2019年10月15日

福井県坂井市丸岡町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_5363.jpg

10月7日は 福井県坂井市丸岡町で 日の丸工務店さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_5374.jpg

IMG_5375.jpg

室内は とてもきれいに清掃されており
大開口のサッシから朝日が差し込む
気持ちのいい現場でした。

IMG_5380.jpg

壁の断熱材を見たとき
「プレウォール工法ですか?」と
聞いたところ
『いいえ、断熱材は自分たちではめて
施工しています』と言われました。

IMG_5381.jpg

ネオマボードがとてもきれいに
施工されています。
コーキングも幅10mm以上あり
しっかり押さえてあるのが分かりました。

コンセントボックスの取り付け部は
しっかり空間を作って施工されています。
こりゃ メチャクチャ時間が掛かる
仕事ですよ。

IMG_5377.jpg

サッシは 三共アルミの
トリプルスマージュ。(樹脂トリプルガラス)

IMG_5378.jpg

サッシ周りはコーキングによる
気密施工がされていました。

IMG_5388.jpg

ダクティング(配管)を見たとき
換気システムはマーベックスの澄家DCと分かりました。

IMG_5386.jpg

基礎断熱なので床下は室内扱い。
ダクト周りはしっかりコーキングされていました。

IMG_5390.jpg

その他の配管も同様に
コーキングされていました。
基礎断熱の場合、配管周りは穴が開いたままが
多いのです。
ゴミが落ちないよう、換気が計画どおりに回るよう
丁寧な仕事をされています。

IMG_5383.jpg


屋根の断熱はウレタン吹付断熱。


IMG_5384.jpg

サッシから緑豊かな山並みが
見えました。

IMG_5371.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_5368.jpg


C値 = 0.17cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_5370.jpg

この結果に立ち合いされたお施主様は
とても喜んで結果を確認されていました。

これはすごいですね。
プレウォールでも 0.2cm2/m2を切ることは
かなり難しいです。

断熱材を施工するとき
細部に至るまで丁寧に気密処理しないと
出ないC値です。

次回の気密測定が楽しみです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック