2016年10月31日

将 棋 妻のつぶやき

 小学3年の孫が『将棋』を始めました。

IMG_4611.jpg

初めてまだ3か月なのですが、

爺ちゃんと将棋の対戦をしたい‥土曜日に遊びに来ました。

IMG_4614.jpg

あっという間に旦那はコテンパンにやられていました。

レベルの違いを見たのか、

再挑戦したい‥という旦那に孫は『NO』の返事!!

IMG_4621.jpg

見かねた息子が旦那と対戦してくれたのですが

横で見ている孫がうるさく口出しをするのです。

2人に「うるさい!!」と、言われながらも言い続けるので

私と『オセロ』をすることにしました。

IMG_4624.jpg

結局、旦那は息子にも負けたのですが、

何故か嬉しそうでした。

久々に息子と孫と遊んだせいでしょうか。

ちなみにオセロは私が勝ちました♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月30日

生 姜 妻のつぶやき

 朝市のお母さんから『生姜』を買いました。

IMG_4609.jpg

新鮮な生姜を1`も買ったので梅酢に漬けてみたところ、

1日できれいなピンクの色に漬けあがりました。

色がついたので食べ始めていますが‥良かったのでしょうか?

IMG_4610.jpg

まだまだ生姜があるので『生姜ご飯』も作ってみました。

IMG_4628.jpg

これが思っていたよりもシンプルで美味しく、

2人でお代わりをして食べました。

IMG_4629.jpg

『生姜』は体を温める食材だというので、

免疫力をアップさせる‥と、旦那は喜んでいます。

私はそんな難しいことより

『これで1品』がなによりうれしいです♪

 
posted by 山男のつぶやき at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月29日

使い慣れた電卓の電池の入れ替え

電卓の液晶画面が薄くなり、新しく買おうかなと思いましたが、使い慣れた愛着のある電卓なで裏蓋を小さいドライバーで外して、電池に入れ替えです。

IMG_2153.JPG

IMG_2152.JPG

IMG_2154.JPG



またもと通りになりました。無駄に捨てるのじゃなく再生する。これもちょっとしたエコかな・・・。

IMG_2155.JPG
posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月28日

冬に備えて温水暖房ホットマンのメンテ

11月になると暖房が必要になります。寒くなる前に、自宅の温水暖房ホットマンのメンテをしました。

IMG_2143.JPG

IMG_2151.JPG

コンプレッサーで内機のクリーニングです。

茶の間は使う時間が長いので熱交換のアルミフィンが埃で汚れていました。

IMG_2145.JPG

IMG_2148.JPG


昔の機種と新しい機種と6台もあるので大仕事でした。

IMG_2147.JPG

IMG_2150.JPG

詰まった埃をとると、暖かい温風と風量も充分に出ます。これで冬が来ても大丈夫だろうな。
posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月27日

いやあ!見やすくなったなあ!新型気密測定器の液晶画面

2台目の新しい新型の気密測定で早速、住宅完成時の測定をしました。

金沢市の叶ン計木家(せっけいこかげ)様の完成したお家です。

IMG_2140.JPG

中間工事中も測定していますので、木下社長さんが新しい測定器の液晶画面が「大きくみやすくなったね。これお施主さんにも字が大きく説明しやすいね」と言われました。


IMG_2138.JPG

今までの画面は小さく白色のバックに細い線の黒字の数値だったので施主様には分かりにくかったかもしれません。青色をバックに白字の大きな文字は見やすいですね。

中間で0.3cm2/m2が04cm2と完成してもほとんど数値が落ちていませんでした。

IMG_2139.JPG

木下社長さんもモニコニコ顔でした。社長さんが大工木工事の後の電気工事、設備工事、エアコン配管工事、暖炉の煙突工事の職人さんなどに細かいところまで指導した結果ですね。

換気は私が納めさせていただきました。熱交換換気システムです。

このお家は基礎断熱に床下エアコンの暖房でした。

このところ少し朝夕寒くなったのでエアコンで暖房し始めたとことだそうです。

暖炉があるがまだ火をいれておらず、床下暖房で冬場いつまで暖かさが持つか、これから実験されるそうです。

IMG_2141.JPG

IMG_2142.JPG

「エアコン暖房が足らなくなったら暖炉に薪をいれて火をつけるよ」と言われました。
posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月26日

仕方なく気密測定器2台目購入

IMG_2133.JPG

 
IMG_2132.JPG

気密測定は車の車検と同じように定期的にメーカーに校正、メンテをだす必要があります。もちろん有料です。

 
何年も使いぱなっしだど測定器器が正確でなくなります。

国とか県の仕事など、測定器の「メーカーの校正証明書」を提出しなければならないことがありますので、私はメーカーに定期的に校正、メンテを出しています。

北海道の気密測定器メーカー、コーナー札幌に出すと配送日を含め約1週間から10日もかかることがあり、今までは工務店、住宅会社、設計事務所さんにはその間待ってもらっていました。

しかしほとんど毎日のように測定依頼が多く待ってもらうことができなくなり、測定器の心臓部である本体を仕方なく高額ですが、測定器をもう一台買いました。

 
新しい測定器は液晶画面が1.5倍と広く見やすくなりました。記録紙の印刷部のボタン操作も1つだけになり簡単操作となり使いやすくなっています。

 
IMG_2134.JPG
                  (新しい測定器)

IMG_2137.JPG
            (今までの測定器の液晶画面)

IMG_2136.JPG
          (新しく液晶画面が広く見やすい)

IMG_2135.JPG
        (簡単記録紙操作ボタン)

今までの機械はさっそくメーカーに校正メンテを出しました。予備として使います。

大きな出費ですが、この測定の仕事をする限り仕方ないですね。




posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月25日

氷見の民宿で、民謡クラブの反省会

私の趣味の民謡クラブの反省会は今年は富山県氷見市の民宿でした。

反省会といえば年末なのですが、年末は皆さんがなかなかそろわないので、10月か11月初めに毎年しています。

今年も盆踊り、老人ホーム慰問などボランティア活動してきました。

今回は会の幹事さんがNETで調べた隠れ宿的な「魚恵」という民宿です。

IMG_2114.JPG

IMG_2115.JPG

IMG_2116.JPG

きときとの氷見ぶりで有名な氷見漁港のすぐそばです。

民宿の玄関の庭がきれいでどこか割烹料理屋的雰囲気でした。

刺身は取り立てのきときとで美味しく最高でした。

IMG_2117.JPG

IMG_2118.JPG


 
早朝散歩しながら海を見ると氷見海岸がきれいに見えます。

 
IMG_2120.JPG

IMG_2122.JPG

IMG_2123.JPG


 
氷見漁港にはカモメがすぐ近くに沢山おり近づいても飛び立たずじっくり見れました。

IMG_2125.JPG

IMG_2127.JPG

IMG_2131.JPG

ここから立山連峰が雲に浮かんで見えるのですが、靄のなかにかすかにしか見れず残念でした。

でも早朝の冷やっとした風と、すがすがしい潮のかおりに癒されました。
posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月24日

二上山の野菊

富山の気密測定が終わった後、高岡と氷見の境の山、二上山の万葉ラインを散歩してみました。

昔、若いときに行ったきり、40年ぶりでしょうか。

城山の頂上からは高岡の街並みが一望のもとです。

IMG_2106.JPG

IMG_2104.JPG

IMG_2105.JPG

IMG_2111.JPG


ふと足元を見ると紫っぽい色の野菊が秋を感じさせてくれます。

IMG_2109.JPG


城山から道路歩きをせず稜線の登山道を少し歩くと二上山の頂上です。頂上は誰もいません。

IMG_2113.JPG

IMG_2112.JPG


大伴家持の時代からの歴史のある山の静かな散歩ができ、リフレッシュできました。

posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月23日

暖炉の家の気密測定

21日はエム・ケイ想建蒲l(富山市)の暖炉と太陽光発電パネル屋根付の完成住宅の気密測定でした。

IMG_2103.JPG


高密度のGWに気密シート貼の仕様で素晴らしい数値でした。

門前社長様も立会で確認です。

IMG_2097.JPG

リビングは吹き抜け大空間の素敵な暖炉がいいですね。

IMG_2098.JPG

IMG_2099.JPG

IMG_2100.JPG

IMG_2102.JPG

豪邸です。目の保養になりました。
posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月22日

ジェイベック、グリーンファンの換気流量調整

このところ換気の仕事が多くなり引き渡し前の流量調整が増えてきました。

IMG_2095.JPG


内灘町のジェイベックのグリーンファンの換気の風量測定と調整です。


IMG_2088.JPG

IMG_2093.JPG

IMG_2092.JPG

IMG_2091.JPG

IMG_2090.JPG


電気屋さんの仕事が丁寧で回りすぎるくらいよく空気が回っていました。

IMG_2094.JPG
posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月21日

スティーベル顕熱交換換気の流量調整

お施主様引き渡し前のドイツのスティーベル顕熱交換LWZの作動チエックと流量調整をしました。

IMG_2025.JPG

IMG_2029.JPG

IMG_2028.JPG

 
スティーベルのメーカーの人も来ていただきチエック確認していただき助かります。

IMG_2024.JPG

IMG_2026.JPG

IMG_2027.JPG

 
換気計画通りの換気量で安心です。
posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月20日

お施主様と業者の顔の見える現場がきれいでした

19日は潟Wュープラス様(富山市)の気密測定でした。

現場の仮の玄関ドアの裏には各業者と会社の社員の方の顔写真が貼ってあります。釣りとかジョギングなと趣味の言葉も写真の下に書いてあります。

IMG_2078.JPG

 
また玄関を入って向かいの壁にはお施主様の顔写真とこの住宅の熱い想いの言葉が書かれていました。

 
IMG_2079.JPG

 
お施主様と職人さんの顔が見える現場はとても大事なことだと思います。

この現場の大工さんの掃除、整理整頓がよくされて、抜群にきれいでした。

IMG_2076.JPG

IMG_2080.JPG

IMG_2083.JPG

 
気密測定していても気持ちのいい現場です。

 
IMG_2084.JPG

 
もちろん測定結果もとても良い数値でした。

 
IMG_2086.JPG

IMG_2087.JPG
posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月19日

耐震断熱パネルの気密処理技術の講師

17日は福井県越前町の鰹シ田工務店様の勉強会のアドバイザーをさせていただきました。

福井市の内田プレカットさんの耐震断熱C&Uパネルの施工と気密処理技術の研修です。

内田プレカットの内田副社長様と同行です。

IMG_2058.JPG


鰹シ田工務店様は松田社長様以下営業、工事、設計の方全員が参加され大工、設備、電気、サッシ、太陽光発電の各職人さんも勉強会に参加20名あまりの方の前で、まず私の温熱環境の話から始まり、内田副社長さんからはC&Uパネルの商品紹介と施工についての話です。

国の長期優良住宅や低炭素認定住宅は温熱環境の性能数値をクリヤーしなければなりません。

内田副社長さんの後また私から気密数値や具体的な気密処理の技術的な方法をお話ししました。

会社の営業部長様から気密C値を0.2cm2/m2を目標とすると皆さんの前で発表され俄然、電気、配管の職人さんから私に「電気、配管周り壁、床の取り合いの気密テープ、コーキング、ウレタン」の穴埋めなどどのようにすれば完璧な気密がとれるか」など質問攻めでした。

IMG_2069.JPG

部長様から0.2という超高気密の目標数値は各職人さんには強いインパクトと刺激になったようです。

具体的には11月のはじめ上棟し気密測定は11月の後半に測定予定です。

私は大工さんばかりでなく測定には、電気、配管、サッシの職人さん本人が立会していただくと一発で理解できるので立ち会ってほしいとお願いしました。

セミナーの最後に少しだけ私の屋根裏遮熱材、通気遮熱FOボードのPRもさせていただきました。

IMG_2066.JPG

鰹シ田工務店様の気密断熱の真剣な熱い取りくみに圧倒されます。私のつたない話を聞いていただきありがとうございました。


posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月18日

10年目の換気のメンテ

平成18年に完成の住宅の換気のメンテの依頼がありモーターのシロッコファンのクリーニングをしました。

IMG_2046.JPG

IMG_2047.JPG

 
排気口ははここの奥様が日頃、埃の掃除をしておられたので、シロッコファンファンは10年目としてはそんなにひどい埃はありませんでした。

IMG_2048.JPG

IMG_2049.JPG

IMG_2050.JPG

IMG_2051.JPG

 
モーターの音も静かで、モーターを手でさわっても熱くはなくまだまだ長持ちしそうです。



posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月17日

久しぶりに白山

このところお陰様で仕事が忙しくなかなか好きな白山に行けませんでした。

久しぶりに白山に登りました。

IMG_0455.JPG

IMG_0457.JPG

期待していた紅葉のナカカマドは全く葉っぱ落ちてありません。赤い実だけでした。

IMG_0458.JPG

 
たぶんこの間の10月5日の台風18号の暴風雨で葉が飛んでしまったようです。

IMG_0431.JPG

 
でも天気快晴、頂上からは大展望が望めました。

沢山の人でいっぱいです。

IMG_0450.JPG

 
劔、立山、薬師岳、穂高、乗鞍岳、御岳などが雲一つない彼方に浮かんで見えます。

IMG_0449.JPG

IMG_0440.JPG

帰りのコースはエコライン経由で下りました。砂防新道、室堂、頂上のあの人、人とは違い、単独の人数人に出会う程度で静かな白山を楽しんできました。

 
エコラインから見る白山、南竜山荘、そして別山が大好きです。

 
IMG_0459.JPG

IMG_0464.JPG

IMG_0463.JPG
posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月16日

高密度GWで先貼りシート工法

咲蔵工房様(福井県勝山市、さくらこうぼう)の大野市の現場で換気システムを納めさせていただいたので商品と取り付けの説明にお伺いしたところ、東北、北海道の高密度のグラスウールに先貼り気密シート工法をされておりびっくりしました。


IMG_2038.JPG

IMG_2036.JPG

耐力面材にウレタン吹き付けが多い北陸でGWに先貼り工法はまだ非常に施工例が少なくなかなか見れません。

壁は16kgのGW120mにダイライト耐力面材の外に高密度GW45mmの付加断熱、小屋裏天井桁上に剛床合板を貼り気密シートを貼り高密度GW120×2=240mmでした。

屋根の母屋間に私の通気遮熱FOボードを貼って夏の遮熱対策もされていました。

IMG_2045.JPG

 
IMG_2034.JPG

IMG_2040.JPG

IMG_2043.JPG

IMG_2044.JPG

 
基礎は防蟻断熱仕様でした。

咲蔵工房の別段社長さんにお聞きすると

「ウレタン吹き付けは北陸ではいま流行りだが、家の増築や子供、孫の代に建て替えするとき断熱材と木材、金物の分別するとなると、大変な費用が掛かるのでお施主様の為にも将来のことを考えて先貼り気密シートに高密度のGWにした。」

「それに外気に接する桁、梁が経年変化で、ひび割れ、ねじれなどで気密がとれないので先貼りシート貼りで気密をきっと確保した」と話されました。

東北、北海道の先進の設計士さん、工務店、住宅会社の高気密高断熱住宅の設計、施工をかなり勉強したということです。

 
大野市は周りが山に囲まれ大野盆地なので北陸では雪も多く一番寒い地域なので温熱性能の高い住宅が必要です。

今月末か、11月初めに気密測定をしますので、今から楽しみです。
posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2016年10月15日

まことの保育 妻のつぶやき

 『まことの保育』に私の文が載りました。

IMG_4491.jpg

『まことの保育』は

浄土真宗本願寺の保育連盟が発行している冊子で、

全国の浄土真宗派の幼稚園、保育園の先生方が購読しています。

お話があったのが今年の5月のことだったと思うのですが、

掲載が11月号なので秋バージョンでお願いしたい!!

と言われました。

IMG_4500.jpg

このブログを書くような感覚で簡単に引き受けたものの、

これがそんなに容易なことではなく、給食の写真を用意したり、

文章をまとめるのに頭を抱えながら1週間もかかりました。

そして、出来上がった原稿を読んでは直し、読んでは直しと

読み返すたびにおかしなところが見つかります。

IMG_4492.jpg

原稿を提出した後も、冊子として出来上がってしまった今でも、

これで満足‥とはいきません。

今回の件で分かったことは、

何事も決して簡単に引き受けてはだめ‥ということです。

 
posted by 山男のつぶやき at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月14日

長野、飯山市、高橋まゆみ人形館

長野の野沢温泉村の旅行で家内の好きな買い物と温泉ざんまいでしたが、せめて1つだけでも観光と飯山市の高橋まゆみ人形館に行ってみました。

IMG_0417.JPG

IMG_0396.JPG

IMG_0399.JPG

テレビなので少し知っていましたが、なんとも懐かしい故郷の人情味あふれる人形たちです。

IMG_0397.JPG

 
ユーモラスな表情豊かな人形に家族のつながりや、優しさが心に響きます。


posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月13日

オランチェ 妻のつぶやき

 今回の旅の目的の1つに『道の駅』巡りがありました。

IMG_4450.jpg

『オランチェ』は道の駅ではないのですが、

果物、野菜、きのこ類がとっても安く買えるのです。

IMG_4441.jpg

安いと評判を聞きつけてこんなにも沢山の人が来ていて、

レジは6台くらいあったのですがどれも長蛇の列でした。

IMG_4442.jpg

私が買物に夢中になっているとき、

旦那は目ざとく『きのこ鍋』を見つけ食べていました。

IMG_4445.jpg

これは野沢菜だそうで、道の駅の床に置いて売っていました。

私はこんな買い出しが大好きで、

あちこちの値段を比べたりして、1日中ここに居られます。

IMG_4435.jpg

3日間の旅行の間に

『花の駅千曲川』と『ふるさと豊田』の道の駅を3回づつ

中野のオランチェは1回とほとんど入り浸っていました。

毎日、何かしらの掘り出し物の果物、野菜に出合い、

それがとてもうれしくて、楽しいのです。

車が野菜と果物で満杯になったところで、買い方終了です。

とっても満足です♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月12日

野沢温泉村 妻のつぶやき

 『野沢温泉』ここは日本でただ1つ、

村の名前に温泉が付いている『野沢温泉村』だそうです。

IMG_4467.jpg

野沢温泉村は『外湯めぐり』が有名で、

野沢温泉のシンボルでもある『大湯』をはじめ13の外湯があり、

源泉はアルカリ性100%の天然温泉です。

(大湯は『熱い湯』と『ぬるめの湯』と2つの湯船がありました)

IMG_4459.jpgIMG_4460.jpg

この『外湯』は観光客だけのものではなく、

村民の共有財産として

『湯仲間』で大切に温泉を維持管理をしています。

それ故、みんなエチケットを守って入浴して欲しいとのことです。

IMG_4456.jpg

お湯は熱く43〜45度近くあるので、

先ずはおけに温泉と水を入れてそれを体にかけ、

慣らしてから湯船に入るようにと地元の方に言われました。

IMG_4469.jpg

『外湯』には基本、湯船と小さな洗い場があるだけで、

脱衣所とか靴入れなどは壁に棚が作ってあるだけです。

IMG_4461.jpg

だからドアを開けてすぐに写真の湯船あって、

裸でお風呂に入っている人がドーンと見える状態です。

全員がお風呂の湯気がもうもうとする横で、服の脱ぎ着をします。

IMG_4472.jpg

『外湯』にはそれぞれ名前がついていて、

『大湯』あとは真湯、河原湯、上寺湯、松葉の湯…と

13あるのですが、その間が近く歩いて3〜5分しか離れていません。

だから2〜3分歩いてお湯につかり、2〜3分してお湯から上り、

服を着て3〜5分歩いて、また服を脱いでお湯につかり…

この繰り返しです。

IMG_4462.jpg

今回は、あいにくと雨が降っていて道がよくわからず、

行きたいと思う『外湯』になかなかたどり着けませんでした。

そして、一緒に廻っているの旦那が、

頻繁に脱ぎ着するこの『外湯めぐり』に5軒目でギブアップ!!

以前、姉と来た時には10軒以上の外湯に入ったので、

今回は『13湯制覇』を思っていたのに、

やっぱり旦那とは無理だったか…!


posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のトラックバック