2020年12月28日

富山県砺波市で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_4731.jpg

11月4日は 富山県砺波市で
轄造さまの現場の気密測定を
行いました。

IMG_4734.jpg
IMG_4732.jpg

現場はとてもきれいに
清掃されていました。

外からの目線を気にしない
中庭が作られた設計

剛床のジョイント部分に
気密テープがピシッと貼られています。

IMG_4737.jpg

柱の周りはウレタンで
気密処理されていました。
この現場は床断熱仕様です。

IMG_4735.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_4736.jpg

サッシ周りはコーキングにより
気密処理されていました。

IMG_4740.jpg

排水配管周りは
ウレタンによる気密処理。

IMG_4755.jpg

玄関の基礎と土台の取り合いは
気密テープで気密処理。
きれいに施工されていました。

IMG_4756.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

IMG_4742.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに ...。


IMG_4743.jpg


C値 = 0.22cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_4746.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

金沢の現場で間柱と剛床の
取り合い部分を気密処理して
効果がかなりあったので攻めてみます。

IMG_4749.jpg

よく「床でしっかり気密を取って
あるから大丈夫。」と言われますが
伝い漏れする可能性が高い部分です。

IMG_4750.jpg

ポイントは断熱材にかかるように
気密テープを貼ること。
角は隙間が出来やすいので
漏気するリスクがあります。

IMG_4747.jpg

大工さん、監督さん、私で
この部分の取り合いを気密処理しました。

IMG_4751.jpg

「ほか、どこ攻めればいいですか?」と
大工さんから聞かれたので
サッシ周りの木材のジョイント部分
をお願いしました。

意外にこの部分からも
漏気するリスクがあります。
隙間が無いように見えますが
ここも伝い漏れする可能性が
高い箇所です。

さて、C値改善後の
測定結果はいかに...。

IMG_4752.jpg


C値 = 0.19cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_4753.jpg

「やった分だけ気密が上がるのはうれしい」と
監督さんは喜ばれていました。

高いレベルからのC値改善(隙間埋め)は
数値に表れにくいですが
今回は4cm2 も改善。

大工さんからも勉強になったと
言う声を頂きました。
皆さん、間柱とサッシ枠を
攻めてみましょう(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック