2020年11月19日

富山県中新川郡立山町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_4093.jpg

10月12日は 富山県中新川郡立山町で
潟Wュープラスさまの現場の
気密測定を行いました。

最近、ほんと平屋が増えました
今回の現場は大きめの
平屋の家です。

IMG_4065.jpg

きれいに整理・整頓された
気持ちの良い現場。

IMG_4067.jpg

リビングは吹き抜けで
天井高の大空間。

IMG_4086.jpg

屋根の断熱材はフェノバボード。
ピンで固定し、その上から
気密テープを貼られていますね。

IMG_4088.jpg

フェノバの周りは
コーキングで気密処理。
コークを打った後
しっかり押さえた跡がありますね。

施工するのが大変だったと
容易に想像できます。

IMG_4083.jpg

壁の断熱材はセルロースファイバー。
メッシュ状のシートに充填。

その上からイゾベール・バリオの
調湿する気密シート(エクストラセーフ)を
貼られた仕様。

IMG_4072.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_4073.jpg

サッシ周りはコーキングに
より気密処理。

IMG_4074.jpg

基礎断熱なので基礎まわり
を注意してチェック。

IMG_4075.jpg

エアコンの先行配管ですね。
貫いた部分はコーキングと
気密テープで気密処理。

IMG_4076.jpg

おっと、あぶない。
ドレン配管の目張りが
ありません。
しっかり目貼りしました。

IMG_4090.jpg

気密が漏れ易い玄関の
下端や基礎と土台の取り合いは
コーキングで気密処理。

それでは工事用の仮ドア
目貼りして測定しますか。

IMG_4078.jpg

...と仮ドアを
よく見たら
穴が開いてます。

IMG_4080.jpg

しかもたくさん...。
いやいや、仮ドアに穴を開けたら
あきませんって。(ジュープラスさまではない)

こんだけ開いていたら
確実にC値に影響します。
目貼り、目貼り。

IMG_4070.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_4082.jpg


C値 = 0.28cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_4081.jpg

測定に立ち合いされた
監督さんはほっとして撮影されていました。

気密シートの施工も大変ですが
ボード系断熱材を屋根に
施工するのはとても大変です。

IMG_4088.jpg

テープの施工だけだと
屋根の熱で浮きやすいので
やはりコーキングするのがベストですね。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック