2020年11月14日

子ども報恩講 妻のつぶやき


先日、ふじかげ幼稚園で『子ども報恩講』がありました。

IMG_5596.jpg

『報恩講』とは親鸞聖人の命日(11月28日)前後に行われる『法要』のことで、

仏教では最も大切な行事とされています。

IMG_5595.jpg

『子ども報恩講』はお経はありますが、

歌を歌ったりと子どもならではの法要を30分ほど行います

その間子どもたちはしっかり正座をしてお参りをします。

IMG_5598.jpg

お参りの後『おとき』をいただきます。

親鸞聖人の好きだった『炊き込みご飯、煮豆、豆腐のみそ汁』で、

今回は『切り干し大根の煮物』も付けました。

InkedIMG_5602_LI.jpg

園児が多いので2日に分けて『子ども報恩講』を行うのですが、

今年は赤い御膳で『おとき』をいただくのはコロナの関係で年長組さんだけです。

他の園児は教室で給食のように『おとき』をいただきました。

こうした行事に子どもたちが参加するのもいいものですね。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のトラックバック