2018年12月12日

富山県高岡市江尻で気密測定


健太郎です。

IMG_9843.jpg

12月10日は富山県高岡市江尻で 兜莓セコーポレーションさまの
現場の気密測定でした。

IMG_9844.jpg

とうとう雪が積もる季節になりました。
寒いと体の動きがわるいです。(+_+)

IMG_9845.jpg

現場の外回りチェックからはじめます。
断熱材は外壁がロックウール、室内がセルロースファイバーのダブル断熱です。
ロックウールは何度見ても石垣に見えてしまいます。かっこいいな〜。

IMG_9846.jpg

電源の引き込み配管の目張りがありませんので目張りしました。
のちに「内側からウレタンを入れてあるよ」と聞きましたが
ダブルで目張りすると更に気密がよいので良しとします。

IMG_9860.jpg

室内は大きな引き違いがあって 明るかったです。

IMG_9847.jpg

IMG_9849.jpg

タイベックスマート(気密シート)がとてもきれいに
貼られていました。

IMG_9861.jpg

大工さんの話では 壁はまだ気密が取り易く、問題なのは天井。
間仕切り壁の周辺などきっちり仕上げるのに思いのほか時間が掛かったようです。
気密テープとタッカーを使って延々と...。

IMG_9858.jpg

まとめ配管は気密漏れしやすい部分ですが
しっかりと線と線の内部にウレタンを充填して包み込んだようです。
きれいに気密処理されています。

IMG_9850.jpg


サッシは三協アルミのトリプルスマージュ(樹脂トリプル)。


IMG_9869.jpg

24時間換気のマーベックスのダクティングも
きれいにされていました。

IMG_9857.jpg





さて、気になる気密測定の結果ですが...。










IMG_9852.jpg


C値 = 0.12.cm2/m2 と超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.1cm2/m2)


IMG_9855.jpg


この結果に 兜莓セコーポレーションの磯部さんは
とても喜び撮影されていました。
n値(隙間特性値 範囲1〜2)= 1.05と これも良い値です。

大工さんは「じゃあ 次に建てる家も良い気密で!と言われるので
プレッシャーが半端ない」と嘆いていました。

いや〜限られた工期の中、お施主様のために
丁寧に丁寧に仕事をされたと結果だと思われます。
次の家の気密測定も楽しみです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック