2020年03月11日

街中歩き 内灘砂丘の歴史と海


4月7日はとても天気が良く、いつもの街中歩きで石川県の内灘町を歩きました。

まずは内灘砂丘の白帆台団地から歩きます。

IMG_9559.JPG

新しい住宅が建ち並び、高台からは富山の北アルプスの白く輝いた山々がきれいでした。

IMG_9562.JPG

IMG_9564.JPG


IMG_9565.JPG

団地から海側に広がる砂丘地の畑の中を歩きました。

IMG_9568.JPG

IMG_9570.JPG

IMG_9572.JPG


IMG_9571.JPG

一人ぽつんと草むしりしていたおばさんに今は何を植え取られるのですかとお聞きすると、「これ玉ねぎよ」と言われました。

IMG_9576.JPG

砂地にきれいに植え付けられた玉ねぎです。

IMG_9577.JPG

ここからいったん内灘の海まで歩きです。

IMG_9596.JPG

IMG_9597.JPG

海の潮騒と清々しい風を頬にうけながら、もう一度道歩きに戻ります。

IMG_9578.JPG

この内灘砂丘の歴史には過去に内灘闘争があり、その跡地をぜひ見たくて歩いていると砲撃着弾場の看板を見つけました。

IMG_9579.JPG

人がほとんど歩いていない草生した道を歩くと、小高い丘の上に古いコンクリートの塊を見つけました。

IMG_9582.JPG

IMG_9585.JPG

内灘闘争を調べると朝鮮戦争に出軍した米軍が砲弾の正確さや不発弾など実験するために国がこの内灘砂丘地を実験場として米軍に提供したことから始まったのです。

砲撃の音や振動などで魚がとれなくなった、畑ができない、米軍が来て治安が悪くなるなど住民の反対運動が巻き起こったのです。

当時の内灘村を二分する反対、賛成派の闘争だったと記事に書かれていました。

結局3年間米軍がこの砂丘を砲弾実験場としたのです。

草藪のいばらを払いながら近づくと、この砲弾実験場の案内板がありました。


IMG_9584.JPG

コンクリートの入り口の扉はもうなく、中に入ると部屋の中に細い横長の窓からうす暗い明かりが差し込んでいました。

IMG_9587.JPG

IMG_9586.JPG

ここが問題の砲弾実験場の着弾だったのかと本や記事で知った内灘の歴史を目の当たり見て、内灘の昔の人々の闘争の苦労を少し感じました。

砲弾着弾場を後にして、歩くと室青塚の看板がありました。

大昔の内灘の歴史を語る祭壇があり、そこにはいろいろな色の鮮やかな椿の花が咲いていました。

大昔、外国から来た人がこの地に住まいしたようです。

IMG_9601.JPG


IMG_9606.JPG

IMG_9603.JPG

IMG_9604.JPG

IMG_9605.JPG

IMG_9608.JPG

IMG_9607.JPG

帰りも北アルプスを見ながらの歩きです。

IMG_9611.JPG

地の新しい遊園地に遊ぶ子供たちの元気な声を聴きながら、自分の車に戻り、時計を見ると3時間余りの歩きでした。

IMG_9613.JPG

内灘町の発展している団地の新しいものと、町の歴史を少し学べた街中歩きでした。









posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年03月10日

三菱ロスナイセントラル換気、風量測定、流量調整


3月6日は今川建築様の完成引き渡し前の換気の風量測定と流量調整でした。

三菱1種換気ロスナイセントラル換気です。

まず最初に風量を測定します。

IMG_9544 (1).JPG

IMG_9545.JPG

風量の過不足をみて、換気本体についている運転の基本のモード数値を調整します。


IMG_9550 (1).JPG

IMG_9549.JPG

IMG_9551.JPG

そうした後再度各部屋の風量と排気、給気口の風量調整板で換気風量の調整です。

施工が丁寧でよく空気が回っていました。

IMG_9548 (1).JPG

LDKの黒のアイアンと木の手すりの階段が素敵ですね。

IMG_9552 (1).JPG

明るい吹き抜けと和室のモダンな畳がいい感じでした。

IMG_9554.JPG

IMG_9555.JPG

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 換気
2020年03月09日

海のイタリアンレストランで契約会



3月5日は富山県魚津市の伊田直樹建築設計様の会社とお施主様と業者の契約会でした。

場所は滑川市の海のホタルイカミュージアム館のすぐ横の滑川漁港の海に面したイタリアンレスランでした。

IMG_9536.JPG

IMG_9534.JPG


IMG_9535.JPG

契約会はまずお施主との契約書に印紙とハンコを押してから始まります。

そして食事会の時、各業者の人が自己紹介と自分の仕事のことをお施主様にお話します。

お施主様はご自分の住宅を建ててくれる業者の各専門のプロから話の説明を聴き安心されようでした。

IMG_9541.JPG

通常は設計事務所、住宅会社、工務店さんの担当者とお施主様と契約の話ですが、こうして施主様と各業者の責任者と話す機会は殆どありません。せいぜいあっても上棟した後現場で顔を合わす程度です。

お施主様はどんな人が家を建ててくれるのか、業者はお施主さんどんな人なのかが気になるところです。

こうして元請け、施主さん、業者が着工前に顔を合わし言葉を交わすことでより一層お施主様が満足していただける住宅を完成し引き渡しまで業者は力が入ります。

ご主人、奥様、可愛い女の子の2人の娘さんと食事し会話ができ有意義な契約会でした

IMG_9537.JPG

IMG_9543.JPG

IMG_9542.JPG
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年03月08日

新聞に載りました 妻のつぶやき


孫の菜々ちゃんがの描いた『イラスト』が新聞に載りました。

IMG_4190.jpg

白山市は災害時の状況を伝える言葉を手話で表現するのをまとめたパンフレットを作り、

菜々ちゃんは手話のイラストを描いた…と新聞に書いてありました。

IMG_4186.jpg

『パンフレット』といっても15ページにもなる冊子で、地域の施設名や日常会話が

市議会等で頻繁に出てきて手話で伝わりづらかったため手話通訳者と聴覚障碍者が

一緒に作ったとあり、菜々ちゃんはイラストを70枚も描いて参加しています。

IMG_4185.jpg

その『パンフレット』が見たくて

『ラスパ』『めぐみ白山』とあちこち行って探してみたのですがありませんでした。

IMG_4180.jpg

新聞をよ〜く読んでみると市民向けの『出前講座』で配り、

聴覚障害のある人とのコミュニケーションをとる手段にしてもらう…とありました。

『出前講座』って??

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年03月07日

タピオカ 妻のつぶやき


初めて『タピオカ』を食べました。

IMG_4159.jpg

息子とエムザに行ったとき、孫たちが「喉がかわいた」と言うので

飲み物の売っているお店に行ったとき、そこにタピオカがあったのです。

IMG_4162.jpg

去年あたりからインスタ映えする…といってタピオカが人気になっていたので、

私も1回は食べてみたい…と思っていました。

食べた感想は、もちもちしていてこれが飲み物??

IMG_4165.jpg

旦那にもお土産に買ってきましたが…全然映えません!!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年03月06日

富山県富山市粟島町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_8392.jpg

2月21日は 富山県富山市粟島町で
轄造さまの現場の気密測定を
行いました。

IMG_8395.jpg

サッシ周りのデザインがカッコいい。
窓のひさしがコの字型になっていました。
大工さんに聞いたところ
めちゃ大変だったとのこと。

IMG_8388.jpg

IMG_8389.jpg

大開口サッシから眩しいくらいに
光が差し込む室内でした。

IMG_8404.jpg

測定前にまず気密処理します。

ここは基礎断熱の現場。
水抜きの穴をウレタンで
埋めてもらいました

IMG_8405.jpg

基礎貫きのユニットバスの
給湯、給水配管周りもウレタンで気密処理。

大切なのは配管と配管の隙間に
ウレタンをしっかり充填すること。
はみ出したウレタンは後にカットします。

IMG_8408.jpg

いつものように玄関下端の
気密の強化。

IMG_8411.jpg

基礎と土台の取り合いも
ウレタンで気密処理。

IMG_8391.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_8406.jpg


C値 = 0.48cm2/m2 の結果でした。

表示は四捨五入により0.5cm2/m2。
IMG_8390.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
はじめます。

実はこの現場。
室内側のサッシ周りの気密処理は
されていない状態でした。

よく大工さんから
「外で気密テープ貼ってあるから大丈夫。」と
言われますが、確実に室内側のサッシ周りも
気密処理した方がいいです。

今回はそれを検証することに...。

IMG_8413.jpg
IMG_8414.jpg

結構、窓の数があると時間が掛かるのですが
ウレタンやコーキングで気密処理します。

IMG_8415.jpg

注意点はケチらないで
サッシとサッシ枠の取り合いを
太めで処理すること。
ウレタンの場合は気泡などの穴も
極力つぶしておきましょう。

IMG_8418.jpg

忘れがちなのが
玄関ドア周り。
ここも気密処理することによって
玄関が冷えにくくなるはずです。

さて今回はサッシ周りの気密処理で
どれだけ気密がよくなるでしょうか?


気になるC値改善後(隙間埋め後)
結果は...。


IMG_8421.jpg


C値 =0.31cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_8420.jpg

なかなかの気密UPぐあいです。
監督さんもとても喜び、詳細結果を
確認されていました。

サッシ周りだけの気密処理だけで
αA(家全体の隙間サイズ)が
87cm2 → 56cm2 と
なんと 31cm2 の隙間が埋まったことになります。

これで窓から入り込む冷気も
ぐっと少なくなるはずです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年03月05日

石川県金沢市桂町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_8280.jpg

2月17日は、石川県金沢市桂町で
潟}グアーキテクトオフィスさまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_8277.jpg
IMG_8278.jpg

家の正面に大きな引き違いサッシが2連。
照明無しでも かなり明るいです。

あっ! 当社の通気遮熱FOボードが...。
いつも、ありがとうございます。

IMG_8301.jpg
IMG_8307.jpg

断熱材は 壁、屋根共に
フォームライトSL−50α。(硬質ウレタン)
熱伝導率は 0.026(W/m・K)以下の A種1H。

IMG_8296.jpg


サッシはリクシルのサーモスX。


IMG_8298.jpg

窓周りはコーキングが
しっかり入っていました。

室内側の窓周りの気密処理は
絶対やったほうがいいですよ。

現場にもよりますが
C値=0.1cm2/m2くらい違ってきますし
窓からの冷気の侵入も防げます。

IMG_8282.jpg

玄関ドアはYKKのイノベストD50。
人気ありますねD50は。
最近よく見かけます。(お高いですが...)

IMG_8279.jpg

換気システムは ローヤル電気の
第一種換気(熱交換)。

IMG_8281.jpg


気になる、気密測定の
結果はいかに...。


IMG_8284.jpg


C値 = 0.32cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_8305.jpg

それでは、C値改善(隙間埋め作業)を
開始します。
まずはユニットバス周りの
気密処理をウレタンで強化。

IMG_8286.jpg

ここは床断熱の現場です。
剛床の下の断熱材で気密処理してあります。
さらに柱周りの隙間にウレタンを
注入した後、余分な部分をカット。

IMG_8285.jpg

その上から気密テープを
柱の立ち上がりに貼ります。
熱橋部分を埋めることで
床からの冷気をシャットアウト。

IMG_8300.jpg

壁際の間柱と剛床の取り合いも
隙間にウレタンを吹き、余分をカットしてから
気密テープを貼りました。

IMG_8299.jpg

吹き抜け上空の写真ですが
壁の角の部分に気密テープをL字に
貼って気密処理。
通し柱のピンの上にも
気密テープを貼りました。

IMG_8288.jpg

天井吊木の写真。
隙間がありますね。

いまは漏れていなくても
将来的に気密漏れの恐れがあります。
(自分の家がそうでした(*_*;)

IMG_8290.jpg

大工さんにウレタンを
しっかり注入してもらいました。

さてさて、C値改善後(隙間埋め後)の
気密測定の結果はいかに...。

IMG_8295.jpg


C値 = 0.21cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により 0.2cm2/m2。
IMG_8293.jpg

この結果に設計士の宮さんは
C値が 0.1cn2/m2に届かなかったことを
悔しそうにされていました。

0.21cm2/m2は 間違いなくいい気密ですよ。
C値改善により家全体の隙間が
28cm2 → 19cm2と
9cm2の隙間埋めが出来ました。

断熱材がフォームライトSL−50α。
玄関ドアがイノベストD50。
換気システムがローヤル電機の第一種 SE200R。
当社の通気遮熱FOボード採用(屋根遮熱材)。

お話を聞いたところ、この現場は
建売物件だそうです。
良いモノをふんだんに使った
高性能の建売物件は聞いたことがありません。

次は完成気密を測らせてください(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年03月04日

早春の花と青い海


雪のない冬から暖かい春の青い空が広がりいつもと違った道を歩いて海まで散歩しました。

一面に黄色い花、真っ白い水仙、田んぼのあぜ道には私の好きな青い花オオイヌノフグリが満開です。
IMG_9508.JPG

IMG_9514.JPG


IMG_9521.JPG

IMG_9520.JPG

青い空、青い海、すがすがしい潮風、気分爽快、早春の春を満喫した2時間の歩きでした。

IMG_9522.JPG

IMG_9523.JPG

IMG_9524.JPG
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年03月03日

福井県吉田郡永平寺町松岡松ヶ原で完成気密測定(引渡し前)


おはようございます
健太郎です。

IMG_7927.jpg

2月12日は、福井県吉田郡永平寺町
松岡松ヶ原で、樺広地所さまの現場の
完成気密測定(引渡し前)を行いました。

最近、永平寺町で測定することが多いな〜。
IMG_7910.jpg

玄関の上がり框(あがりかまち)が
低いため、足腰に負担なく
上がれるのがいいですね。

IMG_7912.jpg
IMG_7915.jpg

カーテンから柔らかな光が
差し込む明るい室内。

IMG_7914.jpg

リビングに隣接する和室から
イ草のいい香りがします。

IMG_7919.jpg

シーリングファンを見上げながら
階段をあがると

IMG_7921.jpg

かなり大きなカウンターテーブルが
備え付けられていました。
使い勝手が良さそうですね。

IMG_7924.jpg

キッチンの横には勝手口があり
扉で仕切ることができます。

IMG_7925.jpg

仕切ってしまえば室内より温度が低いため
食品庫として使えます。
いいですね この空間。

IMG_7909.jpg


さてさて、脱線しましたが
気になる完成気密の
結果はいかに...。


IMG_7899.jpg


C値 = 0.23cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_7901.jpg

この現場は 中間気密 0.13cm2/m2。
落ち幅的には悪くはなく優秀な方。
しかし、納得がいかない監督さんと
完成気密でC値改善(隙間埋め作業)することに...。

床下点検口を開けると
第1種換気の澄家DCが見えました。(基礎断熱)
ダクトの気密不備などはありませんでしたが
外から入る冷気の流れを感じます。

IMG_7904.jpg

澄家DCの排気口は基礎に設置してあり
排気フードを目張りで封じてあります。

しかし、その排気フードと基礎の
隙間から気密漏れを感じました。

IMG_7906.jpg

排気フードを取るとこんな感じ。
配管(スリーブ)周りはウレタンで気密処理。

しかし排気フードをスリーブに差し込んだ時
スリーブ周りに段差があるため隙間ができる。
またコーキング等を入れていないため
その隙間を通じて気密漏れしているようです。


さて、監督さんに気密処理してもらい
再測定した結果はいかに...。


IMG_7908.jpg


C値 = 0.19cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_7900.jpg

測定結果に監督さんは少し
ほっとした様子。

αA(家全体の隙間)は
35cm2 → 30cm2 と5cm2の隙間が
埋まったことになります。

穴的にはそんなに埋まったと感じませんが
スースーの穴だったこと。(抵抗がない穴)
排気ダクトが気密測定器に近かったことから
5cm2も改善した結果が出たと思われます。

完成気密でC値改善は なかなか
出来ませんのでとても良い経験でした(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年03月02日

石川県白山市荒屋町で完成気密測定(引渡し前)


おはようございます
健太郎です。

IMG_7609.jpg

2月3日は 石川県白山市荒屋町で
竃k製材所 ウィッシュホームさまの現場の
完成気密測定(引渡し前)を行いました。

IMG_7613.jpg
IMG_7614.jpg

温かみのあるトーンの
明るい室内。

IMG_7617.jpg

キッチンカウンターのニッチには
かわいいタイルが...。
奥さまの趣味かな。

IMG_7630.jpg

システムキッチンにインストールされた
ミーレの食洗器。

IMG_7631.jpg
IMG_7632.jpg

ウィッシュホームさまの現場は
収納がとても多くて大容量なので
収納家具いらず。

IMG_7627.jpg

ファミリークローゼットも
大容量で使いやすそうです(^^♪

IMG_7620.jpg
IMG_7619.jpg

この現場は全館空調の現場です。
目指すは 市販のエアコン1台で
どの部屋も温度ムラがない快適な家です。

IMG_7618.jpg


それには完成気密 が 0.3cm2/m2以上
必要と言われていますが
気になる完成気密の結果は...。


IMG_7634.jpg


C値 = 0.12cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_7633.jpg

立ち合いされたお施主さまは
とても喜んで結果をスマホで撮られていました。

実はこの現場の中間気密は
C値 = 0.16cm2/m2
αA(家全体の隙間)=22cm2 でした。

完成気密が
C値 = 0.12cm2/m2
αA(家全体の隙間)=17cm2 なので

IMG_E7625.jpg

レベルの高い中間気密から
さらに完成気密をUPしてきたことになります。

たとえ1cm2の隙間を埋める話でも
高いレベルから気密を上げるのは至難の業です。
滅多にありませんよ、この改善は...。

完成気密 0.3cm2/m2を楽々クリア。
温度ムラがない暖かい家になったことでしょう。






posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年03月01日

靴 妻のつぶやき


健太郎の『靴』はボロボロのドロドロです。

IMG_4153.jpg

5年近く履いたので靴の裏がすべすべになっていて、

そのせいで先日現場で足を滑らせひねったそうです。

IMG_4154.jpg

今日、ショッピングセンターの近くの現場に行くと言うので私も付いて行きました。

現場に商品を配達した後、2人で靴屋さんに行ってきました。

IMG_4152.jpg

値段もあったのですが、履きやすさ…と、何足か履いてみて決めたのですが、

なんと、今まで履いていた靴とまるっきり同じ靴を買ったのです。

IMG_4157.jpg

あのボロボロのドロドロな靴で完成したきれいなお宅にも行っていたなんて、

本当に申し訳ありませんでしたふらふら

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のトラックバック