2020年06月30日

富山県富山市大町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0787.jpg

6月3日は、富山県富山市大町で
潟Wュープラスさまの現場の
気密測定を行いました。

この現場は断熱改修(リフォーム)の
現場になります。

IMG_0753.jpg

現場に入ると室内を掃除される方
ダクトを目貼りされる方と
慌ただしい状態。

断熱改修の測定は
過去に何件か行いましたが
新築と違い、良い気密を出すのは
なかなか厳しいのが現状です。

IMG_0783.jpg

リビングの奥の大開口サッシは
フルオープンになる設計。

IMG_0784.jpg

壁に貼られている気密シートは
見たことないモノでした。

インテロ(INTELLO)という名の
高性能調湿防水シートのようです。

当社でよく紹介させてもらう
タイベックスマートより調湿機能が
優れているとのこと。

IMG_0768.jpg

冬には透湿性を下げることで湿気を保ち
夏は逆に透湿性を上げ湿気を拡散するようです。

外見はインスタ映えする
シートですね。
超高性能のためか
かなりお高いようです。

断熱材はセルロースファイバー。

IMG_0760.jpg

屋根の断熱材はフェノバボード。
ウレタンとコーキングで
気密処理されていました。

IMG_0761.jpg

サッシはこれまた珍しい
K-WINDOWという会社の
樹脂ペアガラス。

日本ではじめて一貫生産に
取り組んだ窓ガラスメーカーのようです。

サッシ周りはMAGの気密テープで
気密処理されていました。

IMG_0756.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0774.jpg


C値 = 5.5cm2/m2 でした。


IMG_0771.jpg

「おおっ 〜 5.5cm2/m2 !!」と
声が上がります。

ジュープラスさまの新築の測定だと
0.1cm2/m2 出るのがほとんど。
やはり断熱改修は甘くない。

それではC値改善(隙間埋め作業)
開始します。

ガルバリウム鋼板と木材との
取り合いから気密漏れ。
気密テープで気密処理しました。

IMG_0770.jpg

階段と気密シートの取り合い
部分(斜めのライン)から
気密漏れしていたため
気密テープで気密処理。

IMG_0786.jpg

玄関周りの土台と玄関タイルの
取り合いから気密漏れ。
コーキングで気密処理。

IMG_0775.jpg

火打ちの周りから気密漏れ。
木材の割れからも
伝い漏れがありました。

IMG_0778.jpg

既存の階段を壊さない
断熱改修だったため
階段周りからの気密漏れが多かった。

ウレタンとコーキングで
気密処理しました。

IMG_0779.jpg

ありとあらゆる場所の
気密処理をかれこれ2時間は
やっていたと思います。


さてさて、気になる
C値改善後(隙間埋め後)の
結果はいかに...。

IMG_0773.jpg


C値 = 3.3cm2/m2 でした。


IMG_0772.jpg

気密処理を頑張られた
大工さんは測定結果を見つめて

「やっぱり、断熱改修は甘くない。
1.0cm2/m2 くらいは出るかと思った。
新築の気密の取りやすさに感謝せな
あかん」と悔しがっていました。

αA(家全体の隙間面積)は
468cm2 → 281cm2 と
187cm2 相当の隙間が埋まった
結果でした。

IMG_0759.jpg

基礎がきれいでドンガラの
柱だけからのスタートならまだしも

いろいろ現状残しの断熱改修で
3.3cm2/m2 はなかなか
立派な数値だと思います。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年06月29日

石川県金沢市東力で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0536.jpg

5月27日は、石川県金沢市東力で
ハンズスタイル鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0538.jpg
IMG_0505.jpg

現場はハンズスタイルさまの
得意とする2階リビングかな?

1階も間取り的にリビングに
見えるのでダブルリビングかもしれません。

IMG_0539.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_0540.jpg

サッシ周りは気密テープにより
気密処理されていました。

IMG_6234-d0596.jpg

断熱材は パワーマックス。
弾力性があるチクチクしない
断熱材です。

IMG_0531.jpg

その断熱材をデュポンの
タイベックスマート(調湿機能付き気密シート)に
充填されていました。

IMG_0506.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0507.jpg


C値 = 0.28cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_0517.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
はじめます。

気密漏れ 箇所ナンバー1の
玄関ドアの下端から気密漏れ。
ウレタンで埋めました。

IMG_0519.jpg

ユニットバスの下にある
給湯給水配管の隙間から
気密漏れを感じました。

まとめ配管するときは
気を付けてください。

IMG_0525.jpg

化粧柱に気を使ってか(汚さないようにしたため)
気密処理が甘かった?

柱周りをしっかり気密処理
しました。

IMG_0511.jpg

勝手口周りの基礎と土台の
取り合いから冷気を感じます。

IMG_0515.jpg
IMG_0516.jpg

取り合い部分をぐるっと
1周 気密処理しました。

IMG_0508.jpg

勝手口の下端もウレタンを
充填して気密処理。

IMG_0520.jpg

経年劣化等で気密漏れしないように
梁周りの気密処理を強化。

IMG_0526.jpg

最後に大工さんが見つけたのが
玄関ドアの電子ロック錠の配線穴。

ワ〜 すごく、ス〜ス〜する。
かなり気密漏れしていました。

IMG_0528.jpg

監督さんは
「こんな穴を見逃してしまうとは...」と
苦笑いして気密処理。


さてさて、C値改善(隙間埋め後)の
再測定の結果は...。


IMG_0532.jpg


C値 = 0.19cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_0533.jpg

監督さんは「バンバンです」と
喜びながら結果を撮影。

IMG_0535.jpg

大工さんも「良いC値だから」と
撮影されていました。

αA(家全体の隙間面積)は
45cm2 → 31cm2 と
14cm2 の隙間が埋まった結果に。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.41 → 1.09 とかなり改善しました。
n値は 1に近づくほど隙間風が
入りにくいと言われています。

IMG_0526 - コピー.jpg

n値が大幅に改善したのは
電子ロック錠の配線穴ように
大穴を気密処理できたから
だと思われます。

自分で言うのもなんですが
数値で見える化って
すごいですね(^^♪



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年06月28日

特殊詐欺 妻のつぶやき


先日、家の固定電話に変な電話がかかってきました。

「白山警察の生活安全課の〇〇ですが、福田さんの重要書類が見つかったのですが…」と。

IMG_4351.jpg

相手が電話で色々話している中で、

ちょっと名前が聞き取りにくかったので「もう一度お名前をお願いします」と言ったところ

「白山警察署の生活安全課の〇〇です」と再び名乗り

「福田さんの重要書類が見つかったのですが被害は無いですか?」と聞いてきました。

「ない」と答えると「わかりました」と言って電話が切れました。

IMG_4707.jpg

電話を切ってから確認のためタウンページで『白山警察署』を調べ電話をしたところ

なんと、白山警察の生活安全課に『〇〇さん』という方がいたのです。

でも、その方は私の家には電話をしていない…と。

IMG_4350.jpg

たぶん『特殊詐欺』だろうということで電話で簡易の『事情聴取』を受けたのですが

住所、氏名、電話番号と聞かれ、そして生年月日も…。

「こんなんで生年月日って必要?」と、思わず言ってしまったのですが

「必要です」と警察がのたまいます。

必要???

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年06月27日

特性ドリンク 妻のつぶやき


毎朝、旦那は手作りの特性ドリンクを作って飲んでいます。

IMG_4660.jpg

材料は『抹茶(煎茶を旦那が粉砕)とレモンと甘酒』で、

レモンは皮をすりおろして食べるので『国産のレモン』にこだわっています。

冬が旬の『国産レモン』は、今探すのが大変です。(高いと買えないので…)

IMG_4654.jpg

作り方は、先ずレモンを洗って皮ごとすりおろします。

IMG_4655.jpg

そしてカップにすりおろしたレモンと抹茶、甘酒を入れレンジで温めます。

栄養が壊れないようにちょっと低めに温めて出来上がりです。

IMG_4650.jpg

旦那は食べ物の原材料をチェックしたり

『レモン』にこだわったりして気を付けていますので絶対長生きすると思います。

あとはよろしくね〜。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年06月26日

福井県福井市和田中で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0724.jpg

6月2日は、福井県福井市和田中で
樺広地所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0725.jpg
IMG_0726.jpg

現場に入ると
庭に面する大開口のサッシから
緑が眩しく見えました。
さわやかで良い感じ。

IMG_0748.jpg

部屋の隅ではユニットバスの
組み立て工事が行われていました

よくユニットバス組み立て工事と
気密測定がバッティングしますが
排水配管から気密漏れしなければ
問題ありません。

もちろん、ユニットバス下の基礎周りの
気密がしっかり取られている
前提です。(潜れなくなるので...)

IMG_0733.jpg

外回りの点検から開始します。
屋根の軒が斜めにデザインされた設計。

IMG_0734.jpg

床下換気システム(マーベックス 澄家DC)の
スリーブです。

ウレタンとコーキングで
しっかり気密が取られていました。

IMG_0747.jpg

室内側の換気配管は
ゴミが入らないよう
養生されていました。

IMG_0728.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_0729.jpg

サッシ周りはコーキングによる
気密処理がされていました。

IMG_0746.jpg


この現場はプレウォール工法。


IMG_0730.jpg

パネルのジョイント部分は
コーキングにより気密処理。

IMG_0731.jpg

屋根の断熱は
ネオマボード + ウレタン吹付の
付加断熱の仕様。

IMG_0749.jpg

玄関周りをよく見ると
マットのようなモノが敷いてあります。

IMG_0750.jpg

気密材でしょうか。
低反発のスポンジのような
材質ですね。

IMG_0732.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0736.jpg


C値 = 0.20cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_0742.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

柱のほぞの部分(緑のテープ部分)から
気密漏れを確認しました。

IMG_0740.jpg

もちろん、緑の養生テープを
剥がしてコーキングを充填します。

IMG_0743.jpg

かなりの量のコーキングが
入っていきます。
1箇所に 1/3本くらい
入ったのではないでしょうか。

IMG_0738.jpg

なかなか数がありますね。
1時間ほど充填しまりました。
(監督さんが)

さて、C値改善後(隙間埋め後)の
結果はいかに...。


IMG_0744.jpg


C値 = 0.16cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm/m2。
IMG_0737.jpg

C値改善を頑張られた監督さんは
「0.1cm2/m2に届かなかった」と
悔しそうにされていました。

αA(家全体の隙間)は
30cm2 → 24cm2 と
6cm2 の隙間が埋まったことになります。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.46 → 1.25 とけっこう改善しました。
隙間風が入りにくい特性です。

IMG_0745.jpg

マスクした状態で
目張りして締め切った中
ユニットバスの工事の方々は
熱気で真っ赤になりながら
作業された感じでした。

本当にお疲れさまでした(^^♪



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年06月25日

手取幹線47号の湧水


久しぶりに北陸電力送電線の「手取幹線47号」送電線巡視路の湧水を汲みに登りました。

場所は白山市鳥越、広瀬の集落の山です。

IMG_0549.JPG


林道にはきれいなガクアジサイが咲いていました。

IMG_0516.JPG


巡視路の案内看板から右の山道を登ります。

IMG_0517.JPG


IMG_0525.JPG


この山の4合目くらいのところで、大きな杉の木の下の小さな岩の下から湧水が出ています。

IMG_0546.JPG

十年以上前から、いろいろな巡視路歩きをしていますが、47号幹線のこの小さな小さな湧水を発見、飲んでみると冷たく甘い美味しい水が忘れられなくて、また来ました。

まず湧水にたまった木の葉っぱや枝を取り除き掃除です。

IMG_0522.JPG


そしてコップ一杯の水、いやあ〜冷たくて美味しい!ここまで登ってきた甲斐があります。

IMG_0541.JPG

額の汗も吹っ飛びました。

ペットボトルに美味しい水を汲みます。

IMG_0540.JPG

さてこれから 47,48,49号鉄塔まで山登りです。

途中、河内の手取川第3ダムが見えました。

IMG_0538.JPG


一番高い所の49号鉄塔は周りはなんと草藪でぼうぼう。

IMG_0536.JPG

ここから白山や周りの景色がよく見えていたのに、しばらく来ないうちに鉄塔の周りは景色が変わっていました。

でもこのヤブの中にササユリの花がひっそりと咲いていました。ここまで登ったご褒美ですね。

IMG_0530.JPG

優しいささゆりの花に癒され下山すると、広瀬集落の道でここの住民のお母さん2人に声をかけられ

「あんた、何処へ行っとたんですか?こんな誰も来ない山に!」

「送電線の道に湧水があり、湧水くみに行ったんです」

「湧き水?へええ!そんなとこあるん? 知らんかったなあ」

私のデジカメの写真を見せると

「あらほんと、水が湧いているワ、林道の何処から登るんかね?」

「林道をしばらく歩くと、少し広くなったところがあるでしょ。そこに送電線の案内看板があるんです。そこを右へ行く道があってね。そこから登ったら行けますよ」

「ああ!あの少し広くなった道があるわね。あそこから登るのね。こんな山を登るなんて人は初めて見たワ」

こんな地元のお母さんたちとこの山談義して、自分の車に戻り時計を見ると、2時間余りの山歩きでした。




posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2020年06月24日

石川県白山市あさひ荘苑


おはようございます
健太郎です。

IMG_0425.jpg

5月23日は 石川県白山市あさひ荘苑で
鰍bONCEPT建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_0393.jpg
IMG_0389.jpg

現場は大開口スライディング(窓)から
明るい光が差し込む室内。

IMG_0391.jpg

天井を見上げると
大きな吹き抜けがあり

IMG_0405.jpg

その吹き抜けから光を落とす
大きいサッシが配置されていました。

IMG_0383.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルサッシ。

最近のコンセプトさまの「あるある」で
引き違いサッシがない現場になります。
ちなみに写真はAPW431の大型スライディングなので
引き違いサッシではありません。

過去のデータを見ても
引き違いサッシがない方が
より気密性の高い結果になっています。

IMG_0384.jpg

窓周りは気密テープで 気密処理。
相変わらずエッジがくっきりしており
仕事がきれいです。

IMG_0385.jpg

断熱材は屋根、壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_0422.jpg

外壁にフェノバボードを貼った
付加断熱の仕様。

IMG_0394.jpg
IMG_0395.jpg

剛床の繋ぎ、柱の立ち上がりは
気密テープで気密処理。

ピッキーンと美しい施工。

IMG_0376.jpg

気密テープは 手で貼るだけではなく
専用のヘラ(手作り)で圧着させて
施工されています。

どおりできれいな訳です。

IMG_0408.jpg

玄関周り土台と基礎の取り合い、
玄関ドア周りの気密処理もきれいです。

モルタル部分ですが通常
最後にタイルと共に仕上げるのが一般的。

IMG_0409.jpg

ここでは
タイル屋さんが気密測定のために
わざわざ来て、玄関周りをきれいに
施工されていました。

玄関周りのスタイロフォーム(断熱材)は
モルタルで埋まるように施工されるので
スタイロフォームの隙間を伝う
気密漏れもありません。

IMG_0419.jpg

これは 外部の電源等の
引き込みの写真。

通常、CD管にまとめて
配線されるのが一般的ですが
それだと配線と配線の隙間を
通じて気密漏れが少なからず
発生してしまいます。

それを防ぐためにブチルテープで
1本1本分けて気密処理されていました。

IMG_0377.jpg


さてさて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0388.jpg

でました。
C値 = 0.0cm2/m2 !!! (0.05未満の気密で出ます)

正確には...
C値 = 0.038cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

IMG_0379.jpg

立ち合いされたお施主さまは
満面の笑みで結果を撮影されていました。

αA(家全体の隙間面積)は
3×2cm の 6cm2。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.04と隙間風がすごく入りにくい
数値を示しています。

IMG_0402.jpg

数値が先行してしまいますが
大工さんをはじめ、施工に関わる
関係業者が気密を重んじている
結果だと思います。

一応、書いておきますが
コンセプトさまは 0.2cm2/m2以下の
気密性能を目指し 頑張っています(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年06月23日

福井県坂井市丸岡町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0622.jpg

5月28日は、福井県坂井市丸岡町で
潟cWュールホームさま の現場の
気密測定を行いました。

IMG_0623.jpg

そういえば、モジュールホームさんの
社旗が変わりました。
シンプルですがおしゃれな感じです。

IMG_0618.jpg
IMG_0619.jpg

現場は勾配天井の
板張りの真っ最中。

IMG_0625.jpg

梁見せ & 板張り。
素敵ですね。

この板張りの組み合わせは
センスが問われると
大工さんは嘆いていました。

断熱材は 屋根、壁ともに
ウレタン吹付断熱です。

IMG_0634.jpg

サッシはリクシルの
サーモスL。(アルミ複合ペアガラス)

IMG_0635.jpg

サッシ周りはウレタンによる
気密処理がされていました。

IMG_0633.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0636.jpg


C値 = 0.36cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_0630.jpg

さてさて
C値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

監督さんと外回りを確認しました。

IMG_0631.jpg

ダクトの目張りも緩んでないし、
基礎の水抜きの穴も塞がっている。

IMG_0637.jpg

玄関ドアの下端から
気密漏れを感じました。

IMG_0638.jpg

隙間にウレタンを
充填して気密処理。

IMG_0627.jpg

玄関ドア周りの気密処理が
されていませんでしたので
これまたウレタンで気密処理。

IMG_0645.jpg

勝手口周りの気密処理は
されていましたが
よく見ると...。

IMG_0642.jpg

ドア枠に変な穴が
開いていました。
もちろん気密は漏れてました。

ドア調整用のサービスホールか?
それにしてもキャップくらいほしい
ところです。


ここを目張りして再測定。
はたして結果は...。


IMG_0641.jpg


C値 = 0.28cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_0640.jpg

測定結果に設計の梅木さんは
ほっとされた様子。

αA(家全体の隙間)は
60cm2 → 47cm2 と
13cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.27と良い感じ。

それにしても勝手口の穴が
気になります。
今までそんな穴あったっけ?と
話し合っていました。

IMG_0646.jpg

気がつけば板張りが
進んでおり素敵な感じに。
板張りの組み合わせセンスは
抜群ですよ 大工さん(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年06月22日

福井県福井市花堂中で完成気密測定(引渡し前)


おはようございます
健太郎です。

IMG_0549.jpg

5月28日は 福井県福井市花堂中で
轄qq木材さまの現場の完成気密測定
を行いました。

IMG_0582.jpg

玄関ドアはYKKの
イノベストD50。

右側のボックスは
宅配ボックス。

IMG_0585.jpg

大容量で気密性も
良かったモノです。

IMG_0584.jpg

振り返ると玄関に
手洗いが設置されていました。

コロナなどを考慮すると
玄関で菌など洗い落として入室。
良いですね。

IMG_0568.jpg

階段下に手洗いと同じ
家のカタチの収納が...。

ペット用ですか?と伺ったところ
お掃除ロボット用だとか。

IMG_0588.jpg

最近のお掃除ロボットの充電器は
ロボットからゴミを回収する
機能が付いており
サイズが大き目のようです。

後に扉が付く模様。

IMG_0557.jpg
IMG_0550.jpg

吹き抜けのあるリビングは
とても明るく

IMG_0559.jpg

大解放の吹き抜け空間は
勾配天井になっており天井が板張りでした。

IMG_0565.jpg

船のデッキのように
2階の手すり部分が飛び出ている
のがカッコいいです。

IMG_0571.jpg

階段を上るとまあ素敵。
明るいですね。

IMG_0578.jpg

2階の一室が防音室に
なっており吸音・遮音用の
パネルが付いていました。

IMG_0581.jpg

ロスナイは防音専用のモノ。
心置きなくピアノが弾けそうです。

IMG_0547.jpg


おおっと脱線しました。
気になる完成気密の
結果はいかに...。


IMG_0546.jpg


C値 = 0.23cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_0548.jpg

測定中、監督さんがコンセントボックスに
手を当てて漏気がないか
確認されていました。

この現場の断熱は現場発泡の
ウレタン吹付断熱。
そこに気密シートを貼った仕様。
さらに、コンセントボックスには
気密コンセントボックスを
施工されたようです。

ガッチリ施工されたようで
コンセントからの気密漏れは
ありませんでした。

立ち合いされたお施主さまは
とても喜ばれていました。

いや 〜 はじめての完成気密で
0.23cm2/m2はレベルが高過ぎです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年06月21日

地産地消 妻のつぶやき


コロナの影響でごんでんの朝市は遅れに遅れて7月開催とのことです。

IMG_4836.jpg

7月まで待ちきれないので直接作っている方のところに『買い出し』に行ってきました。

IMG_4834.jpg

まだまだ種類が少ないですが『じゃが芋、にんじん、玉ねぎ』がありました。

IMG_4841.jpg

形の悪いのもありますが

「ごんでんの野菜はスーパーのと違って元気で美味しい」と、姉は言います。

確かに!それが地産地消なのでしょうか。

IMG_4839.jpg

私たちの為にお花も用意してくれていました。

うれしい〜♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年06月20日

割引宿泊券 妻のつぶやき


IMG_4804.jpg県が県内宿泊の助成をしてくれる『旅行券』の販売が8日から始まりました。

IMG_4809.jpg

9日の日、新聞を見てあわてて近くのお店に開店の10時に行ったところ、

もう列が出来ていました。

IMG_4800.jpg

このくらいだったら待てるかな…と思ったのですが、

受付をして整理券を貰ったら『21番目』でだいたい午後2時ごろになる…とのことでした。

IMG_4810.jpg

一旦家に帰り電話を待つ…という形になりましたが、

2時を過ぎても全然連絡がなく忘れられた…と思っていたら4時15分に電話がありました。

JTBの方は朝から電話も取らず『県内宿泊券の販売』の来店者だけに対応していて、

その上コロナのため真ん中の席を開けているので同時に2組しか接客ができません。

IMG_4804.jpg

この『県内宿泊割引助成金』は今まで高くて行くことができなかった宿が

30,000円以上だと15,000円、20,000円以上だと10,000円の助成金が出るので

だいたい半額で泊まることができます。

IMG_4805.jpg

今まで頑張ってきたご褒美ですね♪

1晩だけですが、温泉に入って美しいお料理を食べてきます♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年06月19日

丸岡城を散策


おはようございます
健太郎です。

IMG_0592.jpg

福井県で気密測定があり
空いた時間、丸岡城に寄りました。
当日は天気が良く、暖かい日でした。

IMG_0593.jpg

やはり人通りは少なめ。
お城の石垣には医療スタッフへの
感謝の言葉が...。

医療スタッフの皆さん
命がけで働いていただき
本当にありがとうございます。

IMG_0594.jpg

天守に続く道を
上がっていきます。

IMG_0596.jpg

お城の下は庭園になっているのですね。
人は全然いませんでしたが
とてもきれいに整備されていました。
正式には霞ケ城公園と呼ばれるようです。

IMG_0597.jpg

山ではありませんが
空気が澄んでおり
おいしいく感じました。

IMG_0605.jpg

天守前にも少し大きい
公園が...。

IMG_0603.jpg

公園の先端からの眺め。
めちゃ見晴らしが良かったです。

5分間くらい ボ〜〜〜〜っと
して眺めていました。

IMG_0600.jpg

つつじがきれいですね。
天守がチラッと見えてきました。

IMG_0608.jpg

ドーンと 丸岡城の天守。

丸岡城は織田信長の命により
柴田勝家の甥の勝豊が築づいたようです。

IMG_0612.jpg

天守には入らず
本丸の石垣を見て回りました。

石垣フェチではありませんが...
本丸周囲の石垣は
自然石をそのまま微妙な塩梅で
積み上げている「野面積み」手法。

丸岡城の石は丸っこい石が多く
あまり荒々しさを感じません。

IMG_0614.jpg

人気のない場所までいくと
これも本丸の石垣なのかと
思う場面も...

何か意味深なものを感じます。

IMG_0611.jpg

天守を一周しました。
威風堂々とカッコいいですね。

雲のカタチが天守の
オーラのように見えます。

平日の昼間に贅沢なリフレッシュ。
ありがとうございました(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年06月18日

久しぶりに、小松木場潟湖畔の歩き


気密測定の帰り少し時間があったので小松市の木場潟湖畔を歩きました。

IMG_0485.JPG

の木場潟遊歩道は一周6.4kmあり、この日は4kmほど歩きました。

黄色い花、

IMG_0484.JPG

IMG_0483.JPG

鮮やかな紫陽花

IMG_0488.JPG

IMG_0489.JPG

IMG_0494.JPG

そして公園の花菖蒲

IMG_0492.JPG

IMG_0493.JPG

湖畔からは白山がいつもは眺められるのですが、この日は雲の中でした。

IMG_0496.JPG

きれいに整備され、緑に癒される道

IMG_0499.JPG

美しい水辺の花

IMG_0507.JPG

心地の良い涼しい風に吹かれて約1時間の歩きを楽しみました。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年06月17日

頑張る女性大工さん、気密C値0.1cm2


6月15日は日の丸工務店合同会社様の福井県坂井市の気密測定でした。

IMG_0464.JPG


IMG_0465.JPG


女性の大工さんの現場です。

IMG_0448.JPG


Rプラスパネルの高気密高断熱工法、基礎断熱、壁フェノールフォーム、屋根ウレタン吹き付け

IMG_0455.JPG


IMG_0462.JPG


サッシはYKK樹脂窓 APW430トリプルでした。

IMG_0460.JPG

IMG_0453.JPG


測定結果は0.1cm2/m2と超高気密です。

IMG_0451.JPG

IMG_0463.JPG

壁のフェノールフォームと木部、柱、間柱、木部枠との取り合いはすべてコーキング処理でした。

女性の大工さんがすべてコーキング工事をていました

IMG_0461.JPG

IMG_0456.JPG

女性の大工さんが私に
「このコーキングが一番手間がかかったけど、ここが気密漏れやすいのでね、結果が
 0.1が出てよかった。手間をかけた甲斐がありました。」

半端でない面積と長さのコーキング工事は大変だったと思います。

頑張る女性の大工さんに感銘しました。



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年06月16日

気密工事箇所チエック写真集をお手本に施工、良い気密C値でした。


6月12日は潟Aントール金沢(本社七尾市)の金沢市の中間工事中の気密測定でした。

お施主様が以前私にメールで「気密工事チエック箇所写真集」が欲しいと問い合わせがあり写真集をさしあげた現場でした。

IMG_0446.JPG

その後アントールさんの現場監督さんにも写真集をお渡した現場です。

現場には朝早めに着くと、すでに会社の営業、設計、工務の社員さんが何人も来られていました。

気密断熱を勉強しこだわりのあるお施主様なので、どこに隙間があるのか、そして社員さんが自分達で隙間をさがし気密漏れのチエックをするために自主的に来られていました。

壁、屋根はウレタン吹き付け断熱、床はフェノールフォーム、サッシはYKK APW330です。

IMG_0434.JPG


サッシ周りのウレタンとコーキング、玄関ドア枠下と土間コンクリート、床と柱周りの気密処理など現場は写真集通りでとても丁寧な仕事で、ほとんど直すところがありません。

IMG_0444.JPG

IMG_0445.JPG


IMG_0443.JPG

それでも、測定器のファンを回し隙間風を感じる箇所を探し、大工さんはもちろん、女性の営業の人までが穴埋め作業を熱心にされてびっくりです。

IMG_0432.JPG

IMG_0431.JPG


測定結果は0.2cm2/m2と、とても良い気密C値です。

IMG_0440.JPG


お施主様がその後来られて測定器のデーターを確認され、喜んでおられました。
現場監督さん、女性の営業の人も確認され安心されました。

IMG_0438.JPG


施主様は初めて現場でお会いしたのですが、事前にメールや電話でお話しているので、気密数値のことはよく理解されておられ、私からの気密のデーター内容のも分かっておられ説明が楽でした。

施主様から完成時も測定を頼まれ、完成の気密数値が楽しみです。



続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年06月15日

石川県金沢市長田で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0153.jpg

5月14日は、石川県金沢市長田で
ハンズスタイル鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0160.jpg
IMG_0154.jpg

現場に入るとハンズスタイルさまで
採用率が高いアイアンの階段が見えました。
幅広でゆったりしていてカッコいい。

IMG_0186.jpg

ふと見上げると変わった形の
吹き抜けが...。

IMG_0189.jpg

吹き抜けの上はこんな感じ。
大開口のサッシから1階まで
日差しが差し込みますね。
完成が楽しみ(^^♪

IMG_0195.jpg

断熱材は 屋根、壁ともに
パワーパックス。
弾力性があるモコモコの
断熱材です。

IMG_0191.jpg

その断熱材を 調湿機能付きの気密シート
タイベックスマートに充填されていました。
隠れてしまいますが
シートのロゴがカッコいいです。

IMG_0198.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_0199.jpg

サッシ周りは気密テープにより
気密処理されていました。

IMG_0200.jpg

床の気密は剛床の下の
断熱材で気密処理し、
さらに剛床の繋ぎを
気密テープで貼り合わせてありました。

IMG_0196.jpg

玄関周りは基礎とスタイロフォームの
取り合いをウレタンで気密処理。
外気の伝い漏れを防ぎます。

IMG_0140.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0163.jpg


C値 = 0.23cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_0166.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
はじめます。

アイアンの階段下の部屋は
ハンズスタイルさまでは珍しく
1段下がっています。

IMG_0165.jpg

床を下げると気密処理は
結構大変です。

大工さんが手をかざしながら
気密漏れを探し、気密テープとウレタンで
気密処理されていました。

IMG_0172.jpg

小上がりの和室?でしょうか。
よく見ると床が抜けています。

IMG_0174.jpg

収納庫でしょうか。
床下の1部を基礎断熱に
されているようです。

こういう場所は結構
気密漏れしやすいのですが
きちんと気密処理されていました。

IMG_0171.jpg

ユニットバスの下を覗きます。

この部分も基礎断熱仕様。
ウレタンとテープで漏れなく
気密処理されていました。

IMG_0180.jpg

もう諦めかけていたそのとき
吹き抜け上空の2階部分の
柱周りがあやしいことを発見!

IMG_0175.jpg

柱の奥に少し空間がある設計。
気密処理が難しいヤツです。
監督さんが手を当てて
漏れを確認しました。

IMG_0176.jpg

アクロバティックなかっこうで
隙間にウレタンを丁寧に
吹き付けました。

IMG_0150.jpg

階の下屋から伝い漏れを
防ぐために梁と床の取り合い
部分をウレタンで気密処理。

さてさて、C値改善後(隙間埋め後)の
気密測定の結果は...。


IMG_0184.jpg


C値 = 0.20cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_0183.jpg

測定結果に監督さんは満足しながら
結果を撮影されていました。

C値改善により
αA(家全体の隙間)が
31cm2 → 27cm2 と
4cm2の隙間が埋まりました。

この現場は気密の取りにくい
床の下がった部分が多かったです。
それを考慮するとかなり健闘した
気密だったと思います。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年06月14日

スポーツ用マスク 妻のつぶやき


6月1日よりスポーツセンターの営業が再開しました。

IMG_4818.jpg

でも『コロナ』が無くなったわけではないので手の消毒、体温測定、ジムの機械は

使ったら自分で除菌、スタジオも人数制限があり…と、いっぱい制約がなされています。

大きな声で話したり3密にならないよう…と言われお友だちとお話もできません。

IMG_4795.jpg

そして、マスクはお風呂とプール以外は運動をしているときでも着用するように言います。

マスクをして運動をすると口の周りが汗でビっチョリになり、

口に張り付いたりして息苦しくなります。

IMG_4798.jpg

そこで通気性の良い薄手のマスクはないだろうか…とショッピングセンターで探し、

1枚なのですが裏にガーゼが付いた『手作りマスク』の布を買ってきました。

IMG_4823.jpg

1枚に1つしか作られない…とお店の方が言っていましたが3つ作って12こもできました。

今スポースセンターではウレタンのマスクが1番人気で、

『安倍のマスク』も通気性がいいから…と皆さん色々試して使っています。

IMG_4821.jpg

私もこれから1つ1つ試してみます。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年06月13日

いちご狩り 妻のつぶやき


旦那の「どっか行こう、どっか行こう!」攻撃に負けて『いちご狩り』に出かけました。

IMG_0430-thumbnail2[1].jpg

ネットで『いちご狩り』を調べたところ、石川県内で3か所の『いちご園』があり、

その中で『赤崎いちご』は料金が1,400円と1番安かったのでここに決めました。

しかし、赤崎は珠洲市に近く家からは150`の距離にあります。

IMG_4787.jpg

赤崎のいちご園は5軒あるのですが6月7日に営業していたのは2軒だけで、

そろそろ今季の『いちご狩り』は終わり…とのことでした。

IMG_4789.jpg

お金を払い、手の消毒をしてから『いちご畑』に入ります。

『いちご狩り』にはだいたい30分の時間制限があるのですが、

パクパクパクと急いで食べたせいか5〜10分くらいでお腹がいっぱいになりました。

IMG_4782.jpg

いちごはとっても美味しかったのですが食べられないものですね〜、

それでも元を取らなければ…と100個を目標に頑張って食べました。

旦那は早々とリタイヤして木陰で休んでいます。

IMG_4793.jpg

青い空、澄んだ空気、そして美味しい苺、久々に楽しくリフレッシュできました。

旦那にもうちょっとガッツがあったらもっと楽しかった??

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年06月12日

残念!剣岳は雲の中、千石城山


まだ登ったことがない富山県上市町の千石城山(757m)に初めて登りました。

IMG_0079.JPG

上市川第二ダムを通り走ると登山口がありました。

IMG_0107.JPG


IMG_0081.JPG


よく整備された登山道でファミリーな山です。

IMG_0080.JPG

IMG_0094.JPG


IMG_0085.JPG

この山のてっぺんにお城の案内板があります。

IMG_0099.JPG

IMG_0098.JPG

IMG_0100.JPG

IMG_0102.JPG

IMG_0101.JPG

こんな高い山のお城だと昔の武士の人は上り下りでさぞかし大変だったことでしょうね。

この千石城山のもう一つの魅力は剣岳を望む絶景と聞いていたのですが、残念、剣岳は雲の中でした。

IMG_0103.JPG

晴れていれば早月川を手前に剣岳の雄姿が眼前に見えるのですが・・・。

天気快晴の時に再度、来たい山です。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2020年06月11日

福井県坂井市三国町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0437.jpg

5月26日は 福井県坂井市三国町で
日の丸工務店さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0439.jpg
IMG_0466.jpg

室内がとてもきれいに清掃された
2階リビングの現場でした。

IMG_0471.jpg

大開口サッシから外を眺めると
家の前の道路に沿って
桜が植えてあることに気が付きました。

IMG_0442.jpg

ずっと奥まで 桜。
いや〜桜が咲いているときに
来たかったです。

IMG_0468.jpg

サッシは開口の大きなモノが
YKKのAPW430(樹脂トリプルガラス)。
小さめのサッシが
APW330(樹脂ペアガラス)の仕様。

IMG_0470.jpg

断熱材は屋根が
ウレタン吹付断熱。

IMG_0450.jpg

壁がネオマフォーム。
コーキングでしっかり
気密処理されていました。

IMG_0472.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0473.jpg


C値 = 0.37cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_0444.jpg

「えっ!めっちゃ悪い」と大工さん。
この大工さんは 3回連続
C値=0.1cm2/m2を叩き出しています。

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

まず、コーキングの怪しいところを
追加でコーキング。

IMG_0447.jpg

怪しい部分がないか
ガン見して探しています。

IMG_0449.jpg

コーキングの気密処理は見た目より
上から押さえてナンボ。
地味に時間がかかります。

IMG_0483.jpg
IMG_0484.jpg

配管周りでちょっと怪しい箇所を発見。
ウレタンで気密処理しました。

IMG_0482.jpg

2階の階段上の角が怪しい。
ウレタンで気密処理。

IMG_0485.jpg

ありました! 梁と屋根の隙間。
丸印部分から少し気密漏れがあったので
ウレタンを充填しました。

駄菓子菓子(だがしかし)
こんなに気密処理したのに
0.3cm2/m2にも届かない状態。

ここまでで1時間半ほど
掛かっています。

IMG_0459.jpg

原点復帰で再度確認。
ここは基礎断熱の現場。
基礎貫き部分を再チェック。

床下換気システムの穴や
水抜き穴はしっかり目貼りされていました。

IMG_0457.jpg

エコキュートの給湯・給水配管まわり。
室内外のダブルで
気密処理されていました。

IMG_0474.jpg

サッシからの気密漏れは
ほぼ無い感じ。

いったいどこから漏れているんだ。

IMG_0493.jpg

かれこれ2時間以上経過。
ふと、玄関上の懐に繋がる配管(銀色)に
気が付きました。

これは換気システムの配管ですが
1度外(断熱されてない部分)に
出ているようです。

IMG_0436.jpg

外から見るとこの部分。
この部分は断熱されてないエリア。

でも丸印の上空は2階なので
当然室内です。

てことは...。

IMG_0488.jpg

ありました。
床の目貼りをめくると
ダクトがこんにちは。

ダクトの目貼りがないので
床下の空気をダクト越しに
引っ張って気密漏れ。

IMG_0489.jpg

実はこの床下部分、
気密シートで気密を取り
下からウレタンを吹き付けてあるので
ここは外と繋がっていない想定。

駄菓子菓子(だがしかし)...

IMG_04360.jpg

玄関ポーチの柱が 少しふかしてあって
その部分から写真の矢印のように
外気が入っていたのでした。

IMG_0492.jpg

先ほどの外気が入る経路を
ウレタンで気密処理して
床部分を塞ぎ再測定。

はたして、C値改善後の
結果はいかに...。


IMG_0495.jpg


C値 = 0.22cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_0500.jpg

測定結果に大工さんは0.1cm2/m2に
届かなかったことを悔しがっていましたが
大きく改善したことにほっとした様子。

αA(家全体の隙間面積)は
43cm2 → 26cm2 と
17cm2 改善した結果でした。

おお〜 今回は名探偵コナンくらいに
お手柄だったかな(^^♪
なかなか難問な気密漏れの
経路でした。






posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック
プロデュース