2020年07月01日

築20年の家のガデリュウス換気のメンテ


24日は築20年経った高気密高断熱のお家の換気のメンテでした。

換気はスエーデンのガデリウス換気です。

20年前に私が納めた換気です。

天井裏に設置したモーター本体は埃で真っ黒。

IMG_0551.JPG


IMG_0552.JPG

シロッコファンの羽根を外し、歯ブラシで水洗いすると新品ようになります。

IMG_0553.JPG


今度はモーターの入ったボックスの中を掃除機で掃除です。

IMG_0554.JPG

きれいに埃を取り除き、シロッコを取り付けます。

IMG_0555.JPG

IMG_0556.JPG

IMG_0557.JPG

次に給気口の(パッコン)をばらし掃除をして、新しいフィルターと交換です。

IMG_0558.JPG

IMG_0559.JPG

IMG_0560.JPG

IMG_0562.JPG


そして排気口の掃除です。(掃除クリーニング中の写真を撮り忘れ、掃除した後の写真です)

IMG_0563.JPG

最後に排気がちゃんと回っているか風速計で流量確認です。

20年経ってもまだ正常に換気が動き、モーターにも異常がないのは、ガデリウスのドイツ製のモーターの性能もさることながら、このお家のダクト配管がダゴダゴのフレキではなく、すべすべのダクトであること。

そして配管施工に極端な曲がりなど無理な配管がなく、丁寧な配管工事なので配管内圧損が小さいのでモーターに負荷がかからず長持ちしていますね。

長持ちしている換気は、換気ダクトの基本的な正しい施工と丁寧な工事をしているか、いないか、そしてメンテをしているかどうかで、寿命が決まります。
続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 換気
最近のトラックバック