2019年10月01日

福井県鯖江市住吉町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_4961.jpg

9月20日は福井県鯖江市住吉町で 伊藤瑞貴建築設計事務所さま監修、
竃k川さまの現場の気密測定を行いました。

IMG_4972.jpg

IMG_4960.jpg

1階、2階ともサッシが連続する設計のためとても明るく
窓からの眺めがパノラマで広がりがありました。

IMG_4973.jpg

1階の床は1段下がった箇所がいくつもあり
完成が想像できない状態でした。

IMG_4962.jpg

さて、外回りの目張りを
確認します。

IMG_4963.jpg

CD管が丁寧に目張りされていました。
配管のまわりはコーキングで気密処理されていました。

IMG_4965.jpg

換気システムの配管でしょうか。
きれいに目張りされていました。

IMG_4966.jpg

室内の排水配管の周りも
コーキングによる気密処理。

IMG_4967.jpg

ホールダウン金物のまわりも
コーキングで気密処理。
ホールダウン周りは けっこう漏れやすいのです。

IMG_4974.jpg

ユニットバスの給水配管まわりも
コーキングによる気密処理。

まとめ配管ではなく1本ずつ
しっかりコーキングされています。

IMG_4978.jpg

サッシはリクシルのサーモスH2。
(アルミ複合ペア)

IMG_4979.jpg

サッシ周りもコーキングによる
気密処理。

IMG_4958.jpg


気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_4984.jpg


C値 = 0.34cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_4969.jpg

伊藤瑞貴建築設計事務所の設計士さんは
測定結果をとても喜び、写真を撮られていました。

IMG_4970.jpg

測定前に 竃k川の監督さんと大工さんが
気になるところを徹底的にコーキングしたのが
効いていると思われます。

ウレタン断熱は比較的、良い気密を出しやすいのですが
しっかりポイントを抑えた気密処理しないと
1cm2/m2切れないことも多々あります。

今回の測定後は、皆さんとても笑顔だったので
私もハッピーでした(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック