2018年12月13日

金沢市笠舞本町で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_9908.jpg

12月11日は、金沢市笠舞本町で (有)嶋田工建さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_9886.jpg

IMG_9895.jpg

リビングにある引き違い窓と
大きな吹き抜けから光が入る、とても明るい現場でした。

IMG_9879.jpg

いつものように外回りの配管目張りをチェックします。

IMG_9881.jpg

配管は室内側で目張りされていると言うことでしたが
外側でも目張りした方が良い気密が出ます。

IMG_9882.jpg

(有)嶋田工建さまは、超絶な気密を求められておりましたので
内外両方でしっかり目張りしました。

IMG_9884.jpg

室内の排水配管はしっかり気密テープで
目張りされていました。

IMG_9897.jpg


サッシはYKKのAPW330。


IMG_9898.jpg

気密シートはもちろん、
サッシ周りはコーキングとブチルテープで気密施工されていました。

IMG_9878.jpg

断熱材は壁が高密度グラスウール、
天井がセルロースファイバー。
両面テープを使って気密シートをしっかりと施工されていました。

IMG_9899.jpg

ぱっと見、気密テープが貼られていないように見えますが
透明の両面テープ(50mm)を使われていました。
とてもスマートに見えますね。

IMG_9900.jpg

金物部分はヒートブリッジを嫌って
ウレタン施工されていました。

IMG_9907.jpg

玄関ドアはYKKのヴェナート。
養生が隙間を生んで気密測定の邪魔をします。
取り外してから測定しました。

IMG_9874.jpg




さて、気になる気密測定の結果ですが...。















IMG_9894.jpg


C値 = 0.086cm2/m2のウルトラ気密でした。(表示は四捨五入により、0.1cm2/m2)


IMG_9885.jpg


監督さんは結果を喜んで撮影されていました。

いや〜 気密シート貼りで 0.086cm2/m2は
とんでもない気密です。

ウレタン吹付でも C値=0.1cm2/m2を出すのには
大工さんの技術が相当要りますが、
気密シート貼りは更に気密漏れ箇所を熟知して
丁寧に丁寧に施工しないと、まずC値=0.1cm2/m2が出ません。

このウルトラ気密には、すこし震えました (>_<)


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック