2020年10月01日

石川県金沢市古府で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2708.jpg

8月25日は 石川県金沢市古府で
ほそ川建設鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_2709.jpg

IMG_2711.jpg

おお 〜 眩しい。
中庭に面した大開口サッシから
明るい光が差し込んでいました。

IMG_2727.jpg

サッシはリクシルのサーモスL。
アルミ複合ペアガラス。

IMG_2728.jpg

サッシ周りはコーキングにより
きれいに気密処理されていました。

IMG_2720.jpg

そこからさらに窓枠の
組みの部分にコーキングを入れ
上から押さえました。
コーキングは押さえてナンボです。

IMG_2717.jpg

続いて
柱周りにもコーキングを
入れて気密処理しました。

IMG_2714.jpg

床断熱では これが効きますよ〜。
剛床と壁側の柱の取り合い部分。

床をガチガチにやっていても
こういう取り合いから漏気する
可能性があります。

IMG_2721.jpg

断熱材は 屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_2729.jpg


C値 = 0.30cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_2722.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

ユニットバスの断熱材と床の
取り合いをウレタンで気密処理。

IMG_2731.jpg

玄関土間周りの基礎と土台、
基礎とスタイロフォームの取り合いを
ウレタンで気密処理。

後に余計なウレタンはカットして
気密処理します。

IMG_2724.jpg

窓枠の気密処理していない部分に
気密テープを貼って気密処理。

IMG_2726.jpg

ボードと断熱材のクリアランスが
大きい箇所にウレタンを注入。
伝い漏れなどを防ぎたい一心です。

IMG_2725.jpg

火打ちの上の怪しい空洞にも
ウレタンを注入。

さてさて、C値改善後(隙間埋め後)の
結果はいかに...。

IMG_2737.jpg


C値 = 0.29cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_2735.jpg

測定結果に大工さんは少し悔しそうな様子。
監督さんと詳細を確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
46cm2 → 45cm2 と
1cm2改善しました。 

私も悔しかったので何度か
再測定しましたが結果は
全く変わらず 0.29cm2/m2。

たった1cm2の改善でしたが
経年劣化に強くなったはずと
自分達に言い聞かせる3人なのでした(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック