2020年09月14日

福井県福井市加茂緑苑町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2673.jpg

8月24日は 福井県福井市加茂緑苑町で
去l季ハウスさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_2687.jpg
IMG_2675.jpg

かなり大きい現場でした。
サッシの配置が適切なためか
どこにいても明るい室内でした。

IMG_2679.jpg

大きな平屋にも見えるのですが
2階は 2部屋ある設計。
大工さんが天井下地の工事をされてました。

IMG_2689.jpg

それでは、外回りから
点検します。

IMG_2692.jpg

基礎の貫通穴に目貼りがない?
と思いきや透明なシートで
目貼りされていました。

床下換気システムの
マーベックス 澄家の
スリーブですね。

IMG_2690.jpg

折り返した先に
またもや換気のスリーブ?!

後に伺ったところ
マーベックスの澄家 を2セット
設置する現場でした。

澄家を2セット設置する
現場ははじめてです。
かなり大きい現場です。

IMG_2682.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

大工さんがサッシ周りを
気密テープで気密処理されていました。

IMG_2676.jpg

壁の断熱材は太田木材鰍フ
テクノウォール。

ネオマフォームの周りに
コーキングが入っており
気密性能にも特化しています。

IMG_2677.jpg

屋根の断熱は
ウレタン吹付断熱。

この組み合わせは
屋根の断熱材をネオマフォームに
するより気密が出やすいですね。

IMG_2678.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2680.jpg


C値 = 0.44cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_2701.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

隙間特性値(範囲1〜2)が
1.75なので比較的大きな穴が
存在していると機械が言っています。

怪しいのが2階の屋根部分。
ネオマフォームと屋根の取り合い
部分にウレタンを吹いてもらいました。

IMG_2681.jpg

天井勾配でこのような箇所が
ある場合は気密漏れし易いので
注意です。

この木材の裏(屋根側)にも
ウレタンが充填されているのですが
この隙間を通じて伝い漏れが
発生し易いのです。

IMG_2686.jpg

ウレタンで良いので
この手の隙間には たっぷり
充填してください。

IMG_2700.jpg

気密漏れあるあるの
屋根と桁の取り合いの三角部分。
漏気する隙間が出来やすいです。

ココにもウレタンをたっぷり
吹いてもらいました。

IMG_2698.jpg

壁にボードが貼られた部分から
少し気密漏れ。ボードの隙間から
ウレタンを充填し、ボードと柱の取り合いも
シールするように気密処理。

さて、C値改善後(隙間埋め後)の
測定結果はいかに...。


IMG_2704.jpg


C値 = 0.30cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_2703.jpg

汗だくで気密処理された
大工さんは ほっとひと安心。
詳細結果を確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面性)は
115cm2 → 78cm2 と
37cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値)は
1.75 → 1.35 と大きく改善。

屋根の取り合い部分の
気密漏れが大きかったと言えます。
これぞC値改善と言ったところでしょうか。

実は (有)四季ハウスさまは
はじめての気密測定。
とてもいい数値からスタート
出来たと思います(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック