2020年03月23日

石川県河北郡内灘町緑台で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_8601.jpg

3月2日は、石川県河北郡内灘町緑台で
ハンズスタイル鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_8605.jpg
IMG_8604.jpg

この現場は ハンズスタイルさまが
得意とする2階リビングの設計。

IMG_8607.jpg

大開口サッシから 松林と遊歩道が見えました。
松林側には 建物が一切ないため
別荘地のような雰囲気があります。

IMG_8608.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_8609.jpg

サッシ周りは 気密テープによる
気密処理。

IMG_8627.jpg

断熱材は 屋根、壁ともに
パワーパックス。

IMG_8622.jpg

その断熱材は 調湿機能付き気密シート
タイベックスマートに
パンパンに入っていました。

IMG_8628.jpg

配管周りはコーキングによる
気密処理。

IMG_8624.jpg

床の気密は剛床の下の
断熱ラインで気密処理。

IMG_8626.jpg

壁に付いている機械は当社から
納入させて頂いているジェイベックの
グリーンファン(第3種換気システム)。

ハンズスタイルさまはメンテナンス
し易いように ほとんど壁設置です。

IMG_8610.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_8614.jpg


C値 = 0.18cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_8619.jpg

それでは C値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

まずは配管周りの
コーキングを強化。

IMG_8616.jpg
IMG_8617.jpg

玄関周りの基礎と土台間の
気密パッキン 継ぎ手部分を
ウレタンで気密処理。
結構、継ぎ手から漏れることが
多いので注意しましょう。

それにしてもグレー色の
ウレタンは 初めて見ました。

IMG_8623.jpg

玄関ドア下端の両脇も
ウレタンで気密処理。

IMG_8629.jpg

筋交いの根元から
少し気密漏れが...。
ここもウレタンで気密処理。

さてさて、C値改善後(隙間埋め後)の
測定結果はいかに...。


IMG_8620.jpg


C値 = 0.15cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_8621.jpg

監督さんは「また、ハードルを上げてしまった」と
つぶやきながら結果を撮影していました。

C値改善により αA(家全体の隙間)が
22cm2 → 18cm2 と
4cm2埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.08 と隙間風が入りにくいことを
示しています。

気密シート貼りの気密施工で
0.15cm2/m2は めちゃめちゃレベル高いです。

ハンズスタイルさまは目に見えて
施工技術を上げてきてます。
0.1cm2/m2達成が 楽しみですね(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック