と室内の壁との取りあいから、外気が入っていると思われます。
posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 温熱環境

2016年01月30日

びっくりぽん 妻のつぶやき

 NHKの朝ドラのように驚くことがありました。

IMG_2279.jpg

この写真の植物は今日見つけた『つるむらさき』で、

春になると紫色のお花を咲かせます。

221051387.v1428699066[1].jpg

我が家の庭にこの花がいっぱいはびこっているのですが、

ここは庭ではなく家の中でしかも座敷なのです。

IMG_2278.jpg

壁と畳のすき間からニョキっと芽が出て15pも伸びていて、

初めは観葉植物が折れて落ちているのかと思いました。

IMG_2280.jpg

今まで部屋の壁が緑だったので見つけられなかったのか、

四角い部屋を丸く掃く…のような掃除をしていたので

このようなことになったのか?

とにかくびっくりびっくりです!!

IMG_2284.jpg

庭に回ってみて見ると写真のようになっていて、

家の土台と出窓との隙間から中に入っていることがわかります。

こうなったらお花が咲くまで育てます!!



posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月29日

抜群の美しい気密シート貼り

潟tジ創ホーム様(高岡市)の気密測定をさせていただきました。

セルロースファイバー断熱に抜群の気密シート貼りでした。

P1030798.jpg

P1030799.jpg

たるみのないビンと貼った気密シートを見ると美しさを感じます。


P1030802.jpg

P1030801.jpg


P1030804.jpg

大工さんに
「この床、壁、天井の施工にどのくらいかかったの?」

と聞くと

「延べ4日ほどかなあ!手間はかかるけど気密をよくするためにはこのシート貼りが一ばん大事なところだよ」

測定数値は0.3cm2/m2です。素晴らしい良い数値でした。


P1030803.jpg

P1030805.jpg


 
サッシは最高グレードのYKK樹脂サッシAPW430でした。

P1030806.jpg


美しいシート貼りにしばらくほれぼれ眺めていました。

P1030797.jpg
posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月28日

エアーサイクルの家の気密測定

昨日は富山市のアウルウイング様のエアーサイクル工法の家の気密測定でした。

アウルウイング様は初めて気密測定をする現場です。社長さんをはじめ職人さん、施主様も立会されました。

P1030795.jpg



1回目の測定で下屋根部分や出窓部分に少し隙間がありウレタンで補修です。2回目の測定でとても良い数値が出ました。

P1030794.jpg


 
気密測定は隙間を測る機械ですが、職人さんが気づかない隙間を探す機械でもあります。

社長さんをはじめ職人さんから、どこが漏れやすいか気密測定でいい勉強になったよと私に笑顔で話されました。

P1030796.jpg
posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月27日

洗濯機 妻のつぶやき

 洗濯機を買いました。

IMG_2186.jpg

雪の中二人の若者が配達、取り付けをしてくれ、

そして古い洗濯機を持っていってくれました。

なんとこの間、20分!!

早!!

IMG_2189.jpg

私は朝から古い洗濯機をずらして掃除をしたのですが、

狭くてそして何十年かの埃とごみで大変でした。

新しい洗濯機をセットしきれいになったところで、

何が気になるのか、旦那が出てきて何かをしています。

IMG_2194.jpg

セット完了!!

これで洗濯はOKです。


posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月26日

雪 妻のつぶやき

 いよいよ雪が積もりました。

IMG_2173.jpg

このところ天気予報で『雪』とでても

降らないので全然心配ありませんでしたが、

今日はびっくりするくらい一気に『ドカッ!』と降りました。

IMG_2174.jpg

「金沢が20センチ」とニュースで言っていましたが、

家の前は25センチあります。

道は除雪車が一通り真ん中だけ除雪をしてくれたのですが、

そのせいで家の前には雪が積みあがっていて車が出せません。

IMG_2179.jpg

あとは人力です。

今日は旦那がせっせと除雪をしてくれ、

1時間ほどですっかりきれいになりました♪

IMG_2183.jpg

IMG_2184.jpg

この雪で富山県で予定されていた『気密測定』が延期になり、

今は優雅に三味線の練習をしています。

除雪してくれたから今日はいいか!!


posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月25日

洗濯機 妻のつぶやき

 昨日は雪は少ししか降らなかったのですが、

風が強くとっても寒い日でした。

IMG_2172.jpg

そんな日に、洗濯機の水漏れが見つかりました。

旦那は「配水管のつまりが原因なのでは…」と、

外からホースを引っ張ってきて配水管に水を流したりしています。

IMG_2170.jpg

水はスムーズに流れ、やはり原因は洗濯機にあるようですが、

納得がいかない旦那は「もう1度洗濯をするよう…」言ってきます。

自分の物はすぐにでも買うのですが、

洗濯機には興味がないらしく使えればいい…という考え方です。

IMG_2171.jpg

この洗濯機はもう15年以上使っているので、

だぶん裏はカビカビだろうから、

そろそろエコの洗濯機に買い替えた方がいいと思います!!


posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月24日

ドイツのスティーベル換気の風量測定と流量調整

ドイツの熱交換換気システムのスティーベルのメーカーの担当者から換気の風量測定と流量調整の依頼を受けました。


P1030782.jpg


末広建設蒲l(福井市)の完成の住宅です。

P1030781.jpg


 
メーカーの換気計算書と施工後の測定風量数値をみて流量調整です。

各室全部の測定した後、家族が集まるLDKや水蒸気、臭いの多い、トイレ、洗面所、浴室の排気量とそれに見合った給気量が回っているか、まわらなければどうして増やすかを考えます。

LDKは家族人数、家の大きさにもよりますがやはり30〜40m3/hは欲しいところです。

P1030779.jpg

P1030773.jpg

 
そのため少なくて済む部屋の排気口を少し閉めLDK、トイレに回すよう調整します。

配管職人さんによりパイプの無理した曲がり、無理に曲げた変形、上下、左右のだぶついたパイプのつなぎなど計画通りにいかないことがよくあります。その場合全部の口を再調整し何とか最低限必要な流量を確保するのに非常に時間がかかります

幸いこの住宅の配管工事が丁寧に施工され、メーカーの換気計画に近く玄関の排気口を少し絞り、LDKの量を増やすだけで済みました。


P1030777.jpg

P1030775.jpg

P1030776.jpg


 
換気は換気経路計画、換気圧損計算、換気部材納入、施工工事だけでは完了ではありません。施工後の風量測定と流量調整をして初めて100%完了です。

 
そのためには工事職人さんの指導と基本的な知識と技術の向上がとても重要です。

今回は末広建設様の現場監督が立会です。

 
私に現場監督さんは各室の流量、給気量と排気量の関係、風量測定結果から配管工事の施工のどこを注意しなければならないかどいろいろ質問されました。

よく勉強された監督さんでした。





posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 換気

2016年01月23日

フクビエアーサイクルの勉強

フクビエアーサイクル工法の特約工務店のアウルウイング様(富山市)の建築中の見学をさせていただきました。
P1030770.JPG


 
アウルウイングの荒木社長様から気密測定をしてほしいのですが、気密が取れているか測定する前に下見をしてほしいと建材問屋さまからの依頼がありました。

私も昔からエアーサイクルは知ってますが、最新のエアーサイクル現場を自分も勉強したく以前から思っていました。

基礎ダブル断熱、空気が回りやすくするための押し出しポリスチレン通気ラインカット断熱材、屋根垂木間のアルミシート貼り断熱材、小屋裏の電動断熱ダンパー、基礎のダンパーなど、外断熱工法を最大効果を出すシステム部材でした。

P1030766.JPG

P1030772.JPG


P1030764.JPG

P1030765.JPG


P1030763.JPG

P1030768.JPG


床下基礎は空気がよく回るように地中梁構造でこれだけ素晴らしい基礎断熱なので、私は床下エアコン暖房に最適な構造なので検討されたらどうでしょうかと提案しました。

施主様も立合いされました。

来週気密測定です。測定数値が楽しみです。
posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月22日

換気の風量測定と流量調整

昨日は叶カ田工務店様(石川県内灘町)の内灘の完成時の換気の風量測定と流量調整でした。

P1030762.jpg

P1030761.jpg



このお家は温熱外皮UA計算を生田様から請け負い、私が審査機関を通した思い入れの現場です。

風量測定をした後、流量調整をします。

P1030758.jpg


P1030754.jpg


P1030757.jpg

P1030759.jpg


現場監督さんが立会し確認していただきました。

当初の換気計画通りよく空気が回っていました。
posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月21日

施主様立ち合いの気密測定

昨日は鰍bONCEPT建築設計様(金沢市)の小松の住宅の気密測定でした。

P1030751.jpg


 
お施主様立ち合いです。

P1030750.jpg

 
窓はYKKトリプルガラスAPW430でした。

非常に測定数値です。

お施主様はなぜ気密測定が必要なのかなど、いろいろな私の話を熱心に聞いていただきありがとうございました。
posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月20日

「病気にならないための家づくり」家の寒さが原因

「病気にならないための家づくり」という健康・省エネ住宅を推進する国民会議編著の本を読むと家の中の寒さが原因で高齢者が特に入浴事故死が多いと書いてありました。

P1030747.jpg

 
東京都健康長寿医療センター研究所の調査によると65歳以上の高齢者が年間17000人の人が入浴中に死亡しているという推計が明らかになったそうです。

P1030746.jpg

 
交通事故死者が平成26年全国交通安全協会の発表によると4113人ですから、寒さによる住宅内の入浴事故がなんと交通事故の4倍も起こっているのには愕然とします。

 
P1030748.jpg

 
「血管は温度に影響されやすい」

「床から10cmの足元付近の室温が10℃低下すると血圧平均9mmHgが上がる」

 
P1030745.jpg

住宅会社、工務店、設計事務所さんはこのようなヒートショックの危険な寒い家にならないよう断熱、気密、換気、冷暖房計画をしっかりたてて健康で安全な住宅をお願いしたいですね。

「人間は寒さに弱い」

この寒さ対策が重要です。





posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温熱環境

2016年01月19日

北国華展 妻のつぶやき

 お友だちのお花の先生から

『北国華展』の招待券をいただきました。

IMG_2141.jpg

「日曜日に仕事をしたから、今日は代休!」

と、大会社のようにのたまわっている旦那と一緒に行ってきました。

IMG_2143.jpg

さすがにお花の先生の『華展』だけあって、

どれもびっくりするくらい奇抜なのに素敵ですばらしい作品でした。

写真の段ボールを使っての作品に旦那は興味深々で,

「段ボール(FOボード)だったら寄付するのに…」と言っています。

IMG_2147.jpg

たぶん写真撮影は禁止だと思うのですが、

こっそりとパチリパチリ撮ってきました。

IMG_2149.jpg

中でもこの作品がとっても見事で、 

あふれんばかりに『グロリオサ』が活けてあって

旦那も私も思わず足を止め、しばらく見とれていました。

IMG_2151.jpgIMG_2148.jpg

『グロリオサ』は華やかで見栄えがするので人気があるのか、

いくつもの生け花に使われていました。

IMG_2153.jpg

お友だちの作品はとっても素敵でした。

竹ひごで柔らかさを出し、その影までをお花として生かしています。

そしてバックに花びらを一枚一枚貼り付けて、

それに金色の光を当て、とてもゴージャスに仕上げています。

計算もし、手も込んでいてすごいです!

感動しました!!



posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月18日

イザットハウス福井店、構造内見会と気密測定でなんと0.03cm2/m2

昨日の日曜日17日はイザットハウス福井店、潟^ケウチ工務店様(福井県坂井市)の構造内見会と気密測定実演会でした。

P1030732.jpg

P1030733.jpg


壁は耐震面材ダイライトと気密シート貼り、それにフェノバボードの外断熱とウレタン吹き付け内断熱のダブル断熱です


P1030739.jpg

P1030738.jpg


P1030744.jpg

P1030742.jpg

屋根も野地板に気密シート貼りにフェノバボードそれに屋根裏にはウレタン吹き付けのダブル断熱、そして床下の基礎立ち上がり断熱は押し出しポリスチレンフォームB−3種、外周部にもスラブ水平断熱仕様です。

P1030741.jpg


サッシはYKK樹脂トリプルサッシAPW430の最高グレードの仕様でした。

温熱性能はQ値0.9W/m2k、外皮UA値は0.26w/m2kという北陸ではまずめったに見れない最高の温熱性能です。

国の次世代省エネ基準の北海道はQ値で1.6w、外皮UA値で0.46Wですから、北海道の基準大きく上回っています。

次世代基準から1ランク上の高断熱化技術委員会の目標基準HEAT20のG2の北海道の0.28よりまだ上の性能です。

現場には小さな電気ストーブ2台したが、それだけで寒くなく、その性能を身をもって体験しました。

P1030735.jpg


換気システムは有名なドイツの熱交換換気システムでした。

P1030728.jpg


竹内専務さんの並々ならぬ温熱性能のこだわりを感じました。

建坪は87坪と大きく、気密測定するとなんとC値が0.0cm2でした。しかし穴がない0ということではありません。基礎断熱の床下と屋根断熱の小屋裏の気積が大きく気密測定対象床面積は376.98m2です。測定隙間相当面積は13cm2でした。13÷376.98=0.03cm2m/m2がC値になります。

 
P1030724.jpg

P1030725.jpg


 
小数点第二位で四捨五入して印刷されるので記録紙は0.0cm2と表示されます。

26年間2000軒以上の気密測定を私はしてきましたが過去に0.06という数値の家は測定しましたが0.03cm2は初めて経験しました。

内見会には東京からイザットハウスの本部の担当者と福井の建築関係者の方も数値をみてびっくりしていました。

P1030723.jpg


 
構造内見会に来られるお客様は実際に家を建てる計画のある方が多くかなり勉強せれておられます。

P1030737.jpg


子どもさん連れの家族で来られた方でご主人様は内断熱やセルロースファイバー断熱の家を検討されている人でした。

P1030736.jpg


 
外断熱のことを知りたくて見学会に来られていました。

私からは外断熱の良さはまづ木材熱橋がないこと、木材のそり、ひび割れがあっても外断熱は内断熱よりも気密が保てること。

外断熱と内断熱のダブル断熱にすると温熱性能はぐんとよくなること。

窓が温熱環境に大きく影響するので、窓の性能を高めること。アルミ複合ではなく樹脂サッシにすること。

それには隙間風が入ると熱損失が多くなるので気密は省エネと換気を計画的にするには絶対気密が重要になること。

人間は寒さに弱いので家の中の温度差のない住宅にしなければならない。

とくに暖かい茶の間から寒いローカ、洗面所を通り熱いお風呂に入って高齢者が心筋梗塞や脳梗塞で瞬間的に意識を失いお風呂で亡くなる危険性があるので高気密高断熱住宅にすることが重要。

北陸の家は大きくて立派だけど寒さに弱い。人口比で浴室の事故死は富山がワースト1位、石川ワースト4位、福井県がワースト5位という状況、歳をとっても安全で健康的な家にしなければならないこと。


以上私のいろいろな温熱の話を熱心に耳を傾けて聞いていただきました。

とてもやりがいのある充実した内見会でした。


posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月17日

大量の通気遮熱FOボード配達

加賀市のオクエ工務店様から私の屋根裏遮熱材、通気遮熱FOボードすぐ入らんかと、言われ自分で配達です。

P1030719.jpg

P1030720.jpg


今回は屋根平面坪数で45坪分、枚数にして180枚の大きなお家の現場でした。

P1030716.jpg

P1030717.jpg

P1030718.jpg

 
奥江様の現場は伝統的な大きな骨み構造の高断熱高気密住宅で建坪が大きく、普通の住宅の2軒分もありますので、配達のし甲斐があります。

奥江社長様ありがとうございます。
posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月16日

どんどん焼き

15日は元日に初詣した神社の境内でどんどん焼きでした。

去年の破魔矢としめ飾りを持っていきました。

P1030715.jpg



赤く熱く燃え上がる炎を見るとこれで正月気分が抜けました。

P1030714.jpg


さあ今年1年頑張らねば・・・。
posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月15日

熟練の大工さんで気密測定がスムーズに終わり感謝

高気密高断熱住宅の熟練した大工さんだと気密測定が早く終わり感謝です。

樺部ジェイ・シイ(金沢市)の津幡町の現場の測定でベテランの大工さんなのでいつもいい測定数値です。


P1030698.JPG

P1030699.JPG

大工さんが
「ほういい気密数値が出たな。これでOKや」

「大工さんもう終わっていいですか?」

「いいよ」

「いつも測定時間が早く終わるので助かりますわ。ありがとうございます」

「どや他の会社はいい数値出ているか?」

「そやね、いいところもあれば、半日もかかり最後には大工さんと一緒にこ気密テープを貼ったり、コーキングの手伝いをしなしとダメな現場もありますよ。自分は気密測定に来たのに最後は職人になっていますわ。」

「そうか、気密工事は件数やな、長年やっているとどこが漏れるかわかる。それで工夫して考えんとな、やはり経験やな」

こんな話をしながら早々と測定が完了しました。






posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月14日

完成時の換気風量測定と気密測定

12日は株爪住宅研究所様(金沢市)の換気の風量測定と気密測定でした。
 
樋爪社長さんの立ち合いの元、去年の年末に購入した風量測定器で換気の排気と給気を早速測定しました。

P1030710.jpg


 
P1030630.jpg

今までは排気はマノスターゲージとケストレル4200で測定していますが、給気量は正確な測定はできませんでした。

今回の風量測定器は給気口に当てるだけで瞬時に風量が測定でき助かります。


 
P1030703.jpg

P1030610.jpg

 
排気量と給気量のバランスの関係がよくわかりました。風の影響をまともに受けるダクトレス換気と違い、ダクト換気は安定した定量換気ができ安心です。

樋爪様は工事中間と完成時と2回気密測定をしています。


P1030700.jpg

気密測定報告書はこの完成時の報告が原則です。
posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 換気

2016年01月13日

みかんの袋詰め放題と餅つき

10日は家内の付き合いで、恒例の金沢JAグリーンの初市でした。

P1030693.jpg


家内は花の競り市で夢中です。


P1030692.jpg

競り約1時間。私はその間することがないので、店の入り口を見るとみかんの袋詰め放題400円で皆さんは袋にはみ出るほど詰め込んでいました。皆さん、「詰め放題」の言葉に弱いですね。


P1030689.jpg


また恒例の餅つきがあり無料で皆さんに配っていました。無料の餅で長い列ができていましたが、私は正月餅を食べすぎて家内から禁止、今回は我慢してパスです。つきたてはさぞかし美味しいだろうなあ、残念。


P1030694.jpg

P1030695.jpg
posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月12日

セリ市 妻のつぶやき

 10日にお花のセリ(オークション)がありました。

IMG_2048.jpg

このオークションはJAグリーンが毎年行っているもので、

私の最も楽しみにしているイベントです♪

IMG_2054.jpg

当日はなるべく早くにお店に行って、

オークションにかけられるお花のチェックをします。

それから早々と陣取りをするのですが、

今年は運よく一番前に並ぶことができました。

IMG_2058.jpg

オークションは『セリ下げ方式』で行い、

値段が定価からだんだんに下がってくる方法で行います。

P1030692.jpg

自分の思っている値段のところで手を上げると落札となるのですが、

何人かが手を上げた場合は『じゃんけん』で決めます。

もうワクワクドキドキの世界です♪

IMG_2064.jpgIMG_2065.jpg

IMG_2063.jpg

結果、5本立ちのシンビジューム1鉢、デンドロ1鉢、

ちょっと大きめのジュリアン3鉢をゲット致しました♪

IMG_2068.jpg

変わったところでは『カサブランカ』の球根5株入り2袋、

これもオークションでゲット致しました。

IMG_2059.jpg

このように楽しくオークションは終わったのですが、

上の写真は1人の人が落札したお花で15〜20鉢はあるでしょうか。

いいところ全部持っていかれ、うらやましい限りです!!


posted by 山男のつぶやき at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のトラックバック