2019年08月07日

長野市で気密測定


8月3日(土)は長野市で気密測定でした。

IMG_8070.JPG

施主様から何度もメールと電話で気密測定の依頼があり、私の「気密工事チエック写真集」など送り、施主様に気密に関していろいろお話をさせていただいた住宅で中間工事中の気密測定です。

施主様は気密断熱をとても勉強されている人でした。

元請け会社はハーバーハウス長野支店さまです。

IMG_8071.JPG

ハーバーハウス様の現場はもちろん初めて測定です。

自宅から270km、3時間半ほど走り、現場に着いたのが9時40分でした。

床,XPS断熱、壁、天井はセルロースファイバー、窓はYKK APW330、真空トリプルガラス、玄関ドア、YKK イノベストD50の施主様のこだわりのハイグレード仕様でした。

IMG_8059.JPG

IMG_8064.JPG

ハーバーハウス様も、長野市の測定も私には初めてでしたが、事前に写真集をお送りしていたので、大工さんは窓回りすべてコーキング、間仕切り壁と天井部分は木の下地板をいれウレタン注入などとても丁寧な仕事をされていました。

IMG_8065.JPG


IMG_8069.JPG

真夏のこの日が外気が37℃ちかく、室内は30℃ほどで、測定中は窓を締め切るので、汗だくだくの測定です。

IMG_8066.JPG

セルロースファイバーに気密シート貼りと気密テープなのでどうしても気密テープが暑さの熱で浮き気味になります。

大工さんと、監督さんは気テープの浮きがないかチエックし浮いている箇所はもう一度押さえ直ししていました。

IMG_8068.JPG

私も電気の配線周りなど漏れはないかとチェックしました。施主様も漏れがないか汗を拭きながらチエックされていました。

IMG_8061.JPG

IMG_8058.JPG

約2時間余り漏れがないか確認して、施主様、大工さん、監督さんが測定結果を確認されました。シート貼りとしては良い気密C値でした。

IMG_8057.JPG

IMG_8056.JPG


施主様からは10月ごろに完成予定でその時も私にぜひ測定してほしいと話されました。

施主様は自分の目で気密工事と測定に立会して数値を確かめたかった思いがあり秋の完成時の測定結果がどのくらいの気密C値になるか知りたいと言われました。

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック