2019年11月18日

石川県羽咋郡志賀町里本江で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_5745.jpg

10月23日は、石川県羽咋郡志賀町里本江で
トラスト住建鰍ウまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_5739.jpg

現場は母の実家にめちゃ近い場所(とぎ)。
世界一長いベンチで有名な場所です。

IMG_5743.jpg

今はベンチと共にかなりの数のLEDライトが
埋め込まれていたのですね。
夜に見に来たかったなぁ。

IMG_5746.jpg

IMG_5767.jpg

現場はとてもきれいに清掃されていました。
よく見るとサッシのほとんどが引き違い。
引き違いサッシは気密に少し不利ですが
トラストさまなら大丈夫でしょう。

IMG_5765.jpg

そう思っていたらサッシ屋さんが来て
サッシ調整を始めました。
金沢から90分、お疲れ様です。

IMG_5758.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_5759.jpg

サッシ周りはコーキングによる
気密処理。

サッシ枠の組みの部分は
気密テープによる気密処理。
少しウレタンにかかるように
施工してあるのがいいですね。(隅からの気密漏れを防ぐ)

IMG_5762.jpg

断熱材は 屋根、壁、床 共に
アイシネンのウレタン吹付断熱。
きれいに吹かれてました。

IMG_5763.jpg

剛床の繋ぎや 柱の立ち上げは
気密テープによる気密処理。

IMG_5761.jpg
IMG_5760.jpg

玄関まわりの基礎と土台の取り合いは
コーキングによる気密処理。
ここまで極太コーキングで埋めた現場は
見たことありませんね。(気密パッキンが見えない、効きそう〜。)

IMG_5750.jpg


さて、気になる
気密測定の結果は...。


IMG_5766.jpg


C値 = 0.15cm2/m2 の 超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_5756.jpg

C値が 0.14cm2/m2だったら、
0.1cm2/m2に届くので気合が入ります。
(C値は小数点第2位を四捨五入なので)

監督さんと大工さんは柱と断熱材の隅を
埋めるように気密テープを永遠に貼られていました。

さて、再測定の結果は
いかに...。

IMG_5773.jpg


C値 = 0.14cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_5770.jpg

監督さんは 測定結果に満足して
写真を撮られていました。

今回、C値改善(隙間埋め作業)で
1cm2しか埋まらなかった訳ですが
この1cm2で 0.1cm2/m2に届いたので良しです。

αA(家全体の隙間)が 18cm2。
n値(隙間特性値 1 〜2)が1.03と
全体的にレベルが高いのも見逃せません。

また大工さんの記録更新されたことが
良いモチベーションに繋がります(^^♪



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック