2019年11月19日

金沢市古府町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_5971.jpg

11月5日は、石川県金沢市古府町で
安藤建築事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_5975.jpg

現場は外壁工事の最中。
趣のある木の外壁。

ウイルルーフという商品で
ウエスタンレッドシダーを基材とした
優れた防腐性能・耐久性能に優れた
天然木の屋根材なんですね。
それを贅沢に壁材として採用されていました。

IMG_5965.jpg

IMG_5969.jpg

現場は大きな吹き抜けがある
開放的な明るい空間でした。

IMG_5990.jpg

断熱材は 旭ファイバーグラスの
高性能グラスウール アクリアα36kg 。
チクチクしない高級グラスウールです。

IMG_5981.jpg

サッシはYKKのAPW430。(樹脂トリプルガラス)
サッシ周りもユラソールで気密処理。

IMG_5980.jpg

床の剛床の繋ぎ、柱の立ち上がりは
高性能気密テープ(ユラソール)で気密処理。

IMG_5992.jpg

壁は調湿機能がある
タイベックスマート(気密シート)を
ユラソールで貼り合わせて気密処理。

IMG_5977.jpg

気密シートが かまぼこ状に盛り上がるくらいに
グラスウールが充填されていました。

IMG_5978.jpg

IMG_5984.jpg

柱と壁の取り合い、天井周り、
土間まわりもユラソール気密処理。

IMG_5964.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_5983.jpg


C値 = 0.29cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_5967.jpg

その測定後に C値改善(隙間埋め作業)で
安藤社長と社員の皆さんで隙間を探しましたが
見つかりませんでした。

再測定するも結果は同じ...。

0.29cm2/m2は とても良い気密です。
ただ、安藤建築事務所さまの施工方法だと
以前は 0.1前後を出されており、その差の
原因が解らないのは気持ちが悪い。

IMG_6104.jpg

自分なりに思いつくことを調査中で
原因が解れば報告いたします。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック