2020年12月24日

石川県能美市辰口町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_4838.jpg

11月9日は 石川県能美市辰口町で
安藤建築事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_4841.jpg

IMG_4839.jpg

現場は吹き抜け&勾配天井の仕様。
室内に足場が組まれていました。

1階の壁一面に大開口サッシが
連続した仕様で めちゃ明るい。

IMG_4846.jpg

さて、チェックしていきます。

監督さんが気密テープに
浮きが無いか確認されていました。

IMG_4842.jpg

断熱材は 旭ファイバーグラスの
高性能グラスウール アクリアα36kg 。

IMG_4843.jpg

そのグラスウールを 調湿機能付きの
気密シート内に充填。
使われているテープは
高性能気密テープのユラソール

IMG_4847.jpg

サッシ周りもユラソールに
より気密処理。

サッシは YKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_4845.jpg

24時間換気のスリーブ周りも
ユラソールで気密処理。

IMG_4852.jpg

気密シート貼りで難しいのが
天井の気密処理。
木材のジョイント部分を
ユラソールで気密処理。

IMG_4853.jpg

気密は思わぬところから
漏れるので考えられるところ全てに
経年劣化しにくいテープ等で
気密処理すると良いでしょう。

IMG_4857.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_4870.jpg


C値 = 0.079cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_4854.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

テープの浮きの押さえと
貼り忘れ部分がないか
チェックしていきます。

IMG_4850.jpg

このウルトラ気密では
サーモカメラで簡単に発見できるほど
漏れていません。(サーモは木材熱橋も拾うし...。)

地味ですが目視と
手をかざして漏気がないか
確認するのが1番です。

IMG_4861.jpg

玄関ドアは木製のスニッカルペール。
かなり気密が良い用品です。

IMG_4862.jpg

ですが...
キーシリンダーから若干の
漏気があるようです(*_*)

それでは気を取り直して
再測定の結果はいかに...。

IMG_4859.jpg


C値 = 0.070cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_4860.jpg

測定結果に監督さんは
ほっとした様子。

C値改善により
9cm2 → 8cm2 と
1cm2 改善しました。

n値(隙間特性値)も
1.08 → 1.06 と改善。

IMG_4869.jpg

気密シートはタッカーとテープで
止めているのですが
安藤建築事務所さまでは
そのタッカーの針の上から
気密テープを貼られています。

今回のタッカーの使用本数は
約6000本。
良い気密出すのは
ホント大変なんです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック