2020年11月20日

福井県坂井市春江町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_4153.jpg

10月15日は 福井県坂井市春江町で
潟cWュールホームさま の現場の
気密測定を行いました。

IMG_4162.jpg
IMG_4160.jpg

現場に入るとめちゃ明るい。
どうやら大きな平屋の
家のようです。

IMG_4163.jpg

リビングは梁見せの勾配天井。
開放的な大空間です。

IMG_4180.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

サッシ枠は木目調で
素敵ですね。

IMG_4166.jpg

サッシ周りはウレタンによる
気密処理。

IMG_4164.jpg

大きな引き違いも APW330?
と思いきや...。

IMG_4165.jpg

近づいてみるとガラスの中に
粒々(均等に並んだ)が見えました。

どうやら真空トリプルガラスのようです。
エア抜きのキャップもありますね。

余談ですがこの粒々は
ガラスとガラスの間、0.2oの真空層を
保持するためのスペーサーなんです。
真空でなくなったら落ちるのかな。

IMG_4176.jpg

IMG_4175.jpg

それにしても
しっかり部屋数がありますし
リビングも広いですし
余裕のある贅沢な平屋ですね。

IMG_4169.jpg

ごはん中の大工さんすみません。

最後にこの部屋。
長さ約7m、天井は3.6mあります。
さて、何の部屋でしょうか?

IMG_4171.jpg

正解は ... 弓道の練習部屋でした。

ご夫婦の趣味だそうで
奥の壁の前に巻藁(まきわら)を
置いて矢を射る練習をするそうです。

01.jpg

弓の長さは身長に合わせますが
長いモノでは2m30cmを超えます。
そのため天井高なのですね。

IMG_4158.jpg

おっと脱線しました。
断熱材は屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱です。

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_4156.jpg


C値 = 0.12cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_4154.jpg

立ち合いされたお施主さまは
とても喜び詳細を確認されていました。

αA(家全体の隙間面積)は
21cm2(5.25×4cm)。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.04と超高レベル。

暖かい家で奥さまと仲良く
弓道の練習に励めますね(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック