2020年12月11日

石川県野々市市御経塚で気密測定(完成)


おはようございます
健太郎です。

IMG_4663.jpg

11月2日は 石川県野々市市御経塚で
(有)E-HOUSEさまの現場の
気密測定(引渡し前)を行いました。

IMG_4669.jpg

玄関に入ると透明感がある空間。
外からは見えませんでしたが
中庭があるようです。

IMG_4675.jpg
IMG_4674.jpg

リビングは吹き抜けのある大空間。
65インチのテレビが小さく見えますね。

IMG_4676.jpg

大きな吹き抜けの上空では
シーリングファンが2台
回っていました。

IMG_4672.jpg

その日は雨降りでしたが
きれいな中庭が見えました。

サッシはYKKのAPW511。
最新の樹脂トリプルガラス
トップモデルです。

はじめて見ました。(めちゃ高いらしいです)

IMG_4706.jpg

キッチンの天板は
モールテックス仕上げ。

IMG_4679.jpg

ダイニングがおしゃれ。
家具や収納にもこだわられて
いるようです。

IMG_4682.jpg

リビングの反対側は
セカンドリビング。

ここからも中庭が見えます。
素敵なカウンターテーブル
ですね。

IMG_4681.jpg

振り返ると小上がりになっており
畳が敷いてありました。

セカンドリビングで
気持ちよく寝れそう。

IMG_4685.jpg

セカンドリビングの奥は
ファミリークロゼット?

兎に角、大容量。
色使いもショップのそれです。

IMG_4688.jpg

今回の測定は2階の
奥の部屋で。

IMG_4690.jpg

サードリビングでしょうか。
各部屋ごとにテーマがありそう。

インテリアはもちろん
家具やクッションなど
ショップの展示品のようです。

IMG_4665.jpg

この家は大開口サッシが多いため
測定器の取り付けがむずかしい。
ですが、なんとか設置できましたよ。

さて、こだわりのある
大きな現場の完成気密はいかに...。

IMG_4668.jpg


C値 = 0.46cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.5cm2/m2。
IMG_4667.jpg

測定に立ち合いされた監督さんは
詳細結果を撮影されていました。

会社的にはもう少し気密を
出したかったようですが
この大きな現場で完成気密
0.46cm2/m2はなかなか
健闘していると思います。

IMG_4692.jpg

何度も話していますが
はじめての気密測定される
住宅会社、工務店さまには
完成気密 0.5cm2/m2 を目指しましょうと
お話しています。

なぜかというと、完成気密が0.5cm2/m2
あればクレーム出たことないから。

IMG_4694.jpg

エアコンや換気システムも
しっかり効くと思われます。

いやぁ〜 それにしても大きくて
随所にこだわりのある家でした。
窓からきれいな桜並木が見えましたよ(^^♪



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年12月10日

石川県金沢市泉本町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_4503.jpg

10月28日は 石川県金沢市泉本町で
潟Zブンワークスさまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_4536.jpg
IMG_4501.jpg

室内は明るくきっちり
採光が取れている感じ。

IMG_4535.jpg

これはユニットバスの受け台。
2階リビングの可能性が高いですね。

IMG_4512.jpg

サッシは日本製のドレーキップ窓(内開き)。
樹脂トリプルガラス。

IMG_4510.jpg

サッシ周りは気密テープにより
気密処理されていました。

IMG_4518.jpg

基礎と土台周りも気密テープ。
ホールダウン周りはウレタンで
気密処理。

IMG_4519.jpg

剛床の貼り合わせ、柱周りは
気密テープで気密処理。

IMG_4502.jpg

玄関周りはユラソール(高性能気密テープ)で
気密処理されていました。

モルタルやコンクリにもしっかり
接着できるので助かるとのこと。

IMG_4513.jpg

面材はモイス。
ジョイント部分は気密テープが
貼られていました。

IMG_4506.jpg

セブンワークスさまでは
断熱材の充填前測定が定番です(^^♪

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_4525.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_4524.jpg

C値が良いのにn値が1.70と
芳しくない。
それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

玄関ドアの下端はモルタルが
詰められていたのですが
結構な気密漏れがありました。

IMG_4526.jpg

「n値の悪い原因はここか〜」と
七山社長が隙間にウレタンを
充填して漏れを押さえました。

IMG_4522.jpg

早くも気密コンセントボックスが
取り付けられてますね。
電線のまわりにブチル系の
コーキングで気密処理されていました。

IMG_4534.jpg

ほかに漏気がないか徹底的に
探しましたが見つかりませんでした。

それでは再測定。
C値改善後の結果はいかに...。

IMG_4528.jpg


C値 = 0.075cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_4529.jpg

測定結果に立ち合いされたお施主さまは
とても喜び、結果を撮影されていました。

αA(家全体の隙間面積)は
14cm2 → 8cm2 と 6cm2 も改善。

n値(隙間特性値)は
1.70 → 1.17と大幅に改善。

玄関ドアの下端からスースーに
漏れていたことが分かりました。
こういう風に1点集中で漏れが
大きいとn値は悪くなりがちです。

IMG_4515.jpg

外では大工さん達がロックウールの
貼り付け工事をされていました。

IMG_4517.jpg

パテ並みに接着剤を塗ってから
ロックウールを貼り付け
叩いて隙間を押さえます。

IMG_4538.jpg

きれいに貼られていますね。
これをすべて貼った後に
測定した方がC値が出そう...。

IMG_4514.jpg

ロックウール100ミリ、分厚っ!!
これは外側の断熱材。

この後、室内側に
セルロースファイバーを
充填します。

いやいや、完成気密の測定が
楽しみですね(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年12月09日

真っ赤な紅葉を見ながら気密測定


12月4日は設計、福田康紀建築計画様(金沢市)、施工、褐囂様(金沢市)の金沢市の中間工事中の気密測定でした。

IMG_1446.JPG

床,XPS、壁、アイシネンウレタン吹き付け+XPS、屋根アイシネン、窓リクシルサーモスU、サーモスX、玄関は気密断熱木製ドアでした。

IMG_1428.JPG


IMG_1449.JPG


現場の窓からは神社が見えます。

IMG_1435.JPG


外壁には耐震面材の吉野石膏のEXハイパーボードの仕様でした。

最近気密測定の現場でよく見けるようになりましたね。

IMG_1436.JPG

IMG_1433.JPG

1回目測定すると窓から少し隙間があり、サッシ屋さんと現場監督さんが窓の建てつけ調整をして直してもらいました。

IMG_1423.JPG


また床からの電気配線周りの隙間漏れがないか確認です。

IMG_1440.JPG

IMG_1441.JPG


床の合板と柱周りはドイツの超高性能気密テープ、ユラーソールが丁寧に貼られていました。

IMG_1427.JPG


換気はジェイベックのグリーンファンでした。

IMG_1430.JPG


このお家が中庭に面した大開口の引き違い窓で、お庭を眺め楽しむめる設計です。


IMG_1439.JPG

窓回りはコーキングで丁寧に気密処理されています。

IMG_1438.JPG


1回目はC値、0.3cm2でしたが、皆さんで隙間探し(C値改善)で再度気密処理をした後の測定結果が0.2cm2ととても良いC値でした。

IMG_1445.JPG

IMG_1444.JPG


測定器を確認された福田康紀社長も安心されていました。

IMG_1442.JPG


お家の前の静かな神社の鳥井からは燃えるような紅葉が見れ、素晴らしい環境のお家でした。

IMG_1448.JPG

IMG_1447.JPG
posted by 山男のつぶやき at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年12月08日

住宅リフォームで気密C値0.3cm2/m2


12月3日は喜多ハウジング蒲l(金沢市)の金沢市疋田町の住宅リフォームの工事中の気密測定でした。

IMG_1419.JPG


このお家は以前は2階建てでしたが、2階部分を取り払い1階の柱や桁、梁を残して1階建てにリフォームした現場です。

IMG_1414.JPG

IMG_1413.JPG


床、フェノールフォーム、壁、天井、一部吹き抜け部分の屋根はグラスウールに気密シート貼でした。

IMG_1405.JPG

IMG_1410.JPG


IMG_1407.JPG

IMG_1406.JPG


窓は樹脂窓YKK APW330です。窓回りもきれいにコーキング処理されています。

IMG_1418.JPG


1回目の測定で気密C値0.5cm2、総相当隙間面積αA27cm2でリフォーム工事としてはとても良い気密数値でした。

ここから隙間探しです。まず測定器のファンを回しC値改善がスタートです。

IMG_1411.JPG


大工さんや現場監督さん、また社員さんの皆さん総出で気密シートの重ねしろや、窓回りなど隙間を探し気密テープやコーキング処理工事をされました。

IMG_1416.JPG


再度、測定したところなんと総相当隙間面積20cm2、C値が何んと0.3cm2と1回目より26%も良くなりました。

IMG_1421.JPG

IMG_1417.JPG


リフォーム工事ではまずC値1.0p2以下を出すことだけでも大変なのですが、新築並みの素晴らしい気密です。

大工さんも社員さんも気密工事の漏れやすいチエックポイント箇所を探し頑張れば、ここまで出来るんだと「よかったー」と喜びの声が上がりました。


posted by 山男のつぶやき at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年12月07日

富山県南砺市梅原で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_4584.jpg

10月30日は 富山県南砺市梅原で
イザットハウス富山店(ベストホーム)さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_4582.jpg

現場に入るとちょうど
床貼りの真っ最中。

南面のサッシから
暖かな光が差し込んでいました。

IMG_4604.jpg

2階の一室は大工さんの
工作室になっていました。
窓からの眺めが良さそう。

IMG_4608.jpg

覗いてみるとこんな感じ。
山が見えて、田んぼが見えて
あ、柿の木が見えた。

IMG_4605.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_4609.jpg

サッシ周りには気密シートが
見えますね。

IMG_4585.jpg

イザットハウスの工法で
家をすっぽり覆うように
外側に気密シートが貼られており

サッシ周りはその気密シートと
ジョイントするように気密処理されています。

IMG_4590.jpg

その上から断熱材の
ネオマフォームをこれまた
家を覆うように貼る 外断熱の工法。

イザットハウスさまは
外断熱のパイオニアです。

IMG_4597.jpg

天井を見るとボードが貼られてました。
中央のモノはビルトインエアコンです。

IMG_4595.jpg

さてさて、チェックしていきます。
基礎断熱(床下が室内扱い)の
仕様は基礎貫きの気密をしっかり
取らないといけません。

エコキュートの給湯給水の
配管周りをウレタンで
気密処理強化。

IMG_4591.jpg

水抜きの穴にもしっかり
ウレタンを充填しました。

IMG_4603.jpg

玄関ドア周りの気密処理。
玄関下端から少し漏気あり。

IMG_4601.jpg

隙間にウレタンを充填して
漏気を止めました。

IMG_4593.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_4599.jpg


C値 = 0.15cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_4607.jpg

立ち合いされた監督さんは
「もうちょっとで0.1cm2/m2 だった」と
少し悔しそうにされていました。

私は基本的にC値よりも
αA(家全体の隙間面積)を見ます。
ここの αAは 16cm2(4×4cm)。
相当レベルが高いです。

C値 = αA(家全体の隙間面積)÷ S(延床面積+気積)
なので、どうしても延床面積が
少ないと不利になります。

ただ、ここはそれにも負けない気密力が
あったと言えるでしょう。

IMG_4588.jpg

家の前の柿の木を見に行きました。
なかなか趣がある立ち姿です。(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年12月06日

引っ越し 妻のつぶやき


『生協』を一緒にしていた友だちが能美市に引っ越しをしました。

IMG_5634.jpg

娘さんの家の向かいに家を建てて引っ越しをしたのですが、

残念なことにご主人が引っ越ししてから3ヶ月で突然心筋梗塞で亡くなりました。

IMG_5639.jpg

お悔やみと元気づけに『お弁当』を持って行ってきました。

IMG_5635.jpg

久しぶりにたくさんお話をしたのですが、

彼女は今、金沢の実家のトマトと大根の農業を手伝いながら孫と暮らしています。

IMG_5655.jpg

お土産に『トマトと蓮根』をいただいてきました。

『蓮根』は近くに蓮根畑から買ってきたそうで、しっかり地域にも溶け込んでいます。

孫がいて仕事があるから元気なのか、お元気で『ホッ』と致しました。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年12月05日

民謡教室の閉鎖 妻のつぶやき


今年私たちは『コロナウィルス』のせいで色んな影響をうけました。

その1つに旦那の『民謡教室』があります。

IMG_4111.jpg

毎週金曜日に近くの公民館で『民謡』のお稽古をしていたのですが、

コロナのせいでお稽古が3〜4ヶ月間お休みになり、

そして先日とうとう教室の閉鎖となりました。

IMG_9477.JPG

旦那は、金曜日を楽しみにして練習していたですが、

「みんな歳をとっているのでしかたがないかな…」と言っております。

IMG_5737.jpg

でも私は納得できません。

金曜日は旦那がお稽古に行ってしまうと私は撮りためたビデオを見ていたのです。

そんな小さな楽しみが無くなりました…。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年12月04日

施主様、御指名で気密測定


12月1日は潟Vイ―プラニング様(金沢市)の白山市の中間工事中の気密測定でした。

IMG_1387.JPG


プレカットメーカーはウッドリンクさんで、断熱はフェノールフォームでした。

壁はウッドリンクさん独自の構造用合板の面材とフェノールフォームの耐震断熱パネルです。

IMG_1381.JPG

窓はYKK APW330天井断熱は天井吊木上の桁の間にフェノールフォームを施工する工法です。

小屋裏から桁の木材と断熱材を気密防水テープを貼ります。

この現場は室内側からも木材と断熱材の取り合いをコーキングがしてありました。

IMG_1380.JPG


小屋裏の防水気密テープだけですと、真夏小屋裏温度は40℃以上になり、気密防水テープが熱で浮いてきて気密が漏れます。

室内側からコーキング処理してダブルで気密工事をすることで経年変化しても気密を保つことができます。

さすが熟知している大工さんと、現場監督さんです。

シイ―プラニングの設計士さんとお施主様が立ち合いされて、施主様が私に「いつも山男のつぶやきのブログの気密の記事をを読んでいますよ。気密測定は福田温熱にしてほしかったんです」と言われ私もびっくりしました。

IMG_1383.JPG


ブログを読んでいただき嬉しいかぎりです。又、測定の指名までしていただき、ありがとうございました。

気密測定結果は0.29cm2/m2、とても良い気密C値でした。(四捨五入するので印刷は0.3cm2)


IMG_1386.JPG

IMG_1385.JPG
続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年12月03日

富山県南砺市江田で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_4540.jpg

10月29日は 富山県南砺市江田で
潟Rンセプト建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_4555.jpg
IMG_4574.jpg

きれいに整頓された現場。
2世帯住宅の大きな
延床面積の物件でした。

IMG_4575.jpg

リビングの天井は
梁見せ仕様です。

IMG_4560.jpg

それでいて吹き抜けも
採用されています。(足場で隠れていますが)

IMG_4549.jpg

サッシは YKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_4551.jpg

サッシ周りは気密テープにより
気密処理されていました。

IMG_4562.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

ウレタンの目が細かく
やわらかな断熱材です。

IMG_4542.jpg

それでは チェックしていきます。
大工さんが剛床の貼り合わせ部分に
気密テープを貼られていました。

写真ではわかりにくいですが
木材に食い込むように貼られています。

IMG_4578.jpg

壁側の気密処理です。
気密処理の内容に気が付く
人は相当マニアックです。

ウレタン吹付断熱でも間柱と剛床の
取り合い部分から漏気し易いです。

そこを1度、気密テープで処理してから
上からヌキ(1番下の木材)を打ち
ウレタンを吹いてもらっています。
これで壁と床との取り合いから
気密漏れがなくなるはずです。

IMG_4552.jpg

剛床の気密処理も筋交いを
入れる前に気密テープが貼られています。

段取り的に手間ですが
筋交いを入れた後だと
筋交いの下が気密処理されていない
ことになるのです。

IMG_4558.jpg

給湯給水配管まわりに
気密テープを貼られてます。
ここはコーキングで処理してから
気密テープを貼っています。

なんでもホースは動くので
コーキングが切れるのを嫌った
ダブルの気密処理だそうです。

IMG_4573.jpg

これは化粧柱(見せる柱)。

通常、柱の立ち上がりは
気密テープでガチガチに処理する
のですが、見せる柱はそうもいきません。

そこは養生してコーキングで
気密処理されていました。
こまやかだな〜。

IMG_4579.jpg

ここは勝手口の土間周り。
モルタル、コーキング、ブチルテープ
ウレタンなど適材適所のモノで気密処理。
出来そうでなかなか出来ません。

IMG_4580.jpg

測定器で減圧し、漏気を
確認しましたが全く問題なし。

IMG_4543.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_4568.jpg

でました。
C値 = 0.0cm2/m2 !!! (0.05cm2/m2未満)

正確には...
C値 = 0.041cm2/m2 のウルトラ気密でした。

IMG_4569.jpg

測定結果に立ち合いされた
お施主さまは大喜び。

話を伺ったところ、1ヵ月以上前から
気密測定が楽しみで楽しみで休暇を取り
立ち合いされた模様。

いや〜 いい気密が出てよかったです。
今年の冬が寒くても
2世帯暖かく過ごせそうですね(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年12月02日

転ばぬ先の杖、車、スノータイヤに交換


12月に入り、北陸はいつ雪が降ってもおかしくない季節になりました。

北陸3県のいろんな建築現場に仕事で行くので、車のタイヤをスノータイヤに交換しました。

備えあれば憂いなし、転ばぬ先の杖ですね。

IMG_1377.JPG

IMG_1378.JPG
posted by 山男のつぶやき at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年12月01日

富山県富山市町新で気密測定(完成)


おはようございます
健太郎です。

IMG_4469.jpg

10月27日は 富山県富山市町新で
轄造さまの現場の気密測定
(引渡し前)を行いました。

IMG_4470.jpg

植えられているのは竹。
大きく育ったら、格子と相まって
いい雰囲気を演出すると思います。

IMG_4473.jpg

玄関土間は
洗い出し仕上げ。

IMG_4474.jpg
IMG_4475.jpg

リビングに暖かな日差しが
差し込んでいました。

これぞ作造といった
和モダンのテイスト。

IMG_4481.jpg

多彩なマテリアルを使われていますが
ケンカすることなく落ち着いた
空間を演出しています。

IMG_4476.jpg

中庭は人の目線を気にする
ことなくカーテンを開放できます。

IMG_4490.jpg

植栽が育つとより一層
素敵な空間になることでしょう。

IMG_4483.jpg
IMG_4485.jpg

和室の障子。

和紙を通した柔らかな光や
見た目も良いですが
ちょっとした内窓効果で
断熱性も期待できます。

IMG_4484.jpg

床の間の奥にガラリがあり
そこから暖かい暖気が。

IMG_4494.jpg

廊下に設置されたオンレイの
床下冷暖房システムが
運転しており随所に設置された
床のガラリから暖気が出ているのでした。

ガラリ周りのみならず
床が暖かいのはオンレイのおかげ。

IMG_4491.jpg

さて、気になる完成気密測定の
結果はいかに...。

IMG_4493.jpg


C値 = 0.41cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_4492.jpg

測定結果に立ち合いされた
営業さんはほっとした様子。

完成気密 が0.4cm2/m2 あれば
床下冷暖房システムの効きも
良い方向に働くと思われます。

冬、床が冷たいのは仕方がないと
言うのは昔。床暖房にしなくても
こういうアプローチができるのですね(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック