2019年05月04日

茶臼山と星空観察会


茶臼山自然休暇村は標高1230m、茶臼山は1415mあり愛知県で一番高い山です。

IMG_7449.JPG

IMG_7448.JPG

IMG_7509.JPG

山好きな私は早朝、茶臼山の頂上まで登りました。

早朝なので誰一人も登っていません。

なだらかな山と思っていましたが、結構、木の階段が多く、寒さも吹っ飛び、汗ばむほどの登山道です。

IMG_7495.JPG

IMG_7496.JPG

頂上からは南アルプスの白い山並みがきれいに見えました。

IMG_7497.JPG

IMG_7498.JPG


IMG_7499.JPG

IMG_7474.JPG

眼下には休暇村の赤い屋根が見えます。

IMG_7500.JPG

向の山にはスキー場のリフトが見えます。

IMG_7501.JPG

この日は休暇村の1ケ月一度のイベントで星空観察会がありました。

星の会のボランティアの人が宿泊者のために春の星座をスクリーンで勉強する説明会をしてくれました。

IMG_7456.JPG

北斗七星の位置や、今話題の小惑星探索の人工衛星はやぶさのことや、ブラックホールM87の映像などで詳しく教えてくれました。

IMG_7463.JPG

勉強会が終わり、休暇村の前の丘から星空をながめ北斗七星がどこの位置かとか、望遠鏡も用意され、子供連れの家族の人たちがしきりに空を眺めていました。

IMG_7464.JPG

日頃平地では周りが明るいので満天の星はなかなかみれませんが、ここは1230mの高い場所で周りには明かりがほとんどなく満天の星です。

日頃仕事ばかりで星空を眺める余裕がない自分に、昔の小学生の時のように童心に戻って、星や宇宙について考える貴重な時間をすごすことができました。

残念ながら、デジカメでは満天の星は写りませんでしたが、ボランティアの人には感謝です。

ありがとうございました。



続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のトラックバック