2018年10月02日

富山県中新川郡立山町で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_8561.jpg

9月27日は、富山県中新川郡立山町でイザットハウス富山店(ベストホーム)さま
の現場の気密測定を行いました。

IMG_8579.jpg

敷地内にとてつもなく大きなアンテナが建っていました。

IMG_8572.jpg

IMG_8571.jpg

大開口のサッシが多数採用されていたため、現場はかなり明るかったです。

IMG_8573.jpg

サッシは、YKKのAPW330。
緑の奥には立山連峰が見えました。

IMG_6002-753b9.jpg

断熱は外張断熱のネオマフォーム。

IMG_8564.jpg

外回りの配管の目張り(気密漏れ防止)をチェックしたところ
暑さと雨の影響でテープが浮いていました。

IMG_8566.jpg

テープの浮きを押さえるように塞ぎました。

IMG_8568.jpg


さて、気密測定の結果ですが...。


IMG_8567.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 と超高気密でした。(表示は四捨五入により0.1cm2/m2)

IMG_8570.jpg

営業さんはこの結果にひと安心して撮影されていました。
この現場のn値(隙間特性値)は  1.02 と
隙間の状態がとてもよかったです。

n値とは隙間の状態を表す特性値。
n値の範囲は1〜2で、2に近いと 単純開口(単純な穴)で
1に近づくほど、毛細管のように細く長い穴と言われています。

ただし、n値は直接気密性と関係はありません。
隙間の質みたいなものです。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック