2020年09月24日

京都府綾部市大島町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2807.jpg

8月27日は 京都府綾部市大島町で
レクサスホームさま(大立工業梶jの
現場の気密測定を行いました。

IMG_2810.jpg
IMG_2845.jpg

かなり大きい平屋の家です。
大開口サッシから日差しが
差し込む明るい室内でした。

IMG_2811.jpg

家の中央に長い長い
廊下がある設計。

IMG_2826.jpg

廊下が明るいので見上げると
天窓が収まってました。
天井高で開口が大きい天窓。
とても贅沢な廊下です(^^♪

IMG_2824.jpg

さて、チェックしていきます。
断熱材は屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

IMG_2840.jpg

サッシはリクシルの
サーモスUH(アルミ複合ペアガラス)。

サッシ周りにはグラスウールが
詰め込んでありました。

IMG_2831.jpg

床の剛床の繋ぎは気密テープ、
柱周りはコーキングで気密処理。

IMG_2823.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2835.jpg


C値 = 0.58cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.6cm2/m2。
IMG_2816.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

玄関の基礎とスタイロフォームの
取り合いをウレタンで気密処理。

IMG_2820.jpg

同じく勝手口まわりも
ウレタンで気密処理。

IMG_2828.jpg

電子錠の配線の穴を
ウレタンで気密処理。

IMG_2830.jpg

天窓周りから少し気密漏れが
ありました。気密テープと
ウレタンでしっかり気密処理。

IMG_2834.jpg

気密測定器で少し圧をかけ
漏気がないかしっかり確認します。
細かな部分にはウレタンを
注入しました。

さて、C値改善後(隙間埋め後)の
結果はいかに...。

IMG_2839.jpg


C値 = 0.52cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.5cm2/m2。
IMG_2836.jpg

立ち合いされたお施主さまは
測定結果を撮影されていました。

後にお話しさせてもらったところ
当社のブログを読んで頂いている
ことが分かりました。

また、気密・断熱はもちろん
換気についてもかなり勉強されている
お施主さまでした。

家は高い買い物です。
今回のお施主さまのように
気密・断熱・換気・耐震など、いろいろ勉強して
後悔のない家づくりをしてもらいたいです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック