2020年05月01日

石川県河北郡内灘町白帆台で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9289.jpg

4月9日は、石川県河北郡内灘町白帆台で
潟Vィー・プランニングさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_9297.jpg

白帆台から見る景色は最高ですね。
白山連峰、牧場、河北潟と
広大な景色を一望できます。

IMG_9292.jpg

現場はその素晴らしい景色を
1階、2階から眺望できるよう
設計された間取り。

IMG_9309.jpg

2階の勾配天井の開始位置は
大開口フィックスの上端に合わせた拘り。
まさにピクチャーウインドウですね。

そこから見える景色は...

IMG_9310.jpg

異国のような雰囲気。
羨ましいです(^^♪

IMG_9303.jpg

さて、外回りからチェックしていきます。

スリーブの目張りがとても丁寧に
貼られていました。

IMG_9300.jpg

室内の床貫きのCD管周りは
コーキングで気密処理。

IMG_9301.jpg

排水配管まわりも
コーキングで気密処理。

IMG_9307.jpg

ユニットバスの下も覗いて
チェックしました。
断熱材の繋ぎ手、配管の貫き部分もきれいに
気密処理されていました。

IMG_9293.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

サッシ周りはウレタンによる
気密処理。

IMG_9302.jpg

断熱材は 屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。
とてもきれいに吹かれていました。

IMG_9298.jpg

あっ!!
いつもご使用頂き、ありがとうございます。

ウレタンの下地材として相性が良く
夏場の屋根の熱気をさえぎる遮熱材です。
通気層もかなり大きく取れる上、透湿用のスリット加工で
排湿性能も高くなります。
興味のある方はぜひ。

IMG_9299.jpg

おっと脱線しました。
話を戻します。

この現場は お施主さまが直接、
当社に測定依頼して頂いた現場。(ありがとうございます)


気になる気密測定の
結果は...。

IMG_9316.jpg


C値 = 0.18cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_9323.jpg

それでは監督さんと
C値改善(隙間埋め作業)を開始します。

玄関ドアの下端から少し
気密漏れがあったので
ウレタンで気密処理。

IMG_9320.jpg

玄関周りの基礎と土台の間の
気密パッキンから気密漏れが...。

IMG_9315.jpg

角の部分の隙間が出来ていました。
あと気密パッキンのジョイント部分(繋ぎ)
からも気密漏れがありました。

IMG_9319.jpg

その隙間をウレタンで埋めて
気密強化しました。


さて、気になる再測定の
結果はいかに...。


IMG_9317.jpg


C値 = 0.16cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2
IMG_9318.jpg

立ち合いされたお施主様は
とても喜び、結果を撮影されていました。

測定自体は数度計測し
妥当性を図った結果です。

私自身、潟Vィー・プランニングさまの
気密測定は はじめてでしたが
デザイン、断熱性、気密性ともに
とてもレベルが高くびっくりしました。

お施主さま、当社に直接 ご依頼頂き
ありがとうございました。
良い気密が出てよかったです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック