2019年01月07日

富山県高岡市戸出で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0261.jpg

新年1回目(1月6日)の気密測定は、富山県高岡市戸出で
すぎはら建築工房さまの現場で行いました。
すぎはら建築工房さまは1845年に創業された老舗の工務店で
いまの杉原賢磁社長で6代目だそうです。

IMG_0259.jpg

さて現場ですが、さすが富山県の家。
とても大きく、約60坪の家です。
引き違いサッシを多く採用された明るい現場でした。

IMG_0244.jpg

いつものことですが、気密漏れ防止のために
外回り配管のチェックからはじめます。

IMG_0249.jpg

換気システムの配管の目張りが
少し浮いていましたのでテープで押さえました。

IMG_0247.jpg

配線配管が目張りしてないと思いきや
しっかりコーキングで気密処理されていました。

IMG_0250.jpg

忘れられやすいインターフォンの配管の目張りが
されていませんでしたのでしっかり目張り。
配管の目張りは内外ダブルで目張りした方が気密漏れなくいい気密になります。

IMG_0255.jpg

室内側の排水配管が少し浮いていましたので
しっかり目張り。

IMG_0258.jpg

サッシはYKKのAPW330。

IMG_6847.JPG

サッシ周りはウレタンとコーキングでしっかりと
気密処理されていました。

IMG_6841.JPG

断熱材は屋根壁ともにウレタン吹付断熱。

IMG_0257.jpg

ウレタンの被膜部分を極力残した
吹付がされていました。

IMG_0243.jpg


さて、平成31年初の
気密測定の結果はいかに...。












IMG_0252.jpg

C値 = 0.066cm2/m2 の ウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

IMG_6853.JPG

この結果にすぎはら社長はとても喜んで撮影されていました。
新年1回目の気密測定が、0.066cm2/m2のウルトラ気密!!
しかも、n値(隙間特性値  範囲1〜2)が、1.01なので
とてつもなく漏れにくい小さな穴が、ほんの少ししかないと言えます。

今年は幸先の良いスタートを切らせて頂けました。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック