2019年03月31日

お彼岸 妻のつぶやき


お彼岸の墓参りに行って来ました。

IMG_1814.jpg

お墓は金沢の野田山にあるのですが、

春は周りの木の葉が落ちていつもこのようにたいへんな状態になっています。

IMG_1816.jpg

だから私たちはこの『掃除グッツ』をもって行き、お墓をたわしでごしごしと洗ったり、

熊手で落ち葉を集め捨てたり…と掃除をし、そして最後に除草材を撒きます。

IMG_1820.jpg

そしてお墓には庭に咲いていたお花を1輪2輪入れて買ったお花と一緒に供えます。

IMG_1817.jpg

お墓の掃除は唯一2人の共同作業です。こんなにきれいになりました♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年03月30日

ファーマーズAコープ 妻のつぶやき


近所のスーパーAコープが『ファーマーズAコープ』として3月28日にオープンしました。

IMG_1836.jpg

朝9時にオープンということでしたので8時45分に行ったのですが既に駐車場は満杯です。

特別欲しいものもなく、広告もそれほど安くもなく何となく行ってみたのですが、

オープンまで15分もあるというのにものすごい人でそして行列です。

InkedIMG_1829_LI.jpg

その行列が開店と同時に一斉に店内に押し入るため野菜、魚、肉売り場は身動きができない

くらい人がいっぱいなので、買い物もそこそこにレジに行くとここもまた長蛇の列でした。

IMG_1830.jpg

Aコープのスタッフが「お待たせして申し訳ありません」と言いながら飴を配っていました。

イライラしていたのに飴1個貰っただけでほっこりとします♪

IMG_1840.jpg

こんなに大きい鮭が1匹150円、お花は全て半額…嵌ってしまいました。

IMG_1838.jpg

先着500名に配られる紅白饅頭もゲットできました♪

IMG_1837.jpg
続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年03月29日

今年も、花がみたくて、能登門前猿山の雪割草


23日(土)午前中は富山高岡で住宅完成引き渡し前の換気の取り扱説明をお施主様にした後、今年も雪割草の花が見たくて、富山の仕事現場から能登門前の深見まで走りました。

IMG_7225.JPG

肌寒い天気でしたが、美しい青い海と空、その向こうには門前の猿山岬が見えると心ウキウキします。

IMG_7229.JPG

深見の登山口の急な登山道を振り返ると能登半島の入江の海です。私の大好きな絶景です。

IMG_7231.JPG

登山道脇にはたくさんの雪割草の花が満開でした。

IMG_7238.JPG

IMG_7242.JPG

IMG_7241.JPG

多くのハイカーが登って来て盛んにカメラを向けていました。

IMG_7239.JPG

岬の白亜の灯台の群生地には見事な花園です。

IMG_7243.JPG

IMG_7247.JPG

なんど来ても海と雪割草の花に心が癒されます。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年03月28日

春の散歩道、土筆と菜の花


いつもの海への散歩道と違うコースの田んぼの道を歩くとなんと一面につくしのオンパレードでした。

IMG_7216.JPG

IMG_7211.JPG

そのつくしの中には赤紫の可愛いヒメオドリコソウも負けじと咲いていました。

IMG_7217.JPG

見事な群生です。

住宅地の中を歩くと、もう菜の花が咲いています。

IMG_7224.JPG

IMG_7222.JPG

黄色い花を見るといよいよ春が来たんですね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年03月27日

2階のトイレの音が気になる(後半)


おはようございます、健太郎です。

前回に続き、『 2階のトイレの音が気になる 』に対し
対策した自分の家の話です。

01.jpg

やはり、吹き抜けがある家だと
2階のトイレの音が気になるとよく耳にします。
そんな方たちの参考になればと思います。

031.jpg

さらに...。
うちの間取りは1階のユニットバスの真上が
2階のトイレになります。
お風呂に入っているときに、2階のトイレを使われると
『ザッバーン!!、ボコボコボコ...。』と凄まじい
排水の音が聞こえます。

IMG_1298.jpg

そこで...。
ユニットバスの点検口から
2階トイレの床下を確認しました。

うちはフォームライトSLさんのウレタン吹付断熱なのですが
2階床下にも吹付してくれてます。
またトイレの排水配管には吸音シートが
キチンと巻いてありました。


それなのになぜ凄まじい排水音がするの!!


『 やはり吸音が間に合ってないのだろう。
 グラスウールを片面裸にして貼り付けると効果がある』と
 うちの社長がアドバイスしてくれました。

20.jpg

と言うことでやってきましたホームセンター。
最近ではある程度グラスウールを置いてくれています。

21.jpg

吸音用ですが100ミリの厚みは欲しいです。
予算とサイズの関係からマットエース10kgを購入しました。

23.jpg

早速 家に戻り、グラスウールの袋の片面を破りました。
あとユニットバスの上でグラスウールが長いと
施工しずらいので半分にカット。

24.jpg

いや〜思いのほかきれいに貼れません。
吸音したい側に裸にしたグラスウールを
向けて貼り付けます。
断熱が目的だったら隙間があるのでNGですね。

27.jpg

取り合えず2階トイレの床部と排水配管を覆い
吸音させるのが目的。
ここでタッカー、気密テープ、高級気密テープの
ユラソールもふんだんに使い貼り付けました。

IMG_1303.jpg

うちでは光ケーブルをユニットバスの上に落とし
そこからLAN配線を12本ほどはわしていますので
配線を避けるのが大変。

26.jpg

続いて床下に向かう排水配管を巻いていきます。
ユニットバス上部で約1.8メーターほど
巻きましたが難儀でした。

IMG_1749.jpg

最後に屋根裏からトイレ天井に移動し
グラスウールを貼り付けました。(ダウンライト避けて)

写真はないですがトイレの間仕切り壁の中に
グラスウールを押し込みました。
もちろん室内側に裸にした
グラスウールを向けて...。

01.jpg

終了したときには
腕が傷だらけに... (*_*;

その甲斐あってか
2階トイレの音が以前に比べ3分の1ほどになりました。
これで来客中に2階でトイレを使用しても
恥ずかしくない様になりました。

03.jpg

お風呂に入っているときに
2階のトイレを使われても
遠くの方で排水の音が聞こえる...。レベルになりました。

裸のグラスウールで吸音作戦
効果ありです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 騒音と防音
2019年03月26日

2階のトイレの音が気になる(前半)


おはようございます、健太郎です。

01.jpg

自分の家のトイレの話です...。

うちには吹き抜けがあるのですか
そのせいか2階のトイレの音が
かなりリアルに聞こえます。

02.jpg

子供たちが2階トイレに籠ることも多く(スマホか?)
最近ではドア全開で用を足しているのでは?
と思うほどでした。

そこで対策することに...。



★ 対策1 引き戸のクリアランスを見直す

04.jpg

うちのトイレは引き戸。
よく見ると引き戸とドア枠のクリアランスが
5ミリ以上の開いています。
これは開き過ぎでしょ〜。

06.jpg

引き戸にはクリアランスを調整する
ネジがありました。
極力隙間を無くすようにプラスドライバーで
調整しました。(上下左右)


★ 対策2 モヘアを調整する

08.jpg

モヘアってドア枠についている
モケモケの毛のことです。
この毛の長さを調整できることを
最近知りました。

こいつを長く伸ばすとドアとの
クリアランスが狭くなります。

10.jpg

調整箇所は4箇所。
マイナスドライバーより
1円玉の方が調整し易いです。(調整幅4ミリ)

010.jpg

ここまで毛が伸びました。

ここまでの対策で少しは音が消えるのか?
試しにトイレの水を流しましたが
効果は微妙...。


★ 対策3 隙間埋めスポンジを貼り付ける

13.jpg

これはやりたくはなかったのですが
もう隙間埋めスポンジ(すきまテープ)に頼るしかない。
引き戸とドア枠の隙間にすきまテープを貼ります。

14.jpg

引き戸を外して、すきまテープを
しっかり貼りました。

11.jpg

こんな感じです。
モヘヤのとなりに
すきまテープを貼りました。

12.jpg

引き戸を入れるとこんな感じ。
ほぼほぼ隙間なし!!!
戸の開閉で「ザーッ」とスポンジが擦れる音がします。
嫌でしたが効果が出ればすべて良し。

子供にテストしてもらいました。
効果ありです!
効果ありですが、排水の音が消えていません。

031.jpg

あと、うちはユニットバスの上が
2階トイレの配置になります。

お風呂に入っているときに
2階のトイレを使われると
『 ザッバーン!!、ゴボゴボゴボ... 』と
ディズニーランドのスプラッシュマウンテンばりの
音が天井から聞こえます。(うひゃ〜)

今回の対策ではそれらの音には
まったく効果がなかったという結果でした(*_*;
リベンジは後半で。


to be contenued...。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 騒音と防音
2019年03月25日

富山県氷見市で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_1564.jpg

3月15日は、富山県氷見市で 潟Wュープラスさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_1588.jpg

IMG_1587.jpg

現場はフラットで広く、
LDKが勾配天井の仕様でした。

IMG_1566.jpg

さて、いつものように外回りの配管の目張りを
チェックします。

現場のうしろには竹林があり「ホ〜ホケキョッ」と
ウグイスの鳴き声が聞こえました。
もう春ですね。

IMG_1568.jpg

レンジフードファンの配管でしょうか。
MAGのテープが少し浮いていました。

IMG_1567.jpg

あれれ...。
配線配管の目張りがすべて忘れられていました。
皆さん、ダクト配管は目張りされますが
配線配管はノーマークのことが多いです。

IMG_1571.jpg

次に室内の排水配管をチェックしました。
MAGのテープが少し浮いていました。

IMG_1586.jpg

断熱材は屋根がEPS( ビーズ法ポリスチレンフォーム)の
180ミリ(2枚合わせ)。

IMG_1582.jpg

壁はMAGのイゾベール・バリオ(気密シート)に
セルロースファイバー。
とても丁寧に貼られた気密シートの中に
セルロースがパンパンに充填されていました。

IMG_1583.jpg

サッシはYKKのAPW330。(樹脂ペアガラス)

IMG_1584.jpg

サッシ周りはMAGの気密テープと
コーキングで気密処理されていました。

IMG_1569.jpg


気になる気密測定の結果は...。


IMG_1576.jpg


C値 = 0.14cm2/m2 の超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.1cm2/m2)


IMG_1574.jpg

この結果に大工さん と 潟Wュープラスの監督さんは大喜び!!
2人とも結果を撮影していました。

潟Wュープラスさまは研究熱心で
どうしたら気密を上げれるだろう?と
大工さんの施工方法はもちろん、プレカットでも改良を積み重ねています。

以前もお話しましたが、気密シート貼りの施工方法では
C値=0.3cm2/m2 が限界と言われてきました。
C値0.1cm2/m2 達成は並々ならぬ 努力と改良が
あってこそだと思います。

測定結果でこんなに喜ばれると
こちらもやっててよかったな〜と
嬉しくなります(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年03月24日

溝そうじ 妻のつぶやき


溝掃除をしました。

IMG_1769.jpg

溝蓋に乗っているたくさんの鉢植えを除けて、

グレチングを外して溝の中を掃除するのですが、これが結構重労働なのです。

IMG_1765.jpg

初めはグレチングを1つ1つ外して溝の中を掃除していたのですが、

余りにもグレチングが重いので旦那がギブアップしてしまいました。

IMG_1768.jpg

そこで、グレチングを外してしまわないで写真のように旦那に持っていてもらい

その間に私が溝を掃除する…と。

このようにすると重いグレチングを持ち上げなくてよく、

旦那と私、二人三脚でスムーズに掃除を終えることができました。

IMG_1770.jpg

後は鉢植えを戻して終了…と、なったのですが、

鉢植えがぼさぼさのままで掃除したように見えませんが、したんですよ!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年03月23日

ガーデニング♪ 妻のつぶやき


三寒四温、寒い日もありますが確実に春になりましたよね♪

IMG_1697.jpg

暖かくなった日、

お花屋さんに行って大好きな『マーガレットとラナンキュラス』を買ってきました。

IMG_1791.jpg

冬の間玄関フードに置いてあったピンクのマーガレットはきれいに咲いていて、

暖かくなったので外に出しました。

IMG_1706.jpg

ずーっと外に置いてあったモンタナと桜草は今が花盛りです。

モンタナは冬でも花が咲くって初めて体験しました。

IMG_1709.jpg

庭に出ると花芽がいっぱい出ていて、それらを見つけて楽しんでいます♪

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年03月22日

スティーベル換気の風量測定、流量調整と排水ドレン配管



3月18日は潟^ケウチ工務店様(福井県坂井市)の完成引き渡し前住宅のドイツの顕熱1種熱交換換気システムLWZの風量測定と流量調整でした。

IMG_7207.JPG

IMG_7208.JPG

竹内社長さんはメーカーにお任せではなくご自分で換気計画、換気配管経路を考えた換気設計をされています。

IMG_7202.JPG

LDK、トイレ、洗面所などやはり給排気量を多くしなければなりません。ご自身で風量測定と流量調整をし、確認されました。

IMG_7200.JPG


IMG_7204.JPG

IMG_7203.JPG


結果はよく空気が回っていました。

全熱交換型は外気(O)は紙製の交換素子で熱交換され、給気(SA)を取り入れます。

水蒸気の潜熱も回収しますが、この熱交換素子のOA側に結露やカビの発生があります。

カビがひどくなると、カビの胞子が給気SA側に入り部屋がカビだらけのお家を何度も私は見てきました。

ですからフィルターの掃除、熱交換素子のメンテがとても大事です。

一方顕熱型は水蒸気を通さないポリエチレンフィルムやアルミ製で出来ています。

水蒸気の潜熱は回収せず、室温の顕熱のみです。なのでカビの心配は少ないのが顕熱型です。

顕熱型は戻り空気(RA)が熱交換素子を通るとき熱交換素子のRA側で結露します。

その為結露水を排水するドレン配管の施工が正しくしないと排水せず、水がオーバーフローをして本体の下からもれたり、壁を伝って水漏れが起きることがあります。

竹内様の現場はメーカーのマニュアル通りの正しくきれいに施工をされていました。

IMG_7198.JPG

IMG_7199.JPG

まず排水管を円状に一回転させてドレン機能をつくり排水管につなぎ、もし排水が汚れてもトラップを外し掃除できるようにしています。


IMG_7205.JPG

IMG_7206.JPG

お施主様が排水状態が一目でわかるようにしてあります。

ここまでしてあると安心ですね。


続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 換気
2019年03月21日

家事の分担 妻のつぶやき


日中は事務所があるので息子が出入りしていますが、基本私たちは2人暮らしです。

IMG_1781.jpg

それなのに掃除、洗濯、食事作りと家事全般を全て私がしています。

IMG_1758.jpg

旦那は…というと、朝食のときにりんごを切って出すくらいでしょうか、

お天気が良かったら散歩に行ったり、毎日三味線の練習をしたりと一人優雅に暮らしています。

IMG_1779.jpg

2人だけで生活しているのに不公平だと思いませんか。

で、先日ちょっと旦那に文句を言うと、

「トイレの紙を変えている!」と、のたまいます。

IMG_1762.jpg

これって仕事???

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年03月20日

大繁盛の天ぷら丼の天じゅ


気密測定の現場ばかりでなく、換気、屋根裏遮熱FOボードなどやはり、営業しなければと息子を連れ福井のお得先まわりをしました。

お昼を何処で食べようかと思い、以前金沢の盤戸さんに教えていただいて食べた天ぷらの天じゅ(福井市)に寄っところ駐車場には車が満車でした。

IMG_7192.JPG

IMG_7190.JPG

以前はそんなに待たなかったのに、カウンターには予約待ちのノートが置いてあります。

IMG_7194.JPG


IMG_7193.JPG


息子はそば付き野菜天ぷら丼セット、私は野菜天ぷら丼です。

IMG_7195.JPG

IMG_7196.JPG

IMG_7197.JPG

ボリュームがあり、お手頃価格で美味しくいただきました。

これから福井に来たときは、行きつけのお店になりそうです。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年03月19日

石川県金沢市横山町で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_1539.jpg

3月14日は、金沢市横山町で でざいん こま様の現場の
気密測定を行いました。

IMG_1538.jpg

機械の搬入中に視線を感じて振り返ると
ネコがこっちを睨んでました。

IMG_1562.jpg

現場1階奥はターンバックル (耐震ブレース)で補強しており
お店みたいでカッコよかったです。

IMG_1540.jpg

IMG_1541.jpg

現場の2階は勾配天井になっており
天井高で広々していました。

IMG_1542.jpg

さて、外回りの配管目張りをチェックします。

IMG_1544.jpg

気密テープで目張りしてありましたが
結構浮いていました。
このままだと気密漏れしますので
しっかり目張り目張り。

IMG_1546.jpg

あらら...。
電気の引き込みの配管が
目張りされていませんでした。
ここからも気密がダダ漏れしますので
目張りしました。

IMG_1548.jpg

室内の排水配管の目張りも
浮いていますね。
ここもしっかり目張りです。

IMG_1555.jpg

サッシはYKKのAPW330。(樹脂ペアガラス)

IMG_1556.jpg

サッシ周りは気密テープとウレタンで
気密処理されていました。

IMG_1554.jpg

断熱材は屋根、壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_1557.jpg

玄関ドアはYKKのコンコード。
引き戸はとても使いやすいですが
気密的には少し不利になってしまします。

IMG_1549.jpg


さて、
気になる気密測定の結果は...。


IMG_1553.jpg


C値 = 0.20cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_1552.jpg


この測定結果に でざいんこまの 小松社長は
とても喜び、結果を撮影されていました。

今回はお施主様が気密測定に立ち会われましたので
気密についていろいろお話させて頂きました。

C値=0.2フラット
n値=1.11 は かなりレベルが高いです。
とても暖かい家になること間違いないでしょう(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年03月18日

富山県高岡市で完成気密測定(引渡し前)


おはようございます、健太郎です。

IMG_1496.jpg
3月12日は富山県高岡市で 轄造さまの
完成気密測定(引渡し前)を行いました。

IMG_1497.jpg

玄関に入ると正面に中庭がみえます。
右側には障子。
室内がじんわりと暖かくて助かります。

IMG_1498.jpg

中庭を覗いてみました。
ステキなコーディネートです。
枯山水をイメージしました。

IMG_1515.jpg

IMG_1524.jpg

リビングはとても広く、床は大理石の仕上げ。
大開口の窓からは先ほどと違う中庭が見えます。

IMG_1513.jpg

システムキッチンを見ると
IHではなくガスコンロ。
作造さんではガスコンロをよく見かけます。

IMG_1516.jpg

IMG_1520.jpg

廊下を挟んで奥の部屋には
なんと囲炉裏がありました。
和と洋がいい形で配置されています。

IMG_1527.jpg

IMG_1529.jpg

廊下にはガラリが見えます。
これは、床下冷暖房システム用の
ステンレスのガラリですね。

IMG_1530.jpg

無垢フローリングの床には木製のガラリが
採用されていました。
要所要所にいい仕事されています。

IMG_1507.jpg


さて、この現場は中間気密測定は、
C値 = 0.37cm2/m2でした。

気になる、完成気密測定の結果は...。



IMG_1506.jpg


C値 = 0.45cm2/m2 の高気密でした。
(表示は四捨五入により0.5cm2/m2)


中間気密 0.37cm2/m2に対し
完成気密が 0.45cm2/m2と
気密が 0.08cm2/m2 しか落ちていません。

通常、中間気密 → 完成気密にかけて 0.3cm2/m2ほど
落ちることを考えると後工程(器具付け、配線の引き込み、仕上げ)が
とても優秀だったといえます。

ただ、あと0.01cm2/m2 気密が良ければ
C値 = 0.4cm2/m2になっていたので
監督さんは悔しがっていました。(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年03月17日

復 活 妻のつぶやき


カードが復活したので早速にネットで買物をしました。

IMG_1714.jpg

『えごまオイル』は旦那が良い…と信じて、使い続けています。

IMG_1725.jpg

デコポン、ガーデニング用ホースも買いました。

IMG_1689.jpg

寒い日にホースも中の水も凍ってたとき、車で踏んだらしくホースが切れて水が激しく

漏れるようになりテープで補修してたのですが、それでもだだ漏れしていました。

取り付けは旦那と健太郎の2人でしてくれました。

新しいホースは巻取りもスムーズでとってもいいです。

IMG_1688.jpg

この1ヶ月、カードが使えなかったので計算しながら買い物をしていたのですが、

この方が無駄なものは買わないし、頭の体操になってボケ防止になるかな…?

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年03月16日

閉店セール 妻のつぶやき


家から1番近いスーパーは『Aコープ』で、1`しか離れてなく車だと2から3分で着きます。

その『Aコープ』が店舗改装の為『閉店セール』をしました。

InkedIMG_1720_LI.jpg

午後4時から『売り尽くしセール』をする…とのことなので行ってきたのですが、

家を4時20分に出たのに駐車場は満杯で、そして商品は何にもありませんでした。

IMG_1716.jpg
IMG_1721.jpg

それでも店内に人が右往左往していて、1つのコーナーに沢山の人が集まっていました。

IMG_1722.jpg

お肉の売り場で店員さんが半額のシールを貼っていたのです。

これはたいへん、私も強引に割り込んで4パック買ってきました。

IMG_1723.jpg

牛肉はすでに売り切れていて豚肉しか残っていなかったのですが、

これだけでもゲットできて良かったです♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年03月15日

あれえ!もう桜が咲いている!


今年の冬は暖冬でしたね。

車で走っていると自宅近くのえびす山の桜が何となくピンクぽいので、行ってみるとなんと桜の花が咲いていました。

IMG_7188.JPG

IMG_7185.JPG

3月12日にして花見ができるとは驚きです。

IMG_7183.JPG

このえびす山の土手の裏は日本海です。

IMG_7189.JPG

強い海風に吹かれても美しい花を咲かせる桜、生命力と自然の営みを感じます。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年03月14日

タイヤ交換と重量測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_1474.jpg

休日、とてもいい天気だったので
重い腰を上げてタイヤ交換しました。

IMG_1487.jpg

うちのメインカーは
ホンダのフィットハイブリッド 2台です。(新旧)
奥様はFIT2(右)、私のはFIT3(左)になります。

ただ、タイヤ交換するのも面白くなかったので
タイヤ&ホイールセットの重量を測ってみました。


それでは重い順からのランキング!

IMG_1479.jpg

第4位 鉄チンホイール&スタッドレス。(FIT2用 15インチ)
重量 15.2kg。

やっぱり純正ホイールです。鉄ホイールは重い。


IMG_1482.jpg
IMG_1476.jpg

第3位 メーカー不明ホイール&スタッドレス。(FIT3用 15インチ)
重量 14.0kg。

メーカー不明ですが、軽量の部類のホイール。(キャップだけOZ)
この結果から純正鉄ホイールはがんばっていると言えますね。


IMG_1483.jpg
IMG_1485.jpg

第2位 BBS RGU-OPEN & ルマンV。(FIT2用 15インチ)
重量 12.0kg。

流石ですBBS。軽量ですね。
ホイールのみでは5.2kgです。


IMG_1475.jpg

第1位 BBS RGU-OPEN & エナセーブプレミアム。(FIT3用 15インチ)
重量 11.3kg。

実は私の趣味により、色は違えど全く同じBBSホイール。
重さが700g軽いのは、エコタイヤだからなのです。
タイヤの燃費性能AAAは、伊達ではありませんね。

IMG_1484.jpg

ちなみにホイールナットは
超軽量アルミナットです。(ジュラルミンより軽いモノを使っています)
純正と比べて16個で1kg軽くなりました。
ナットを持った感じは、紙のように軽いです。


あと一般的に...。
バネ下荷重(タイヤの重さなど)の軽量化は
バネ上荷重(サスペンションより上のモノ、エンジンやボディなど)の
10倍軽量化と言われています。

ということは、
冬タイヤ → 夏タイヤに変えて 1本 約3kgの軽量化。
4本で、12kgの軽量化。
ばね上荷重に換算すると120kg軽くなったと言えます。


IMG_1488.jpg

あと空気圧も大切ですよ。
通常、ボディに貼られている
メーカー推奨の空気圧を入れていると思います。

IMG_1489.jpg

私の場合は、
フロント 3kg/cm2。
リア    2.6kg/cm2。

すこし、ゴツゴツしますが
4〜5km/Lほど燃費がよくなります。


もうやめていますが
一時期、燃費走行にハマり(全国の人達と戦っていた)
最高、リッター 51.55km。
1度の給油で 2,156.3km 走ったことがあります。
一般車に迷惑をかけない速度で走って。)

どなたか、記録を抜いて頂ければ
燃費熱が再発するかもしれません(^^♪




posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
2019年03月13日

残雪の山が美しい春


3月9日(土曜日)は天気快晴で仕事途中で気分転換に近くの遣水観音山に行きました。

頂上から日本海の青い海、反対側は残雪の真っ白な白山、大笠山、笈ケ岳、烏帽子山など残雪の美しい山に癒されました。

IMG_7167.JPG

IMG_7168.JPG

IMG_7173.JPG

IMG_7170.JPG

IMG_7171.JPG

単独の3人ずれ、(一人は外人さん)、夫婦連れ2組の人達と出会いました。

夫婦連れの方は観音山霊水汲みに来て天気がよいので、初めてこの山に登ったということで頂上から眺めが最高だと楽しんでいました。

気分転換してすぐ帰宅、また仕事、山行くと頑張る元気が不思議と湧いてきますね。




posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年03月12日

気密測定、ペレットストーブの熱をタイル床13帖に蓄熱のお家の熱容量


3月5日は荒井好一郎建築設計室様(富山市水橋)の富山市のイナーパティオの13帖のペレットストーブのある完成時の大豪邸(富山市)の気密測定でした。

IMG_7149.JPG


駐車場から玄関へのアプローチには井戸があり、丸い川石とドウダンツツジや石楠花など和風の趣の素敵な玄関でした。

IMG_7150.JPG

IMG_7151.JPG

片引き木製製作玄関戸を開けるとなんと一面のタイル床でこのインナーパティオのタイル床が13帖もありました。(タイル床の全体の写真を撮り忘れていました)

IMG_7131.JPG

パティオの中の2階へは吊階段になっています。

IMG_7133.JPG

そのインナーパティオにペレットストーブがあります。

IMG_7137.JPG


家の中心のパティオの上は抜き抜け大空間です。

IMG_7134.JPG


パティオを中心にモダンな畳と床の間、天井はよしず張りの船底天井は素晴らしい匠の技を感じます。

IMG_7140.JPG

IMG_7142.JPG

IMG_7141.JPG


また格子の建具、障子戸など伝統的な和風は今ではめったに見れません。

IMG_7148.JPG

IMG_7138.JPG


庭の植栽と高岡金物のモダンな雨トイが素敵でした。いつまでも庭を眺めていたい素晴らし庭でした。

IMG_7143.JPG

IMG_7144.JPG

IMG_7146.JPG

IMG_7145.JPG


気密測定は、とても良い気密C値でした。

IMG_7129.JPG

荒井様はこのタイル床にペレットストーブの熱を蓄熱させて家全体の暖房まで考えられ、設計したと言われました。

基本は熱の逃げにくい高気密高断熱住宅だから蓄熱効果がでます。

このお家の蓄熱容量を計算してみました。

タイル厚み10mm、タイル下コンクリート30mmまでペレットストーブの熱が25℃蓄熱されるという条件の計算です。

タイル床面積 21.29m2の広さでした。

タイルは容積比熱624kcal/m3℃、コンクリート容積比熱481kcal/m3℃です。

タイル10mm 21.29m2×0.01m=0.2129m3
@タイル蓄熱量 0.2129m3×624Kcal×25℃=3321Kcal

コンクリート30mm 21.29×0.03=0.6387m3
Aコンクリート蓄熱量 0.6387×481×25=7680Kcal

合計 @3321+A7680=11001Kcal

11001÷860=12.79Kw

計算してみると12.79KWも蓄熱されます。

なんと5.6Kwのエアコン2.3台分となります。

気密、断熱の性能の高いお家なので、真冬さぞかしペレットストーブで温かいお家になると思います。







続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温熱環境
最近のトラックバック