2020年05月31日

味 噌 妻のつぶやき


例の『10〜15年ものの味噌』をタッパに入れて姉の家に持って行きました。

IMG_4689.jpg

匂いは味噌そのものなのですが色が真っ黒です。

持って行くや否や、姉は味噌を手でつまんで舐め「大丈夫!」と言い、

そして「味噌漬けにするといいよ」と言うので、早速に肉と魚を買ってきました。

IMG_4695.jpg

肉と魚は1晩お酒に漬け込み、

翌日味噌とみりんを合わせた『たれ』を塗り込み3〜4時間置いてから焼きます。

IMG_4698.jpg

あの味噌を使った…と言わないで旦那と息子に食べさせたところ「美味しい!」とのこと。

やったね♪

IMG_4702.jpg

これで食べられる…ってことは証明されましたが、捨てるに捨てられなくなりました

やっぱり、誰か使って〜!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年05月30日

床下収納 妻のつぶやき


先日『リサイクルの当番』の立ち合いをした時、

皆さんこの外出自粛の折『断捨離』をしたようで大量のごみを出していました。

IMG_4680.jpg

そこで私も一念発起して『床下収納』の掃除をしてみました。

写真は洗面所の『床下収納』ですが大皿まで入っていて満杯!

IMG_4682.jpg

出してみるともっと大変、洗濯洗剤がこんなに入っていました。

安いとついつい買ってしまう性格…いつの間にかこんなに溜っていました。

5年分くらいはあります??

IMG_4690.jpg

恐いのはキッチンの『床下収納』です。

10〜15年前に作った手作り味噌が2樽もあって、

恐る恐る開けて見ると虫などはいなかったのですがちょっとカビが生えていて

味噌がチョコレートみたいにトロトロになっていました。

IMG_4688.jpg

それでも使えるかどうか姉に聞いてみたところ使える!」との返事。

ホント???

IMG_4684.jpg

使えない…って言われたら即捨てて一件落着なのですが、

「使える!!」って言われてしまい困っています。

誰か使って〜!!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年05月29日

富山県富山市水落で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9477.jpg

4月14日は 富山県富山市水落で
鰍bONCEPT建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_9453.jpg
IMG_9462.jpg

現場はコーナーサッシから
光が差し込む明るい室内。

IMG_9470.jpg

2階に上がって気が付きました。

足場が奥まで組んでありますが
壁の向こうまで すべて吹き抜け空間です。
それでいて勾配天井。

IMG_9471.jpg

かなり大空間になると思われます。

断熱材は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_9476.jpg

外壁はフェノバボードが
付加断熱として施工されていました。

IMG_9463.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_9464.jpg

窓周りの気密処理は
銀色の気密テープで気密処理。

さすがコンセプトさん
エッジくっきりの気密処理です。
また、断熱材の隅を押さえているのが
ポイント高いです。

IMG_9465.jpg

この現場の大工さんは剛床の下(床の下)の
断熱材で気密処理されています。
その上、柱周りをテープで押さえた
気密処理。

IMG_9467.jpg

配管まわりはウレタンで気密処理。
目貼りもしっかりされていました。

IMG_9473.jpg
IMG_9474.jpg

玄関まわりは 基礎と土台の
取り合いを経年劣化に強い
ブチルテープで気密処理。

玄関ドア周りは気密テープで
気密処理。

適材適所。
処理する場所により
最適な気密材を使われています。

IMG_9454.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_9457.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_9460.jpg

立ち合いされたお施主さま夫婦は
とても喜び、詳細データを確認されていました。

通常、大空間の吹き抜けを作ると
暖気が2階に上がってしまい
寒くなりがちです。

IMG_9469.jpg

しかし、コンセプトさんの場合は
気密力、断熱力ともに高スペックであるため
当てはまりません。
また、熱損失が少ない樹脂トリプルサッシを
標準で採用されているのも一因です。

寒い冬でも温度ムラが少ない
快適な生活を送れることでしょう(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年05月28日

完成時の気密測定と換気流量調整


26日は潟zリケン建築事務所さん(石川県津幡町)の津幡町の完成引き渡し前の気密測定と換気風測定と流量調整でした。

IMG_0340.JPG

断熱はウレタンアイシネン吹き付け、窓は樹脂窓YKK APW330で中間工事中の気密測定は0.3cm2でとても良い数値です。

完成の測定結果は0.473cm2/m2でした。(印刷は四捨五入で0.5)

IMG_0321.JPG

IMG_0320.JPG


堀専務さんも測定器を見て数値の確認です。

IMG_0314.JPG


このお家はLDKの床暖房とエアコンと、大空間の吹き向けのLDKと2階の部屋が一体で理想的な高気密高断熱住宅でした。

IMG_0333.JPG


IMG_0336.JPG


流しのレンジファンとすぐ近くのパナの給気電動シャッターが連動し、調理でレンジファンを回しても、冬LDKのせっかくの暖かい室温が冷えないように、レンジファンの排気に見合う給気をすぐ近くのパナの給気電動シャッターで給気量を確保して,LDKの室温に影響しないようにしています。

IMG_0335.JPG

IMG_0334.JPG


気密測定が終わり、今度は換気計画通り換気の空気が回っているか換気の風量測定と流量調整です。

IMG_0323.JPG

IMG_0324.JPG

LDK、トイレ、洗面所の水蒸気の多いところや臭いの多い所は換気量を多くして、各部屋の換気量のバランスを考え流量調整をしなければなりません。


IMG_0322.JPG

堀専務さんにはご自分で換気の排気口に風量測定器をあて数量を確認してもらいました。


IMG_0329.JPG

IMG_0331.JPG

当初の換気計画通りでよく空気が回っており堀専務もこれでお施主さんに引き渡しが出来ると安心されていました。



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年05月27日

加賀幹線NO.60、48 初夏の花、タニウツギ


5月24日、日曜日は大変良い天気でした。5月19日のブログに書いた大岳山の送電線鉄塔からはるか遠くに見えた山の鉄塔まで歩きたくて登りました。

送電線の鉄塔の案内板、加賀幹線NO、60からスタートです。

IMG_0280.JPG


IMG_0279.JPG


最初の鉄塔まで結構、急こう配の登りです。

IMG_0281.JPG

IMG_0283.JPG


2つ目の鉄塔はそこそこ展望がよく、白山や笈ケ岳、大笠山がきれいに見えました。

IMG_0285.JPG


IMG_0291.JPG


IMG_0292.JPG


巡視路に吉野谷線NO、48を見つけこの鉄塔を目指します。

IMG_0293.JPG


この道はなんと下の谷に激下りの道でした。

IMG_0294.JPG

IMG_0308.JPG

IMG_0309.JPG


半分ヤブの道です。道には野生のウドがありました。しかし、もうウドの大木となっています。

IMG_0296.JPG


IMG_0312.JPG


這いつくばって歩くとタニウツギのピンクの花が咲いていました。この初夏の花に癒され登りきると48号鉄塔です。

IMG_0287.JPG

IMG_0286.JPG


IMG_0297.JPG

ここからの眺めが素晴らしくこの間登ったあの赤白の太陽光電パネルの大きな鉄塔が見えました。

IMG_0302.JPG

IMG_0300.JPG

IMG_0303.JPG


この間はあの鉄塔の道を歩いたたんだなあと思いだしました。

IMG_0299.JPG

帰路は同じ道で下山すると、なんと登り口に男の人がいるのにはびっくりしました。

中高年の人から
「大岳山に行く道はこれですか?」

「この道は違います。大岳山はほらすぐ下の川のところに巡視路の案内板のあの矢印からがスタートですよ。あの太陽光パネルの赤白の鉄塔はあそこからですよ」

「ああそうですか。ありがとうございます。初めて来たのでわからなくて・・・」

その人は石川県かほく市から来た人でした。

「まず人と会わない山をどうしてこんなところを知ったんですか?」

「ガイドブックで知りましてね。コロナウイルスの関係で人に会わない山を歩きたくてね」

人と会わずに山歩きを楽しむ人は自分だけではありませんでした。

よくお話聞くと日本百名山を登っている健脚の方でした。

送電線の巡視路歩きで今まで誰一人とも会わなかったのですが、初めて人に会いました。

自分と同じような山歩きをしている人がおられ、何か元気と勇気をもらった2時間余りの山歩きでした。













続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2020年05月26日

富山県中新川郡船橋村で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9587.jpg

4月17日は 富山県中新川郡船橋村で
轄造さまの現場の気密測定を
行いました。

IMG_9559.jpg
IMG_9561.jpg

コーナーの大開口サッシから
明るい光が降り注ぐ室内。

IMG_9563.jpg

床下点検口には大工さんの
仕事道具が収められていました。
新しい収納方法です(^^♪

IMG_9564.jpg

リビングの大開口サッシはYKKの
APW431(大開口スライディング)と
APW430の引き戸。
樹脂トリプルガラスです。

IMG_9588.jpg

玄関ドアはYKKの
断熱引き戸のコンコード。
引き戸の中でも気密は良い方です。

IMG_9570.jpg

さてさて、監督さんと一緒に
点検を開始します。

この現場は基礎断熱。(床下が室内扱い)
水抜きの穴が開いていましたので
ウレタンで埋めました。

IMG_9573.jpg

おっと、基礎貫きの給湯給水の配管
周りが気密処理されていませんでした。
ここもウレタンを充填しました。

IMG_9574.jpg

エアコンの先行配管ですね。オンレイかな?)
結構キツキツに見えますが
隙間があるのでウレタンを充填しました。

IMG_9579.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_9578.jpg


C値 = 0.52cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.5cm2/m2。
IMG_9569.jpg

さて、C値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

まずはサッシ周りの気密処理。
ウレタンを丁寧に充填しました。

今回は 気密処理が上手な
営業さんに施工してもらいました。

IMG_9575.jpg

大開口スライディングや
大型の引き違いサッシの周りも
ウレタンで気密処理。

クリアランスが大きかったため
C値改善は もちろん隙間風対策に
なると思われます。

IMG_9566.jpg

玄関引き戸の周りも
ウレタンで気密処理。

IMG_9565.jpg

玄関まわりが「なんかスースーして寒い」
に効果的です。

IMG_9592.jpg
IMG_9593.jpg

玄関のスタイロフォームと基礎の
取り合い部分もウレタンで気密処理。

知らない人には「室内側なのになんで?」と
言われますが、これが結構伝い漏れ
するのですよ。

IMG_9581.jpg

ウレタン断熱の工事後に
少し断熱材を削ってCD管を
配管した場所にも
しっかり充填しました。

さてさて、C値改善後(隙間埋め後)の
測定結果はいかに...。


IMG_9585.jpg


C値 = 0.43cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_9584.jpg

C値改善をされた営業さんは
少しほっとして詳細を確認されてました。

C値改善により
αA(家全体の隙間面積)が
92cm2 → 74cm2 と
18cm2 の隙間が埋まりました。

C値改善は がんばった割に
数字に反映されないことも しばしば...。

でも、お施主さまを思えば
できるだけ良い気密で暖かい家に
してあげたいですよね。

営業さん、グッジョブですよ!!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年05月25日

富山県滑川市で気密測定


月20日は伊田直樹建築設計事務所様(富山県魚津市)滑川市の気密測定でした。

IMG_0276.JPG

IMG_0277.JPG

断熱材はウレタン吹き付けフォームライトの50αでした。熱伝導率は100倍発泡より断熱性能は高く熱伝導率α0.026w/m.kです。

IMG_0267.JPG

柱いっぱいにきれいな施工ですね。

窓はYKK樹脂トリプル、430で非常にレベルの高い窓でした。

IMG_0274.JPG


現場には伊田社長さん、山下大工さん、電気工事の毛利電工の毛利さん、日本住環境の井出所長さんが立ち合いでした。

何回かファンを回し隙間を探しC値改善すると、ホール金物と床との取り合いから少し隙間風が入り、山下大工さんは早速ウレタン注入で穴埋め作業です。

IMG_0266.JPG


IMG_0272.JPG


測定結果は0.185/m2と素晴らし数値でした。(印刷は四捨五入で0.2)

測定数値を見て伊田社長も良い結果にほっとされていました。

IMG_0264.JPG


IMG_0268.JPG

IMG_0269.JPG

IMG_0270.JPG

測定結果の写真を撮りながら、大工さんがうーむ0.15以下だったら、印刷は0.1cm2になるのになあと少し残念がっていました。大開口の窓430の建てつけ調整をしていれば0.15以下になっていたかも知れません。

0.185cm2はとても良い数値よと大工さんに話すと納得です。

IMG_0271.JPG

今回は電気工事屋さんも立ち合いし、私の気密工事チエック写真集も見てもらい、気密測定に立会いしとても勉強になったよと話をしてくれました。

測定が終わりしばらくすると、施主様がどうしても見たいと来られ、伊田社長さんと私から測定結果0.185cm2の説明をすると施主様は安心されていました。










続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年05月24日

胡蝶蘭 妻のつぶやき


「見て下さい、見て下さい♪」胡蝶蘭が咲きました。

IMG_4666.jpg

このところ『コロナ』や『黒川検事長』の暗いニュースばかりだったのですが、

一気に明るくなりました。

IMG_4669.jpg

つぼみのある胡蝶蘭は、まだまだあって次々に咲いてくれるのですよ。

IMG_4674.jpg

ここまでにするには

『温度管理と乾いたら水をやる』この2点だけなのですが…難しいですよね。

IMG_4671.jpg

私だって何十年もかかってようやく咲かせることができたのです。

自慢でするんるん

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年05月23日

換気扇の修理 妻のつぶやき


先日姉から「換気扇が壊れたので見て欲しい」と言われました。

IMG_0072.jpg

何でもメーカーにお願いしたところ換気扇は15〜6年も経っているので部品がなく、

フードも周りのパネルも含めて全部取り換え…とのことで30万円を超える見積りがきたのです。

余りにも高い金額にびっくりして少しでも安くならないか」と、旦那にお願いしてきました。

InkedInkedIMG_0075_LI.jpg

早速に旦那は知り合いの電気屋さんと連絡をとって土曜日に姉の家に行ってきました。

電気屋さんは着くや否や換気扇のフードのカバーを開けて見たところ

なんと、コンセントが抜けていたのです。

そしてコンセントを差し込むと換気扇が作動し、10分足らずで修理完了となりました。

IMG_0061.jpg

誰もフードのカバーを開けたりしないのにコンセントがなぜ抜けたかは疑問ですが、

とにかく今回はこれで一件落着…となりました。

メーカーの電気屋さんは何を見て修理不能で全面取り換えの見積りを出したのでしょうか。

もしかして、ちゃんと見なかった??

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年05月22日

石川県小松市木場町で完成気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9737.jpg

4月27日は 石川県小松市木場町で
竃k製材所 ウィッシュホームさまの
現場の完成気密測定(引渡し前)を行いました。

IMG_9768.jpg

玄関に入って目にとまったのが
ブックシェルフ。

美容室などの店舗の入り口に
設置してあることが多いですが
一般住宅の玄関設置はめずらしい。

のちにお施主さまに伺ったところ
ブックシェルフは片引きになっており
壁掛けテレビや無線ルーターなどの
配線の目隠しにもなっている模様。

IMG_9740.jpg
IMG_9739.jpg

リビングには大きな吹き抜けと
黒いアイアンのリビング階段。

IMG_9752.jpg

見上げた景色はこんな感じ。
素敵です。

IMG_9745.jpg

キッチンからの眺め。
シンプルなペンダントライトが
アイアンの階段にマッチしています。

IMG_9766.jpg

食器棚はかなりの大容量。

コンセントは3つもあるので
電子レンジ、オーブントースター、炊飯器、
コーヒーメーカーなど家電があっても余裕ですね。

IMG_9746.jpg

ここはファミリークロゼット。
ウィッシュホームさまの設計は
収納をしっかり取ってあります。

IMG_9750.jpg

隣接する洗面化粧台は
無垢の1枚板。

洗面室の明るい色合いが
朝の目ざめに良さそうです。

IMG_9758.jpg

2階に上がると大きな吹き抜けと
シーリングファンと大開口サッシ。

IMG_9757.jpg

この吹き抜け上部に3枚の
大開口サッシが設置してあり
山側は濃い緑が眺められます。

IMG_9759.jpg

町側は小高い丘の上に建てられているため
景色がかなりよかったです。
見る窓によって全く違った風景。
まさにピクチャーウインドウですね。

IMG_9762.jpg

その吹き抜け近くに
カウンターが...。
贅沢な景色を堪能できる
隠れた特等席です。

IMG_9771.jpg


それでは測定に入ります。
気になる完成気密の
結果はいかに...。


IMG_9775.jpg


C値 = 0.20cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_9776.jpg

測定に立ち合いされたお施主様は
とても喜んでおられました。

IMG_9753.jpg

この現場はエアコン1台の全館空調。
ウィッシュホームさまが採用している
全館空調では C値が 0.3cm2/m2以上であれば
温度ムラがなく快適に過ごせると言われています。

暑い夏、寒い冬 ともに
快適に過ごせそうですね(^^♪
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年05月21日

気密測定、理整頓、抜群にきれいな気持ちの良い現場


14日は樺部ジェイ・シー様(金沢市)の気密測定でした。

抜群に整理整頓で気持ちの良い現場でした。大工さんの改瀬さんは整理整頓の名人です。

IMG_0258.JPG


IMG_0259.JPG

大工道具は玄関横の自前の棚に収納、掃除道具や測定道具などは壁に吊り下げて、床には置かず、広々とした床です。物にけつまずくことはありません。

IMG_0251.JPG

IMG_0255.JPG

IMG_0256.JPG

IMG_0257.JPG


脚立や、タルキや下地材の木材も仮の収納棚をつくり、床には置いていません。

IMG_0250.JPG

いつ突然来ても、改瀬さんの現場は整理、整頓、床は物が散らかっていないのです。

IMG_0245.JPG


IMG_0254.JPG

IMG_0252.JPG


おかげで気密よく気密測定できました。結果は0.4cm2/m2でした。

IMG_0249.JPG

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年05月20日

石川県白山市知気寺町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9804.jpg

4月28日は、石川県白山市知気寺町で
潟Aーツデザインさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_9829.jpg
IMG_9821.jpg

現場は大きな吹き抜けがある設計で
リビング階段が設置されていました。

IMG_9825.jpg

2階に上がるとアイアンの手すりが
採用されており、対面には大きなサッシ。
かなり大きな吹き抜けです。

IMG_9832.jpg

サッシは基本、リクシルのサーモスXでしたが
写真のように木製サッシも採用されていました。

IMG_9833.jpg

なかなか風合いがある
木製サッシです。

IMG_9826.jpg

今回は中間気密測定(工事途中の測定)でしたが
すでにボードが貼られていました。

測定のタイミング的には
ちょっと工程が進み過ぎの感じです。

断熱材は太田木材のテクノウォール。
屋根、壁、床がフェノールフォームの
断熱材になります。

IMG_9818.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_9807.jpg


C値 = 0.45cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.5cm2/m2。
IMG_9830.jpg

C値改善(隙間埋め作業)を行います。
ボードが貼ってあるため隙間探しが難しいですね。

IMG_9808.jpg

この現場は床断熱(床下が外の扱い)。
よく見ると配管周りの気密処理がされていませんでした。
荒木社長に気密処理して頂きました。

IMG_9810.jpg

配管周りの隙間は穴的には小さいモノです。
ただし、スースーであるため(抵抗がないので)
実際の穴サイズよりC値が悪く出ているかも
しれません。

IMG_9822.jpg

そのほかに大開口の引き違いから
気密漏れがありましたので
サッシ調整して頂きました。


さてさて、C値改善後の
結果はいかに...。


IMG_9819.jpg


C値 = 0.23cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_9813.jpg

測定結果に立ち合いされた荒木社長は
とても喜び、スマホで撮影されていました。

αA(家全体の隙間)は
52cm2 → 27cm2 と
25cm2の隙間が埋まったことになります。

いや 〜 配管周りの気密処理は
馬鹿に出来ませんね。

そういえば、1回目の測定時に
ジェット機の飛んでいる音がしていました。
あれはサッシから気密漏している
音だったようです。
サッシ調整も大切です!!

皆さんも参考にしてください。(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年05月19日

送電線巡視路NO、61加賀幹線


コロナウイルスで3密を避けで人と会わない山で、このところ送電線巡視路歩きをしています。

北陸の里山のいろいろな巡視路を歩いてきましたが、過去、1回も人に会ったことがありません。

IMG_0051.JPG

それは電力会社の送電線の保線のための道で、趣味、観光のための登山道ではなく、山のガイドブックも書かれていないからですね。

番高い山の上の送電線鉄塔からさぞかし展望が良いだろうと登つてみると、鉄塔の周りには木が生い茂り、まったく展望がゼロで期待外れがほとんどです。

その為、ほとんどの人は登らず、人に会うことはまずありません。

人がいないため、逆に動物に遭遇することがあり、一人歩きには特に熊には注意です。

白山市鳥越の加賀幹線NO,61が好きで、また行きました。

車1台の幅しかない狭いトンネルの手前に送電線の案内版から登ります。

IMG_0050.JPG

IMG_0052.JPG

ピンクのつつじの花に癒され歩くと、太陽光発電パネルの大きな赤白の送電線鉄塔があります。


IMG_0062.JPG

IMG_0070.JPG

IMG_0071.JPG

IMG_0063.JPG

この鉄塔の上が丁度小松空港の航空機の飛行航路なので航路標識と安全のために設置されています。

IMG_0066.JPG

IMG_0065.JPG

IMG_0076.JPG

この鉄塔からの眺めが素晴らしく白山や周りの山々がよく見えます。

IMG_0064.JPG

IMG_0074.JPG


この鉄塔から10分くらい歩いたピークの山が大岳山です。

IMG_0078.JPG

IMG_0067.JPG


頂上と言ってもヤブと、木の中、まわりの展望はなし、またあの鉄塔まで下り一服しました。

IMG_0069.JPG


ここから遠く向かいの山の上には送電線の鉄塔がみえます。

IMG_0075.JPG

今度来るときはあの向かいの山の鉄塔の巡視路を歩きたいですね。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2020年05月18日

福井県坂井市丸岡町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9681.jpg

4月22日は、福井県坂井市丸岡町で
潟cWュールホームさま の現場の
気密測定を行いました。

最近、平屋の物件が増えたと感じます。
いま平屋は大人気なのですね。

IMG_9683.jpg
IMG_9684.jpg

当日は雨模様でドンヨリとした暗めの天候。
でも室内はどの位置も採光がばっちりのため
とても明るい感じでした。

IMG_9685.jpg

サッシは リクシルのサーモスL。
アルミ複合ペアガラス。

IMG_9708.jpg

玄関ドアはリクシル(トステム)の
リシェントかな〜。

引き戸なので少し気密が心配です。

IMG_9711.jpg

断熱材は 屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱(MOCOフォーム)。

IMG_9710.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_9688.jpg


C値 = 0.54cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.5cm2/m2。
IMG_9689.jpg

C値は 悪くないのですが
n値(隙間特性値 範囲1〜2) = 1.91。

1に近づくほど 気密が漏れにくい小さな隙間の集合体。
2に近づくほど 大きな隙間があることを意味します。

こりゃ〜 大きな穴があるな。
早速ですが、C値改善(隙間埋め作業)を
開始しました。

IMG_9686.jpg

勝手口の下端ですが
外の光が見えています。

IMG_9695.jpg

ウレタンで どりゃっ!!と
埋めて頂きました。

IMG_9687.jpg

結構、ウレタンを吹いたのですが
それでも気密漏れがありました。

IMG_9702.jpg

そういう時は...
外からもウレタンを吹いて
両方から気密漏れを止めましょう。

IMG_9699.jpg

玄関ドアも同様に
内側、外側からウレタンを吹いて
下端の気密漏れを止めました。

IMG_9692.jpg

あとはドア枠周りですね。
外側で気密処理していても
出来れば内側からも気密処理しましょう。

IMG_9694.jpg

玄関ドア、サッシ周りは伝い漏れする
可能性が高いです。
いや、伝い漏れしますって!!

サッシや扉が閉まっているのに
冷気を感じる...。というのも
気密処理をしっかりやれば防げます。


さてさて、C値改善後(隙間埋め後)の
再測定の結果はいかに...。


IMG_9705.jpg


C値 = 0.25cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_9706.jpg

その測定結果に頑張って気密処理された
監督さんはとても喜ばれていました。

今回のC値改善は ほぼ玄関ドアと
勝手口まわりのみの気密処理。

αA(家全体の隙間)が
68cm2 → 32cm2 と
なんと 36cm2の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値)も
1.91 → 1.18 と大幅に改善。

いやいや、大切ですね
ドア周りの気密処理。
皆さんも、ぜひ参考にしてください(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年05月17日

宿り花 妻のつぶやき


『宿り木』をご存知ですか。

-1.jpg

庭の桜の木に季節外れの花が咲いているのを見つけました。

よ〜く見ると大好きな『モンタナ』で、『宿り木』ならぬ『宿り花』です。

IMG_4531.jpg

早速、脚立を使って撮影会の開始です。

IMG_4501.jpg

『モンタナ』の種が飛んでこんなところに着地して花が咲いたのでしょうか?

カエルもビックリです。

IMG_4523.jpg

毎日、2階の窓からお花を眺めています♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年05月16日

ガーデニンク(2) 妻のつぶやき


家のぐるりに地植えしているお花が、見ごろを迎えています。

IMG_4620.jpg

特に左横から入って裏までが見どころです。

すぐに裏に突き当たってしまいますが…。

IMG_4629.jpg

横に入るとすぐに『カラー』が咲いています。

肥料もそんなにやらずこれといった世話もしていないのに、

毎年大きく立派に咲いてくれ、葉の色も濃くて元気いっぱいです。

IMG_4622.jpg

そして『タツナミソウ』です。

初めは1株、2株だったと思うのですが、今は庭のあちこちに生えています。

固まっているとボリュームがあってきれいで、色は白と紫があります。

IMG_4618.jpg

これはなんていう名前のお花でしょうか。

花苗で買ってきて地植えしたのだと思いますが、増えました。

IMG_4623.jpg

『すずらん』も今が見ごろの1つです。

ここにスギナとドクダミ草が生え、それらを抜くのに苦労しています。

IMG_0036.jpg

お花に興味のない旦那が「今、花盛りだね♪」と…。

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年05月15日

石川県かほく市内日角で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9678.jpg

4月21日は、石川県かほく市内日角で
安藤建築事務所さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_9652.jpg

現場に入ってみると
えっ、どうなってるの...。

IMG_9675.jpg
IMG_9654.jpg

回り込んでみて納得。
天井下地の足場になっていたのでした。

IMG_9657.jpg

2階から覗いてみた様子。

安藤社長はお施主さまの要望を
くみ取った上で、毎回まったく違った
設計をされています。

IMG_9658.jpg

さて、チェックしていきます。

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_9659.jpg

サッシ周りは 高性能気密テープの
ユラソールで気密処理されていました。

このテープはどちらかと言えば
ブチル系のテープ。
貼り付けてから6時間後に
粘着性能を発揮します。

お高いですが性能はピカイチ。
当社でも取り扱いがありますので
興味のある方はお声かけください。

IMG_9656.jpg

換気システムのスリーブの
気密処理も

IMG_9677.jpg

排水配管周りの気密処理も
ユラソールです。

耐熱性能は −40 〜 150℃と
屋内外で使用可能なので重宝します。

IMG_9670.jpg

断熱材は 旭ファイバーグラスの
高性能グラスウール アクリアα36kg 。

この断熱材の密度はパンパンなので
写真のように自立します(^^♪

IMG_9673.jpg

その断熱材を調湿機能がある
タイベックスマート(気密シート)内に
充填し、ユラソールで貼り合わせて気密処理。

タッカー止めの上からすべて
気密テープが貼られています。

IMG_9668.jpg

床の剛床の繋ぎ、
柱の立ち上がりも
ユラソールで気密処理。

IMG_9663.jpg
IMG_9666.jpg

天井の気密シート、柱周りも
丁寧にユラソールで気密処理。

IMG_9662.jpg

1階の天井、桁周りも
伝い漏れを嫌って
気密処理されていました。

これだけ処理されていると
2階の床音の吸収効果がありそうです。

IMG_9646.jpg

測定前に気密漏れがないか
事前チェックしました。

IMG_9644.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_9648.jpg


C値 = 0.074cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_9647.jpg

測定結果に安藤社長のお父さん(義父)は
とても喜び、結果を撮影されていました。

いやいや、気密シート貼りの気密施工で
0.074cm2/m2は ありえない領域です。

αA(家全体の隙間)は8cm2と
驚異的。(4×2cmですよ

C値 = αA ÷ 延床面積(気積含み 107.91m2)なので
コンパクトな延床面積は計算上、確実に不利です。
それをものともしない気密力。

毎度おなじみのタッカーの使用本数を
伺ったところ、今回は約6千本だったそうです。
次の測定も楽しみにしています(^^♪




posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年05月14日

福井県坂井市春江町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9599.jpg

4月20日は 福井県坂井市春江町で
潟iチュレホームさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_9600.jpg

現場に入ると室内はとても明るく
清掃が行き届いていました。

IMG_9615.jpg

潟iチュレホームさまは
今回がはじめての気密測定。

薄いピンク色の気密シートが
とても丁寧に施工されていました。

IMG_9616.jpg

断熱材は屋根、壁ともに
セルロースファイバー。
付加断熱で外壁にネオマフォームが
貼られる仕様。

天井のセルロースは まだブローイング
されていませんでしたが
目減りも考慮して550ミリくらい
吹かれるとのこと。すんっげ〜( ゚Д゚)

IMG_9609.jpg

サッシはリクシルのサーモスX。
アルミ複合トリプルガラス。

IMG_9610.jpg

サッシ周りはテープと
コーキングで気密処理。

コーキングの入れ方が気密漏れを
対策した仕事です。

IMG_9612.jpg

これは気密コンセントボックスなんですが
よく見る施工は、本体はテープで
貫通部はコーキングする気密処理が多いです。

この現場は本体のフランジ(枠)に
コーキングを入れてから気密シートに
密着させ、さらにテープを貼られた仕様。

テープのみだと浮いてくることが
多いのでとてもいい感じです。

IMG_9611.jpg

換気システムのスリーブ。
スリーブの立ち上がりは
テープとコーキングによる気密処理。

IMG_9636.jpg

天井の気密処理ですが
配線1本1本はなして気密処理。
柱周りのコーキングの入れ方がすごい。
伝い漏れをさせないぞ! と伝わってくる施工です。

IMG_9630.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_9618.jpg


C値 = 0.26cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2
IMG_9627.jpg

さて、C値改善(隙間埋め作業)を
開始します。
もともと、気密レベルが高い状態から
改善をするのはけっこう難しいですが...。

坂井社長はテープの浮いている部分を
押さえ、その上から横貼りで
気密シートを貼られていました。

IMG_9625.jpg

大工さんも同じくテープの浮きを
探しながら気密処理。
地味な作業ですが1つずつ潰していくしかありません。

IMG_9603.jpg

玄関周りは土台と基礎のジョイントを
埋めるようにコーキング。
スタイロフォーム周りもコーキングと
徹底されていましたが...

IMG_9622.jpg

玄関ドアの下端から
気密漏れがありました。

黒いコーキングで隙間を
しっかり埋めて気密処理。

IMG_9621.jpg

ここの気密シートはタッカー止め。
その上からも気密テープを貼られています。
貼り忘れがないかチェックするのも大変です。

IMG_9632.jpg

C値改善後の気密シートの状態。

傷の縫合のように見えますが
漏れる部分は横貼りの方が
理にかなってます。

さてさて、C値改善後(隙間埋め後)の
測定結果はいかに...。

IMG_9628.jpg


C値 = 0.20cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_9619.jpg

測定結果に 坂井社長は ほっとして
撮影されていました。

αA(家全体の隙間)は
40cm2 → 30cm2 と
10cm2の隙間が埋まりました。

はじめての気密測定、
気密シート貼りで 0.2はすごいです。
気密処理のやり方は経年劣化で
気密漏れしにくいようにされているのが素敵です。

断熱力、気密スペックから
暖かい家になるのが目に見えますね(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年05月13日

安原の森と海


運動不足解消のため、人の少ない海辺の道を歩いています。

場所は日本海に面した金沢市郊外の安原の森の道です。

IMG_0201.JPG

この道はまず人に会うことはめったにありません。

木漏れ日の細い道からスタートです。

しばらくすると少し広い道に出ます。

IMG_0211.JPG

道の両サイドには白いハマダイコンの花が咲き乱れていました。


IMG_0214.JPG

IMG_0205.JPG

IMG_0215.JPG

それにスイカズラの花?のような白い花弁を開いた花が咲いていました。なんという名の花なんだろう?


IMG_0209.JPG


森から今度は海辺の道を歩くと潮騒の香りと、どもまでも続く青い海原です。

IMG_0216.JPG

IMG_0217.JPG


カラスが1羽海を眺めていました。

IMG_0220.JPG


海岸の土手には紫のハマエンドウの花が目に入ります。

IMG_0224.JPG


海辺には釣り人の姿がありました。

IMG_0226.JPG

IMG_0222.JPG


強い風で砂の風紋、自然の造形美ですね。

IMG_0230.JPG


最終目的地の展望台、どこまでも長い海岸線

IMG_0234.JPG

IMG_0236.JPG

IMG_0238.JPG

IMG_0240.JPG


反対側を振りむくと白い白山の姿が見えます。

IMG_0242.JPG

のんびりと1時間半の自然に癒された道歩きでした。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年05月12日

石川県野々市市三日市で完成気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9535.jpg

4月16日は 石川県野々市市三日市で
潟Zブンワークスさまの現場の
完成気密測定(引渡し前)を行いました。

プロバンス風の外観ですね。

IMG_9538.jpg

ポスト口がおしゃれ。
ディテールにこだわった一品です。

IMG_9553.jpg

この見た目で 実はYKKの
高断熱玄関ドア イノベストD50です。
アイアンの窓格子が素敵です。

多分アルミ製だと思いますが...。
IMG_9531.jpg
IMG_9539.jpg

無垢フローリングに
スペイン漆喰の塗り壁。
とても温かみある色合いです。

IMG_9542.jpg

LDKの吹き抜けは大きい設計。
大開口のサッシから青空が見えます。

IMG_9554.jpg

玄関からリビングに繋がる
扉はボルドー色。

ドアノブはアイアン製で
ザラっとして少し冷たい肌触り。
お施主さまのこだわりを感じます。

IMG_9552.jpg

階段の途中の照明。
光の反射が美しい。

IMG_9550.jpg

2階に上がると吹き抜けが
かなり大きいと分かります。

セブンワークスさまの家は
極力吹き抜けを設け
家の空気が循環するように設計されています。

IMG_9543.jpg

換気システムは第一種(熱交換)の
スティーベル製 ツイン・エアー LT-50EcoFlat。

ダクトレスの換気システムです。
2台1セットで70秒ごとに
給気と排気が入れ替わる おもしろい仕組み。

ダクトがないので吹き抜けや屋根勾配など
ダクティングが難しい設計でもOK。
また給気経路にホコリ、虫が溜まりにくいので(壁に設置)
空気がきれいです。

IMG_9545.jpg

おっと...、脱線しました。


さて、気になる完成気密の
結果はいかに...。

IMG_9549.jpg


C値 = 0.18cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2
IMG_9548.jpg

この測定結果に立ち合いされた
お施主さまと七山社長はとても喜び
詳細を確認されていました。

この現場は
完成気密 = 0.18cm2/m2
外皮Ua値 = 0.34(G2グレード)
超ハイスペックな 気密&断熱力です。

換気システムのツイン・エアー LT-50は
熱交換率90%。

室温20℃、外気温0℃だと
室内に(熱交換素子を通って)入ってくる
空気の温度は 18℃になる 熱交換率です。

ただし、完成気密が0.3cm2/m2以下でないと
メーカーの熱交換率にならないと言われています。

上記のスペックなら間違いなさそうです。
真冬にお邪魔して暖かさを
体感してみたいですね(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック