2020年09月30日

石川県小松市沖町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2506.jpg

8月11日は 石川県小松市沖町で
潟Rンセプト建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_2499.jpg
IMG_2497.jpg

現場は採光が抜群の
とても明るい室内でした。

IMG_2511.jpg

サッシはYKKの
APW430(樹脂トリプルガラス)。

サッシ周りは気密テープに
よる気密処理。

サッシ周りどころか木材の
組んである部分にも気密テープが
貼ってありました

IMG_2515.jpg

コンセプト建築設計さまの
現場でよく見る気密処理。
断熱材の隅を押さえるように
気密テープが貼られています。

これは 隅っこから気密漏れ、
伝い漏れをカバーした
気密処理になります。

IMG_2522.jpg

床の剛床のジョイント、
柱の立ち上がりを気密テープで
気密処理。

IMG_2523.jpg

先ほどと同様に気密処理
されています。違いは筋交いや
金物が施工されていること。

写真を見るとわかりますが
まず、剛床、柱周りをしっかり
気密処理して、その上から
筋交いや金物が取り付けられています。

ちょっとした手順の差ですが
これがなかなかできていない現実です。

IMG_2500.jpg

ここは玄関まわり。
通常、気密パッキンやスタイロフォームが
見えるのですが、気密処理やモルタル施工
により見えません。

スタイロ1.jpg

通常ならこんな感じ。
気密がしっかり取れていそうで
隙間から漏気する可能性があります。

IMG_2502.jpg

ここまでやると玄関周りが
かなり冷えにくくなると
思われます。

IMG_2507.jpg

よく気密測定でサッシ調整の
シーンが出てきますが玄関ドアの
調整も本ドアでやって頂いています。

IMG_2509.jpg

通常の中間気密では仮のドアが多いです。
傷つきやすいので...。

コンセプト建築設計さまでは
本ドアで調整して気密を出します。
意外にも玄関ドアからの漏気は
多いモノなので...。

IMG_2508.jpg

ただ、これはガチガチにし過ぎると
電子ロックが掛かりにくくなるので
見極めも必要になります。

IMG_2494.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_2516.jpg

出ました!!
C値 = 0.0cm2/m2。

正確には ...
C値 = 0.038cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

IMG_2517.jpg

立ち合いされた お施主さまは
とても喜び、詳細結果を確認されていました。

αA(家全体の隙間面積)= 5cm2(2.5×2cm)
n値(隙間特性値)= 1.03
規格外の気密力です。

IMG_2520.jpg

担当の大工さんも大喜び。
奥さまからのお守り(モデル人形)で
喜びを表現されていました。

いや 〜 超超高気密
素晴らしいですね。
最近、新しい時代に突入したな 〜 と
感じるのでした(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック