2020年01月10日

石川県金沢市新神田で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_7025.jpg

1月8日は 石川県金沢市新神田で
杉山真設計事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_70251.jpg

ガラス張りのコーナーサッシが
カッコいいですね。
まるでエレベーターがあるように
見えました。

IMG_7002.jpg

IMG_7013.jpg

とてもきれいに清掃された現場で
コーナーサッシは養生で隠れていましたが
かなり明るい室内でした。
大工さんに聞いたところ
この現場は2階リビングのようです。

IMG_7006.jpg

それでは、外回りから
点検します。

IMG_7007.jpg

換気システムのダクトでしょうか。
丁寧に目張りされていました。

IMG_7008.jpg

おっと
エアコン配管の目張りが
浮いていました。

IMG_7010.jpg

室内の排水配管の目張りは
少し浮いていました。
配管周りはコーキングにより
しっかりと気密処理されていました。

IMG_7014.jpg

サッシは、リクシルのサーモスX。
アルミ複合ペアガラス。

サッシ周りはウレタンで
気密処理されていました。

IMG_7016.jpg

断熱材はウレタン吹付断熱。
柱幅いっぱいに吹かれていました。

IMG_7017.jpg

屋根の断熱は ウレタン吹付断熱+グラスウール。
室内側でダブル断熱仕様(付加断熱)。

室内側がグラスウールだと
音の吸音性がいいですね。
1階より圧倒的に吸音されている
体感がありました。

IMG_7002.jpg

床の断熱は ジュピー 120ミリ。
その上に気密シート(透湿する)を貼ってから
剛床を載せています。
凄いっすね(^^♪

IMG_7001.jpg


さて、気になる
気密測定の結果は...。


IMG_7023.jpg


C値 = 0.18cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_7021.jpg

この結果に杉山さんをはじめ
大工さん、監督さんはとても喜ばれていました。
大工さん曰く、杉山レコード(新記録)が
出たようです。

ウレタン吹付断熱は いつも使われている
ウッドファイバー(木の断熱材)より
気密が取りやすいですが
ウレタンの下地材で気密処理されてたり(外側)
床に気密シートが貼られていたりと
相当手間が かかっています。

新年初の気密測定で
良い現場を測らせて頂きました(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック