2019年04月11日

石川県かほく市七窪で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_1973.jpg

4月5日は、石川県かほく市七窪で トラスト住建鰍ウまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_1974.jpg

IMG_1975.jpg

現場はとても明るく、整理整頓がキチンとされた
とてもきれいな現場でした。

IMG_1984.jpg

吹き抜けの形状が台形です。
事前に気積の計算をするのですが
この現場は下屋も多くなかなか大変でした。

IMG_1980.jpg

いつものように
外回りの配管の目張りをチェックします。

IMG_1981.jpg

あらら...。
熱で目張りのテープが浮いています。
このままだと気密が漏れ漏れなのでしっかり目張りしました。

IMG_1989.jpg

室内の排水配管はコーキングで気密処理。
配管の目張りはとてもきれいにされていました。

IMG_1977.jpg

サッシはYKKのAPW330。(樹脂ペアガラス)
いつものようにサッシ屋さんがサッシ調整してくれました。

IMG_1978.jpg

サッシ周りは、まるでマスキングしたかのように
きれいにコーキングが入れてありました。(気密処理)

IMG_1992.jpg

断熱はアイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_1982.jpg


さて、気密測定の結果はいかに...。


IMG_1987.jpg


C値 = 0.21cm2/m2 の超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.2cm2/m2)


IMG_1995.jpg

この結果に監督さんは満足されず、
気密測定器で減圧して気密漏れをチェックしながら
気密施工していきました。

やはり気密測定は測定だけでなく
C値の改善(気密の改善)を行うのが醍醐味。


IMG_1994.jpg

その甲斐(監督さんの頑張り)あって
C値 = 0.15cm2/m2 まで気密が上がりました。
(表示は四捨五入により 0.2cm2/m2)

IMG_1986.jpg

監督さんは、気密アップにとても喜び
測定結果を撮影されていました。

8cm2の隙間を埋めて、気密を改善したことになるのですが
小さな隙間を1ずつ潰していくのには
時間もそれなりにかかり大変でした。
また、『あと 2cm2』の隙間を埋められていたら、
C値が 0.1cm2/m2 に届いたことを
悔しがっていました。

次の現場こそ、C値 = 0.1cm2/m2達成を
期待しています(^^♪




posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック