2020年03月25日

石川県白山市北安田町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_8763.jpg

3月5日は 石川県白山市北安田町で
 渇i井工務店さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_8735.jpg
IMG_8734.jpg

現場は整理されたきれいな現場でした。
前回、石川県白山市白峰で測定したときと
同じ大工さんです。

IMG_8751.jpg

外回りを点検したときに
電気の配線がすごく丁寧に
施工されていることに気が付きました。

IMG_8756.jpg

室内側もまとめて配線しない
すばらしい気密処理。
大工さんに聞いたところ電気屋さんではなく
永井社長の仕事のようです。

IMG_8736.jpg

この現場はFP工法です。
硬質ウレタンが気持ちいいほど
きれいに収まっています。

IMG_8746.jpg

いや 〜 めちゃ美しい施工。
梁の周りはしっかりコーキング。
断熱材の貼り合わせはFP工法用の
気密テープで気密施工。

ちなみに屋根の断熱材は
セルロースファイバー300ミリです。

IMG_8742.jpg

筋交いの下端、柱周りは
硬質ウレタンで気密処理。

IMG_8737.jpg

剛床の繋ぎ部分、柱の立ち上がりは
気密テープによる気密処理。

IMG_8755.jpg

玄関周りの基礎と土台の取り合いは
ブチル系の気密テープで気密処理。
スタイロファームまわりは
違った種類の気密テープが使われていました。

IMG_8738.jpg

サッシは YKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_8739.jpg

サッシ周りは気密テープで
エッジがくっきり出るくらいに
押さえて施工されていました。

IMG_8761.jpg

換気システムはガデリウスの
第3種換気システム JBDG。
デック社のグレーのフレキシブルダクトが
採用されたのですね。

IMG_8741.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_8762.jpg


C値 = 0.12cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_8758.jpg

測定結果に永井社長は ほっとされて
詳細結果を確認していました。

αA(家全体の隙間面積)=15cm2。
n値(隙間特性値 範囲1〜2)= 1.02と
かなりレベルが高い。

ここの大工さんの家で 0.13cm2/m2の
超高気密でした。

そのとき、大工さんに言われた
言葉を思い出しました。

「自分の家だから特別丁寧に建てているんじゃない。
 毎回どんな家も丁寧に建てている。」と...。

まさに有言実行ですね。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック