2019年06月05日

金沢市つつじが丘で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_3132.jpg

6月3日は、金沢市つつじが丘で杉山真設計事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_3134.jpg

IMG_3137.jpg

現場は軒の大きなデザイン。
リビングの大開口サッシからはやわらかな光が
差し込んでいました。

IMG_3139.jpg

いつものように外回りの配管目張りを
チェックします。

IMG_3140.jpg

あれ...。
エアコンの先行配管の目張りが無いと
中を覗くと

IMG_3141.jpg

気密用粘土がしっかり入っていました。
一応、気密テープでしっかり目張りしました。

IMG_3143.jpg

室内側から確認したところ配管内部に
これでもか!というほど粘土が詰め込んでありました。
配管周りはコーキングで気密処理。バッチリですね。

IMG_3156.jpg

気密が漏れやすいホールダウン金物まわりは
コーキングで気密処理。

IMG_3160.jpg

床の気密は床を伏せる前に
断熱材と柱周りを気密テープで気密処理。

IMG_3149.jpg


サッシはリクシルのサーモスX(アルミ複合トリプルガラス)。


IMG_3150.jpg

サッシ周りはコーキングで
気密処理されていました。

IMG_3153.jpg


断熱材は ウッドファイバー。


IMG_3138.jpg

気になる気密測定の結果は
いかに...。

IMG_3145.jpg


C値 = 0.56cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により、0.6cm2/m2。

IMG_3146.jpg

杉山真設計事務所さまでは C値=0.5cm2/m2以下に
設定しているため、気密測定器で減圧して
C値の改善(穴を塞ぐ)を図ります。


大工さんと頑張ってC値改善した結果は...。


IMG_3148.jpg


C値 = 0.48cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により 0.5cm2/m2。

IMG_3147.jpg

家全体の隙間が 64cm2 → 55cm2 と
9cm2も 改善されました。
測定結果に 杉山さまはひと安心。(設定値 0.5cm2/m2 クリア)
結果を撮影されていました。

やはり気密測定の醍醐味は、C値改善作業です。
頑張ってもなかなか改善しないこともありますが
数値に反映されたときは 私もかなりうれしいです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック