2020年03月11日

街中歩き 内灘砂丘の歴史と海


4月7日はとても天気が良く、いつもの街中歩きで石川県の内灘町を歩きました。

まずは内灘砂丘の白帆台団地から歩きます。

IMG_9559.JPG

新しい住宅が建ち並び、高台からは富山の北アルプスの白く輝いた山々がきれいでした。

IMG_9562.JPG

IMG_9564.JPG


IMG_9565.JPG

団地から海側に広がる砂丘地の畑の中を歩きました。

IMG_9568.JPG

IMG_9570.JPG

IMG_9572.JPG


IMG_9571.JPG

一人ぽつんと草むしりしていたおばさんに今は何を植え取られるのですかとお聞きすると、「これ玉ねぎよ」と言われました。

IMG_9576.JPG

砂地にきれいに植え付けられた玉ねぎです。

IMG_9577.JPG

ここからいったん内灘の海まで歩きです。

IMG_9596.JPG

IMG_9597.JPG

海の潮騒と清々しい風を頬にうけながら、もう一度道歩きに戻ります。

IMG_9578.JPG

この内灘砂丘の歴史には過去に内灘闘争があり、その跡地をぜひ見たくて歩いていると砲撃着弾場の看板を見つけました。

IMG_9579.JPG

人がほとんど歩いていない草生した道を歩くと、小高い丘の上に古いコンクリートの塊を見つけました。

IMG_9582.JPG

IMG_9585.JPG

内灘闘争を調べると朝鮮戦争に出軍した米軍が砲弾の正確さや不発弾など実験するために国がこの内灘砂丘地を実験場として米軍に提供したことから始まったのです。

砲撃の音や振動などで魚がとれなくなった、畑ができない、米軍が来て治安が悪くなるなど住民の反対運動が巻き起こったのです。

当時の内灘村を二分する反対、賛成派の闘争だったと記事に書かれていました。

結局3年間米軍がこの砂丘を砲弾実験場としたのです。

草藪のいばらを払いながら近づくと、この砲弾実験場の案内板がありました。


IMG_9584.JPG

コンクリートの入り口の扉はもうなく、中に入ると部屋の中に細い横長の窓からうす暗い明かりが差し込んでいました。

IMG_9587.JPG

IMG_9586.JPG

ここが問題の砲弾実験場の着弾だったのかと本や記事で知った内灘の歴史を目の当たり見て、内灘の昔の人々の闘争の苦労を少し感じました。

砲弾着弾場を後にして、歩くと室青塚の看板がありました。

大昔の内灘の歴史を語る祭壇があり、そこにはいろいろな色の鮮やかな椿の花が咲いていました。

大昔、外国から来た人がこの地に住まいしたようです。

IMG_9601.JPG


IMG_9606.JPG

IMG_9603.JPG

IMG_9604.JPG

IMG_9605.JPG

IMG_9608.JPG

IMG_9607.JPG

帰りも北アルプスを見ながらの歩きです。

IMG_9611.JPG

地の新しい遊園地に遊ぶ子供たちの元気な声を聴きながら、自分の車に戻り、時計を見ると3時間余りの歩きでした。

IMG_9613.JPG

内灘町の発展している団地の新しいものと、町の歴史を少し学べた街中歩きでした。









posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のトラックバック