2020年07月03日

石川県かほく市七窪で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0942.jpg

6月11日は 石川県かほく市七窪で
 (有)E-HOUSEさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0944.jpg
IMG_0946.jpg

2階リビングの現場かな?
眩しいくらいに光が差し込む
室内でした。

IMG_0951.jpg

ラウンドトップ(半円扉)でしょうか。
北欧風の室内になるかもしれませんね

IMG_0947.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_0948.jpg

サッシ周りは気密テープと
ウレタンにより気密処理
されていました。

IMG_0949.jpg

断熱材は 屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。
外壁にEPSを貼った 付加断熱仕様。

お気づきですか。
室内側に気密シートが施工されていました。
断熱材に水蒸気を吸わさないのが
本来の目的ですが気密的にも
当然プラスに働きます。

IMG_0956.jpg

気密コンセントボックスも
採用されてました

通常、このボックスに穴を開けて
電線をシート内側に配線しますが
現状は電線を室内側に配線し
ボックスに穴を開けない使い方を
されていました。

気密を考慮した使い方です。

IMG_0957.jpg

監督さんが仮ドアの下端を
目貼りしてくださっています。

IMG_0943.jpg


さてさて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0954.jpg


C値 = 0.097cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_0953.jpg

測定結果に立ち合いされた
監督さんはとても喜び
結果を撮影されていました。

αA(家全体の隙間面積)が
3.5 × 4cm の14cm2。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)が
1.04とかなりレベルが高いです。

E-HOUSEさまの気密の取り方は
ウレタンの下地材(面材)を気密テープで
気密を取る。それにウレタンを吹いて
室内側に気密シートを施工するで
なっとくの数値です(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック