2019年04月25日

富山婦中町、藤ケ池、カモシカに遭遇


21日(日曜)は富山市婦中町の完成引き渡し前と、金沢市の同じく完成引き渡し前住宅の換気の取り扱い説明でした。

富山は午後1時、金沢は夕方4時半とかなり時間が空いていたので、婦中町の国道の近くの山の中に池があるの知ってどんな池だろうかと、この空いた時間に池の探索をしました。

IMG_7401.JPG

IMG_7419.JPG

藤ケ池とう池の歴史を刻んだ石碑を読んでみると、むかしこの地域の農家の人は山田川から水を引いていたところ、夏は渇水のため村同士の水争いで裁判まで起きたとうことで辺呂川をせき止め灌漑用水のダムを富山県がつくって村同士の争いが無くなり平和になったと書いてありました。

IMG_7416.JPG

池の周りに少し道があり歩いてみました。

初めて歩く知らない冒険のワクワクの道です。

山の断崖の池のほとりから池を眺めると白木蓮のような花が水面に映えきれいです。

IMG_7405.JPG

IMG_7407.JPG

入り組んだ池に渡り橋が見えます。

IMG_7415.JPG

橋まで行く途中道の傍には白い花の木と農家の庭先には真っ赤な木の花が燃えるようです。

IMG_7409.JPG

IMG_7413.JPG


少し藪漕ぎをして通行止めの橋を恐る恐る渡りました。

IMG_7410.JPG

橋の真ん中から見ると池のほとりには新緑の木がきれいです。

IMG_7412.JPG

橋から向こうは道がなく同じ道を戻ります。

何やら動くものが見えます。

よく見るとなんとカモシカ。

逃げない内にと慌ててカメラを向けると木の枝の向こう姿を隠して残念ながら、カモシカの顔は写りません。すぐ近くはもう婦中町の街並みがあるのに、まさかカモシカと遭遇するとはびっくりです。

IMG_7414.JPG

まず人がほとんど入らない、藤ケ池はまだ自然が残って良い所でした。
続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のトラックバック