2020年07月07日

石川県河北郡津幡町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0882.jpg

6月8日は石川県河北郡津幡町で
安藤建築事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0916.jpg
IMG_0886.jpg

大開口のサッシから
日差しが差し込む
明るい現場でした。

IMG_0912.jpg

窓から見た景色は
こんな感じ。
のどかでいいところです。

IMG_0917.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

写真のサッシは APW431の
大開口スライディングと思いきや
オプションでグリップを付けた
APW430 の引き違いサッシでした。

IMG_0908.jpg

サッシ周りは高性能気密テープの
ユラソールで気密処理されていました。

IMG_0919.jpg

断熱材は 旭ファイバーグラスの
高性能グラスウール アクリアα36kg 。

IMG_0920.jpg

その断熱材を 調湿機能付きの
タイベックスマート(気密シート)内に
充填してユラソールで気密処理。

IMG_0901.jpg

吹き抜け&勾配天井の2階部分。
気密テープに浮きがないか
チェックされてました。

最近の安藤建築さまは
気密シートを貼って
貫き(木材)を打ち終えてから
測定する流れになっています。

その方が測定によって膨らむ
気密シートを抑え込むことができるので
良いタイミングかもしれません。

IMG_0924.jpg

剛床(床材)の繋ぎ
柱の立ち上がりは
ユラソールで気密処理。

IMG_0922.jpg

ユニットバス下の
スタイロフォームの繋ぎや
土台との取り合い部分も
ユラソールで気密処理。

IMG_0929.jpg

1階の天井、桁周りも
伝い漏れを嫌ってユラソールで
気密処理されていました。

IMG_0884.jpg

玄関周りの気密処理も
ユラソールです。

通常、モルタルに気密テープは
くっ付きにくいですが
ユラソールなら食いつきます。

当社でも販売していますので
興味のある方はぜひ。

IMG_0906.jpg

玄関ドアはスニッカルペールの
木製玄関ドア。

木製玄関ドアは 風合いは良いが
気密はちょっと...。と思うこともしばしば。
しかしスニッカルペールは
過去の測定でも良い数値が出ています。

注意:写真の玄関ドアは養生でシートやテープが
貼られていますが 玄関の目張りはされていません。
(本ドアの目張りはアカンので)

IMG_0887.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0903.jpg


C値 = 0.065cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_0905.jpg

測定結果に安藤社長のお父さん(義父)は
とても喜び、結果を撮影されていました。

気密シート貼りで 0.065cm2/m2は
驚異的な気密です。

安藤建築さまでも過去最高の
気密スペックだと言われていました。

αA(家全体の隙間面積)は
3×2.5cm の7cm2。

毎度おなじみのタッカーの
使用本数は約6500本だったようです。
もちろん、その上から気密テープを貼られてます。

いやいや日々進化されていますね。
次回の測定も楽しみです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック