2020年01月06日

15年前の換気、エアロバーコのメンテ


スエーデンのガデリウス換気の代理店をしている私のところに、同じスエーデンの同業メーカーのエアロバーコのメンテの依頼がありました。

このお家に最初訪問したときはモーターが止まって動かなかったのですが、元請けの工務店の担当者がモーターの復帰スイッチを押してモーターが動いたので、後日排気口と給気口のメンテをしてほしいとお客さんから再度言われ、再訪問してメンテをしました。

15年間掃除を全くされていないので排気口はかなり汚れています。

IMG_9152.JPG

IMG_9148.JPG


排気口のダクトの入口もきれいに掃除です。

IMG_9153.JPG

給気口のパッコンのフィルターもボロボロです。

IMG_9149.JPG

IMG_9150.JPG

給気口のバネを外し解体し新しいフルターと交換です。

IMG_9155.JPG

IMG_9156.JPG

IMG_9157.JPG

IMG_9151.JPG

メンテしている最中にモーターが止まってしまい、復帰スイッチを押しても動きません。

メーカーに問い合わせをしたところ本体の蓋の裏と一体となっているモーターを蓋ごと取り外し
送ってくれば、新しいモーターを送りますとのことでした。

ガデリウスはモーターのみ取り寄せて、こちらで取替ができるのでその場で直せます。

二度手間が省け、お客さんに時間を掛けず修理できます。

同じスエーデンの換気メーカーでもメンテのやり方が違うことを知りました。

お客様が給排気口を掃除していれば、まだモーターは動いていたと思います。

ガデリウスは定期的にメンテをしているお家では28年間、モーターの取替なして風量計で測っても新築の時と同じで全く風量も落ちておらず、回っているお家があります。

メンテをするかしないかではモーターの寿命に天と地の差があり、メンテはとても大事ですね。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
最近のトラックバック