2021年02月28日

金沢神社 妻のつぶやき


尾山神社から金沢城公園に行き

そこから石川門を通って兼六園に入りました。

IMG_6117.jpg

目的の金沢神社は石川門の裏側にありますが、

兼六園の中を通らず(入園料がかかるので)外側をぐるっと廻って行き、

途中『石浦神社』にも寄ってみました。

IMG_6121.jpg

ここにはかわいい水玉の『御朱印帳』がある…とネットに載っていたので

ピンクの御朱印帳を買いました。

IMG_6124.jpg

石浦神社から車道を避けて趣のある鳥居のトンネルを通って金沢神社に行きます。

IMG_6122.jpg

IMG_6129.jpg

金沢神社』は菅原道真公がお祀りされている…とのことなので、

子どもたちの受験のときここに来て手を合わせました。

IMG_6130.jpg

この日は暖かかったので、社殿の扉が大きく開いていて奥まで見えました。

壁代の模様のすべてが前田家の御紋の『剣梅鉢』が使われていて、

格式の高さが窺えます。

IMG_6164.jpg

金沢神社の金粉のちりばめられた『御朱印』は

目の前で女性が元気でかっこよく書いてくれたことに感激しました。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年02月27日

尾山神社 妻のつぶやき


お天気に誘われて金沢市内をゆっくりと歩いてきました。

IMG_6101.jpg

先ず行ったのは『尾山神社』です。

初詣に何回か来たことがあったものの、ゆっくりと見学したのは初めてです。

IMG_6098.jpg

ここは前田利家公とおまつの方をお祀りする神社で、

和漢洋の建築様式が用いられた『神門』は国の重要文化財に指定されていて、

観光スポットにもなっています。

IMG_6106.jpg

境内は金沢のど真ん中にありながら思っていたより広く、

ゆったりとしていました。

IMG_6104.jpg

社務所に前田家の家紋の『梅鉢』ではないのですが

梅の花の模様の入ったマスクが売られていました。

IMG_6110.jpg

尾山神社の裏から

去年作られた『鼠多門橋』を渡って金沢城公園に行くことができます。



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年02月26日

しおさいの道、ヤツデとトベラの実


天気快晴、青空が見えると家の中にじっとおられず、久しぶりに日本海海岸沿いのしおさいの道を歩きました。
まずは海岸の展望台から出発です。

IMG_1751.JPG

IMG_1753.JPG


まだ3月にならず2月末頃なので野草の花は見れませんでしたが、大きな葉っぱを広げたヤツデの終わりかけの花の実を見つけました。

IMG_1755.JPG


またトベラの赤い実がきれいです。

IMG_1766.JPG

IMG_1767.JPG

IMG_1768.JPG


道に転がっている松ぼっくり。

IMG_1763.JPG


IMG_1765.JPG


だれも会わないこの道を歩き、海岸に出ると紺碧の空に海の青と白波が鮮やかで晴れ晴れした気分です。

IMG_1770.JPG

IMG_1771.JPG


いつもだったら海岸線の道を戻るのですが、今回は陸の方の畑の道を歩き帰ります。

IMG_1775.JPG


もう浜大根の花が咲いていました。

IMG_1773.JPG


砂地の畑には水やりのスクリンプラーが盛んに水を撒いています。

IMG_1778.JPG


防風林の新しい木の柵が直されていました。何かの植物を育てるのでしょうか。

IMG_1776.JPG


ビニールシートの温室と、砂地の畑にシートがきれいにかぶせられ農家の人の春の畑の準備が始まろうとしています。

IMG_1781.JPG

海、森、花の実、農家の砂地の畑の活動などいろいろなものを見て歩き素敵な道です。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年02月25日

石川県能美市和光台で気密測定(完成)


おはようございます
健太郎です。

IMG_7196.jpg

2月8日は 石川県能美市和光台で
活タ藤建築事務所さまの現場の
気密測定(完成)を行いました。

IMG_7207.jpg

外壁は板張りと
ガルバリウム鋼板。
立平ロックは頑丈そうで
私は好きです。

IMG_7199.jpg

リビングに入ると
エアコン無しで じんわり暖かい。
前日まで内見会を
開かれていたようです。

IMG_7198.jpg

ここは 少し高台になっており
多連サッシからの眺めが
よかったです。

IMG_7213.jpg

私の大好物のアイアンの
階段に...

IMG_7200.jpg

無垢一枚板のダイニング
テーブル。

IMG_7212.jpg

キッチンのカウンターに
隣接した畳コーナー。

IMG_7210.jpg

安藤社長の設計は
家を単一空間とした
間仕切り壁が少ない設計です。

IMG_7208.jpg

無垢材をあしらった
壁の装飾が美しい。

IMG_7215.jpg

ここは2階の一室。

IMG_7216.jpg

床に目を向けると
巾木ならぬ、タイルが
貼られていました。

IMG_7214.jpg

さて、この現場の中間気密は
0.079cm2/m2 のウルトラ気密。

IMG_7203.jpg

完成気密の測定は 今回がはじめて。
気になる測定結果は
いかに...。

IMG_7206.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_7205.jpg

測定に立ち合いされた
監督さんは ほっとひと安心。
測定結果を撮影されていました。

αA(家全体の隙間面積)が
15cm2(3×5cm)。
n値(隙間特性値)は 1.12と
かなりレベルが高い。

グラスウール、気密シート貼りの断熱工法で
完成気密 0.13cm2/m2は流石ですね。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年02月24日

こんなところに桜並木が・・。


このところ事務所の内勤業務と建築現場の行き帰りの仕事が多くなり、コロナ禍なので誰もいない知らない場所を探して歩き気分転換をしています。

いつも現場に行く道路から少しそれて車で走ると、なんと延々と続く桜並木を見つけました。


IMG_1748.JPG

自分の住んでいる白山市は日本海の海抜0メートルの美川町海岸から、白峰村の日本百名山の白山の頂上2702mまでが白山市です。

山は結構登って知っているのですが、里はまだ知らない場所が多くあり、田んぼの真ん中にこんな長い桜並み木(白山市明法島町)は知りませんでした。

IMG_1749.JPG


白い残雪の里山を眺めながら、約1kmくらいある桜並木の道を歩くと新鮮な気分となりました。

自分にとって新しい桜並木の発見です。桜の花の季節にぜひ、この桜の花見をしたいですね。

IMG_1750.JPG
続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年02月23日

石川、能美市、雪の七ツ滝と大学


久しぶりに能美市辰口町の七ツ滝に行きました。

雪のない季節は何度も行っていますが、冬の雪の七つ滝は初めてです。

まずは辰口町の長滝のバス停からスタートです。

IMG_1720.JPG

IMG_1724.JPG


雪の中にたたずむ神社の鳥居

IMG_1722.JPG


真っ赤なサザンカの花が鮮やかですね。

IMG_1723.JPG


林道沿いの雪の里山にまっすぐ天高くそびえてる杉林

IMG_1727.JPG


七ツ滝の案内板から先は雪道でした。

IMG_1728.JPG


IMG_1729.JPG


ごうごうと流れ落ちる滝の音

IMG_1732.JPG

IMG_1734.JPG


岩の上から勢いよく流れ飛ぶ白い水に大自然の躍動感を感じました。

IMG_1737.JPG

IMG_1738.JPG


滝めぐりをして、山を登りつめると雪の歩道の真ん中に雪で折れ曲がった木が道をふさいでいました。

IMG_1741.JPG


IMG_1744.JPG


その先には広々とした高原には建物が見えます。

IMG_1742.JPG


北陸先端科学技術大学院大学の案内看板です。

IMG_1747.JPG


この静かな環境の山に技術の先端を研究する大学ですね。


IMG_1746.JPG

1時間40分余りの大自然の滝と先端技術の大学の探索路でリフレッシュできました。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年02月22日

富山県砺波市神島で気密測定(完成)


おはようございます
健太郎です。

IMG_7008.jpg

2月2日は 富山県砺波市神島で
轄造さまの現場の気密測定(完成)
を行いました。
ゆったりとした贅沢な平屋です。

IMG_7025.jpg

玄関に入るとあたたかい。
どうやらオンレイによる
暖房が効いているようです。

玄関土間の豆砂利洗い出しが
素敵でした。

IMG_7011.jpg
IMG_7010.jpg

部屋の中央に中庭があり
それを囲うよう
配置されたリビング。

中庭では格子の取り付け
工事が行われていました。

IMG_7012.jpg
IMG_7027.jpg

カウンターの下に
ビルトインされているのが
オンレイの本体。

IMG_7011.jpg

床の木製ガラリから
あたたかい暖気が出てました。

IMG_7009.jpg

キッチンから見た景色。

IMG_7030.jpg

壁一面タイル張りのようです。

IMG_7031.jpg

天井は無垢の板張り。
間接照明がいい雰囲気を
演出しています。

IMG_7015.jpg

リビングに隣接するのは
どことなくかわいい和室。

IMG_7028.jpg

びっくりしたのがトイレ。
めちゃくちゃ広い。

IMG_7013.jpg

この家全体に感じるのは
ゆったりとしたゆとり。
ホント贅沢な設計をされています。

IMG_7016.jpg

さて、気になる完成気密の
結果はいかに...。

IMG_7024.jpg


C値 = 0.41cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_4958-4421a.jpg

完成気密でいうと、とても気密ですが
ここの中間気密は 0.071cm2/m2。
落差があり過ぎです。

IMG_7020.jpg

調査した結果、YKKのAPW431
大開口スライディングから
かなりの漏気を発見。(駄々洩れ)
中間気密では大丈夫だったのに...なぜ。

IMG_70100.jpg

運が良いことに中庭で
作業していたのはサッシ屋さんでした。
急いでサッシ調整をして頂きましたよ。

IMG_7021.jpg

よしよし気密漏れが治りました。
それでは気を取り直して再測定。
サッシ調整後の結果は...。

IMG_7018.jpg


C値 = 0.19cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_7019.jpg

立ち合いされた監督さんは
ほっとひと安心。
詳細結果を確認されていました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
サッシ調整前が 1.53。
サッシ調整後は 1.28。
隙間風が入りにくい特性に
改善されています。

IMG_7026.jpg

サッシ本来の性能を発揮させるには
調整は不可欠です。
改めてサッシ調整の大切さを
認識しました(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年02月21日

パワースポット 妻のつぶやき


お天気が良かったので白山市のパワースポットの神社に行ってきました。

IMG_6049.jpg

鶴来町の『金劒神社』で、ここは金運アップのご利益がある…と言われていて

県内外からたくさんの参拝者が来られているそうです。

IMG_6052.jpg

そうはいっても鶴来町の神社だから今はいないだろう…と思い出かけたのですが、

駐車場が満杯でびっくりしました。

特に若い女性が多く、ここだったら3密避けられる…との思いで来られたのでしょうか。

IMG_6058.jpg

『金運のご利益』については、

神社側は『お祀りする神さまは金運ではなく、健康尚武の神さまです』と!

IMG_6067.jpg

次に、近くの『比盗_社』にも行ってきました。

お宮参りらしく赤ちゃんを抱っこした人等たくさんの人がいたのですが、

ここは敷地が広いので『密』にならないのではないか…と思います。

IMG_6073.jpg

写真は『白山奥宮遥拝所』で、

親子らしい2人が丁寧に正面と左と右の3回も拝礼をしていました。

これは何かご利益があるのでは…と、私も参拝してきました。

IMG_6071.jpg

出来上がった写真を見て思ったのですが、

『神社』って何処を撮ってもバッチリ雰囲気が出ていますよね。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年02月20日

お雛さまと御仏供杉 妻のつぶやき


去年は越前大野に行き『おおののひな祭り』を見てお雛様に感動しました。

IMG_9432.JPG

今年も行って見たいと思ったのですが、コロナで『中止』になったとのこと。

先日、『吉野工芸の里』に行ったところ

『お雛さま』が展示されているというので見ることにしました。

IMG_5990.jpg

入るとすぐにかわいい『土人形』が迎えてくれます。

近くにいる方が時間をかけて丁寧に作られているそうで他にも何体か展示されていました。

IMG_5995.jpg

このお雛様は江戸時代の『享保雛』で、言われて見るとなんとなく品があります。

お雛様の数はそんなに多くはなかったですが、ほっこりとした時間がもてました。

IMG_5984.jpg

ここ『吉野工芸の里』に大きな『御仏供すぎ』があります。

(『おぼけすぎ』といいます)

こんなに大きいのですが1本の『杉の木』です。

IMG_5987.jpg

根元が見えるところまで行くことができ、

『運気』など信じない私ですが、

ここに立つと何か『気』らしきものを感じます。

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年02月19日

石川県羽咋郡宝達志水町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_7036.jpg

2月3日は 石川県羽咋郡宝達志水町で
ほそ川建設鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_7041.jpg

家の中心に中庭があり

IMG_7037.jpg
IMG_7038.jpg

その周りを回遊できるように
設計された室内。

IMG_7050.jpg

サッシはリクシルのサーモスL。
アルミ複合ペアガラス。

サッシ周りはコーキングにより
気密処理されていました。

IMG_7048.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

IMG_7052.jpg

床は剛床の下で
気密を取っている仕様。
柱周りはコーキングで気密処理。

IMG_7043.jpg

あれ。これは制震ダンパーですね。
ダイナコンティという商品。

最近、ビルシュタインなどダンパー系の
初動から揺れを抑えるモノの
人気があるように思えます。

IMG_7047.jpg

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_7054.jpg


C値 = 0.37cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_7046.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

まず玄関ドアの下端を
ウレタンで気密処理。

IMG_7044.jpg

基礎と土台の取り合い部分を
ウレタンで気密処理。

IMG_7055.jpg
IMG_7056.jpg

筋交い周り、床と壁の
取り合い部分を気密処理。

IMG_7058.jpg

ここは勾配天井のヌキ下地部分。
漏気がありました。
あるあるですがヌキを打ってから
ウレタンを吹くと隙間出来てしまい
伝い漏れする可能性があります。

IMG_7059.jpg

下から取り合い部分を
ウレタンで埋めました。

IMG_7078.jpg

何やら大工さんが顔を床に
近づけています。
何しているのか尋ねたところ
気密漏れを顔で感じ取ってようです。

ちなみに...
自分は指の産毛をセンサーに
して気密漏れを探しています。

IMG_7065.jpg

壁沿いに置いてあった断熱材を
移動させると怪しい箇所を発見。

IMG_7066.jpg

ビュービューきてました。

IMG_7074.jpg

ウレタンをしっかり充填して
気密処理。
大物を埋めたので再測定。
はたして結果は...。

IMG_7076.jpg


C値 = 0.28cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_7057.jpg

大工さん達が0.2cm2/m2以下を
目標にしているため、まだ頑張ります。

IMG_7080.jpg

2階の床と梁の取り合い部分の
気密処理をお勧めしました。
ここは意外に伝い漏れしてくるのです。

IMG_7079.jpg

入角部分にコーキング。
木材と木材のジョイントは
怪しむべきです。

さて、C値改善後の
測定結果はいかに...。

IMG_7083.jpg


C値 = 0.22cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_7082.jpg

測定結果に気密処理を
頑張った監督さんは安堵の様子。

大工さん達は 0.1cm2/m2に届かなかった
と悔しそうにされていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
68cm2 → 41cm2 と
27cm2 の隙間が埋まりました。

IMG_7063.jpg

やっぱり、やる気満々の
人たちはいいですね。
自分もトコトンやりたい方なので
時間の許す限りお付き合いしますよ(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年02月18日

福井県敦賀市川崎町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6802.jpg

1月22日は福井県敦賀市川崎町で
去ト田建築店さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_6803.jpg

IMG_6819.jpg

リビングの中央に大開口サッシを配置。
その上空に吹き抜けがある設計。

IMG_6814.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

リビングの大型サッシは
APW511の大開口スライディング。
久しぶりに見ましたよ 511。

IMG_6815.jpg

サッシ周りはコーキングによる
気密処理。

IMG_6820.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

それにしても間柱や木材の
ジョイント部に気密テープが
しっかり貼られていました。
良い値が期待できそうです。

IMG_6804.jpg

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_6806.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_6809.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

漏れ率の高い、玄関ドアの
下端に漏気がありました。
そこをウレタンで埋めて気密処理。
柴田社長が余分なウレタンを
手で取り除かれてます。

IMG_6811.jpg

基礎と土台間の気密パッキン
から少し漏気あり。
ここはコーキングを隙間に充填し

IMG_6813.jpg

指で押さえて気密処理。
いやいや男前な気密処理です(^^♪
特にウレタンを手で除去するなんて...。

IMG_6817.jpg

勝手口の下端も同様に漏気が
あったためコーキングで気密処理。

IMG_6824.jpg

梁下のホゾ穴はウレタンで
埋めて気密処理。
金物のヒートブリッジ対策にもなります。

IMG_6827.jpg

電線のまとめ配線部分は
気密が漏れやすい。
ウレタンを丁寧に充填して気密処理。

IMG_6828.jpg

最後に気になった木材の
ジョイント部分に気密テープを
貼って気密処理。

IMG_6829.jpg

この木材のジョイント部分。
実は見た目以上に漏気している
可能性があります。

手で触れても気密漏れを感じない
微量な漏気はあります。
そんな ほんのりとした漏気が
C値を落としていることもしばしば。

IMG_6816.jpg

そこを予測し徹底的に
気密処理することが
超高気密のカギに繋がります。

さて、C値改善後の
測定結果はいかに...。

IMG_6838.jpg


C値 = 0.076cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_6830.jpg

気密処理を頑張られた柴田社長は
とても喜び、結果を撮影されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
24cm2 → 14cm2 と
10cm2 の隙間が埋まりました。

高いレベルから10cm2 の
隙間を埋めるのは至難の業。

IMG_6835.jpg

ここ(0.076)までくると先ほどの
ほんのりと漏気を徹底的に
押さえないと出ない値です。

完成気密の測定が
とても楽しみです(^^♪



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年02月17日

竹林の道、小松市東山


石川、小松の山に行くとき、よく東山町の道路を通ります。

IMG_1713.JPG

IMG_1712.JPG


その東山の道路沿いの標識に遊歩道「絆の森」の看板があり、どのようなところか日頃から気になっていました。

IMG_1685.JPG


思いきって行ってみると、この遊歩道は竹林の道でした。

IMG_1695.JPG

IMG_1690.JPG


竹林はきれいに整備され、竹の葉っぱが空高く目に鮮やかな清々しい緑です。

IMG_1711.JPG


こはタケノコの産地でもあります。

上り坂の山のてっぺんはなんとマウンテンバイク場でした。

IMG_1701.JPG

IMG_1702.JPG


冬期間は3月まで閉鎖されており、爆音もなく、何か静かな公園のようです。

IMG_1707.JPG

IMG_1708.JPG


静かで爽やかな緑の竹林から元気をもらい、1時間余り歩きでリフレッシュできました。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年02月16日

石川県小松市千木野町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6294.jpg

ちょっと前のことになりますが
12月23日は 石川県小松市千木野町で
潟Rンセプト建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_6334.jpg

外壁にフェノバボード。
付加断熱の現場のようです。

IMG_6298.jpg

IMG_6297.jpg

室内側の断熱は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

南側に大開口のサッシが
入っており、とても明るい。

IMG_6312.jpg

見上げると足場が組んでありました。
どうやら大きな吹き抜けが
ある仕様のようです。

IMG_6313.jpg

吹き抜け上空にも大開口サッシ。

IMG_6314.jpg

そこから見える景色は
なかなか良いものでした。

IMG_6302.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_6307.jpg

サッシ周りは気密テープに
よる気密処理。

実は...。
気密テープを貼る前に
サッシ周りにコーキングを打ち
気密テープを貼る。

その後、漏れやすそうな箇所に
再度コーキングを入れたトリプル気密処理。
やり過ぎです。( ゚Д゚)

IMG_6310.jpg

玄関周りは基礎と土台の取り合いは
ブチルテープで気密処理。
ここもコーク、テープ、
コーク(漏れそうな箇所)の
トリプル気密処理。

IMG_6323.jpg

床の剛床のジョイント部分、
柱の立ち上がり部分は
気密テープで気密処理。

IMG_6324.jpg
IMG_6322.jpg

間柱、柱の取り合い部分。
ほか、入角のジョイントや
ピン部分など怪しい箇所に
すべて気密テープが貼られていました。

IMG_6318.jpg

それでは測定器で減圧し
気密漏れを確認します。

怪しいのは梁と天井の
取り合いの三角部分。

IMG_6317.jpg

ここは伝い漏れしやすいので
ホント注意が必要です。
ほんの少し漏気がありました。

IMG_6319.jpg

大工さんにウレタンを
念入りに吹いて頂きました。

IMG_6326.jpg

おっとあぶない。
ドアフォンの配線部分。
室内側は処理されていましたが
外側もウレタンで埋めました。

IMG_6299.jpg

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_6329.jpg

でました。
C値 = 0.0cm2/m2 !!! (0.05cm2/m2未満)

正確には...
C値 = 0.026cm2/m2 のウルトラ気密でした。

IMG_6328.jpg

測定に立ち合いされた
お施主さまはとても喜び
詳細結果を確認されていました。

注目したいのは αA(家全体の隙間面積)。
なんと 4cm2(2×2cm)。
中間気密で 4cm2は 新記録です。New record!!

IMG_7234.jpg

これは 0.3cm2/m2の測定結果です。
他の現場のデータですが n値も良く
なかなかきれいなグラフ。(圧力差と通気量の関係を表すグラフです)

IMG_6332.jpg

これがこの現場のグラフ。
見えますか 左上の点が(グラフの線)。
線がなくグラフとして成り立っていない。

これだけ気密が良いと
こうなります。私もはじめて見ました(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年02月15日

遣水観音山、雪の中の椿


2月11日(祝日)は真冬には珍しく晴れた暖かい日でした。

久しぶりにいつもの里山、遣水観音山に登りました。

低山ながらまだ雪があります。

IMG_1655.JPG

今回は登山道の椿の花を見たくて行きましたが、まだ時季が早くダメかと諦めていました。やはり3月にならないとダメか・・・。

しかし、しばらく登るとわずか数輪の真っ赤な花が雪の中で可憐に咲いているのにを見つけ感動です。
IMG_1653.JPG

IMG_1657.JPG


この日は結構登っている人が多く、中には高校の登山部の生徒さん達が訓練のために登っていました。

IMG_1658.JPG

IMG_1660.JPG

下山は誰一人とも会わない送電線の巡視路コースを下りましたが、まだかなりの雪で登山靴がヅボ、ヅボとはまり歩きにくく、いつもの倍の時間がかかりました。

IMG_1664.JPG

IMG_1666.JPG


IMG_1667.JPG

IMG_1669.JPG


いつも水鳥が泳いでいる池には鳥の姿がなく静かな水面でした。

IMG_1672.JPG

でも期待していた椿の花が見れて良かったです。









posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2021年02月14日

焼肉 妻のつぶやき


10日の誕生日に外食が出来なかったので11日に行ってきました。

IMG_6037.jpg

何処に行く、何処に行く…と言いながら野々市をぐるりとひと廻り走り続け

結局、御経塚の『焼肉きんぐ』に行きました。

IMG_6034.jpg

焼肉屋さんに行くのは2〜3年ぶりです。

イケメンのお兄さんが注文の仕方を親切丁寧に教えてくれたのですが…。

IMG_6035.jpg

タブレットでお肉を注文すると小さなお肉が3枚しかきませんが、

ごはんとサラダはどど〜んとどんぶりいっぱい出てきます。

どうやらお肉は3枚が1人前で、サラダはどんぶり1ぱいが1人前のようで、

終盤になってからようやくわかりました。

IMG_6032.jpg

私たちは『食べ放題』を頼んだのですが、

お肉を1人前づつ頼んでいたので全然元が取れません。

それでも『ごはんとサラダ』でお腹がいっぱいになり帰ってきました。

IMG_6030.jpg

今日の敗因は『ごはんとサラダ』です!!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年02月13日

誕生日 妻のつぶやき


2月10日の誕生日に孫から嬉しいメールがきました。

InkedInkedIMG_6045_LI.jpg

旦那と子どもからはいつもプレゼントを貰うのですが、

息子は必ず何が欲しいか…聞いてきます。

IMG_6022.jpg

先日行った『鳥越の道の駅』で、美味しそうな『干し柿』を見つけたので

小遣いの少ない息子にはその『干し柿』をお願いしたところ…、

こんなにも買ってきました。

IMG_6021.jpg

旦那からは甘栗とケーキを貰いました。

IMG_6019.jpg

甘栗は想定内だったのですが『ケーキ』は初めてです。

IMG_6017.jpg

ケーキは全種類2個づつあり、

旦那は食べる気満々です!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年02月12日

石川県白山市知気寺町で気密測定(完成)


おはようございます
健太郎です。

IMG_5769.jpg

12月11日は石川県白山市知気寺町で
ハンズスタイル鰍ウまの現場の
気密測定(完成)を行いました。

IMG_5771.jpg

玄関に入るとこんな感じ。
階段下までタイルが
貼られていました。

最近、玄関脇の自転車の収納が
流行ってますのでそれかな...。

IMG_5783.jpg

ここは2階リビングの現場。
階段を上がると...。

IMG_5776.jpg
IMG_5774.jpg

天井高+勾配天井の大空間。
南側の大型サッシから見える
景色が最高です。

IMG_5786.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。
内開きのドレーキップ窓です。(ほぼ全部)

IMG_5785.jpg

リビングに隣接する部屋は
扉が収納できる仕様。

IMG_5775.jpg
IMG_5779.jpg

キッチンの収納棚は
作り付けのモノ。
色合いが素敵ですね。
風合いを考えて塗装されているようです。

IMG_5782.jpg

洗面室は明るくて
広めの洗面台。

IMG_5778.jpg

階段への通路は引き戸で
仕切れるようです。(冷房の無駄がなさそう)
引き戸と窓枠が黒色で
メリハリが効いています。

IMG_5787.jpg

さて、気になる完成気密の
結果はいかに...。

IMG_5791.jpg


C値 = 0.44cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_5793.jpg

良い気密だけど...
もうちょっと良くならないかな〜。
といろいろ探しまくった結果
エアコンの先行配管の
目貼りがなくてスースーでした。

IMG_5792.jpg

ここをしっかり目貼りして
再チャレンジです。
目貼り後の測定結果は
いかに...。

IMG_5794.jpg


C値= 0.38cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_5796.jpg

測定結果に監督さんは
ほっとした様子で撮影されていました。

先行配管のスリーブごと開いて
いたので7cm2も改善した結果です。
言い換えれば、エアコンの処置で
気密処理しなければ大きく
気密を損ねるということです。

IMG_5777.jpg

それにしても2階リビングからの
景色は最高ですね。
四季折々の景色を見てみたいです(^^♪



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年02月11日

富山県富山市新金代で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6762.jpg

1月21日は 富山県富山市新金代で
潟gミソーさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_1966.jpg

この現場は昨年7月に測定した
築40年の物件をリノベーションしたモノ。
どんな数値が出るか楽しみです。

IMG_6764.jpg
IMG_6765.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
硬質ウレタンの吹付断熱。

IMG_6768.jpg

極力、被膜を削らないよう
柱幅ギリギリまで吹かれていました。

IMG_6769.jpg

屋根のウレタンの下地材に
当社の通気遮熱FOボードが
使われていました。

屋根の通気層を大きく取れる
当社のFOボードをお使い頂き
ありがとうございます。

IMG_6767.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_6763.jpg

外壁にフェノバボードを
貼られた付加断熱仕様。
Ua値 は 0.34を誇ります。

IMG_6791.jpg

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_6770.jpg


C値 = 2.18cm2/m2 でした。

表示は四捨五入により2.2cm2/m2。
IMG_6783.jpg

やはりリノベーション物件の
気密は簡単にいきません。
C値改善(隙間埋め作業)を
1つずつやっていきますか。

玄関ドア周りの気密処理を
ウレタンで気密処理。

IMG_6788.jpg

サッシ周りはコーキングにより
気密処理。これは鉄板です。

IMG_6772.jpg
IMG_6773.jpg

基礎と土台の間から スースーと
空気がめっちゃ出てる。

IMG_6777.jpg

コーキングにより気密処理。

IMG_6774.jpg

ここの床は 根太あり仕様。
根太ありは気密的には
むずかしいです。(押さえが効かない)
床の隙間から漏気を感じます。

IMG_6776.jpg

既存の大引に割れや
隙間があり、そこから気密漏れ。
ウレタンで隙間を埋めました。

IMG_6786.jpg

壁際からも漏気を感じます。
漏気を感じなくなるまで
ウレタンを注入しました。

IMG_6779.jpg

ホールダウン金物周りから
気密漏れ。
ここは床断熱、基礎断熱に
関係なく気密処理しましょう。

IMG_6796.jpg

梁の根元から気密漏れ。
割れの部分にもウレタンを
充填しました。
こんな立派な梁が
入っていたのですね。

IMG_6793.jpg

苦戦したのは やはり床です。
断熱材は大引に入っていたのですが
隙間の目立ったところだけ
コーキングで気密処理された模様。

IMG_67930.jpg

隙間が無いように見えても
すべて断熱ラインで気密処理することを
お勧めします。

さて、C値改善後の
測定結果はいかに...。

IMG_6798.jpg


C値 = 1.59cm2/m2 でした。

表示は四捨五入により1.6cm2/m2。
IMG_6799.jpg

気密処理を頑張った監督さんは
「1.0cm2/m2 を切りたかった」と言い
詳細結果を確認されていました。

IMG_6780.jpg

今回のC値改善(隙間埋め作業)により
αA(家全体の隙間面積)は
261cm2 →  191cm2 と
70cm2 の隙間が埋まりました。

断熱改修、リノベーション物件で
C値 = 1.6cm2/m2 は
かなり優秀な気密です。
高性能リノベーションとして
頑張られているので目指すところは
もっと上だと理解していますが。

IMG_6792.jpg

ここでなんとか踏ん張り
完成気密でリベンジしたいですね(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年02月10日

いつもの海の遊歩道が砂の風紋


このところ雪や雨、強風でいつもの海の散歩ができません。

IMG_1637.JPG


久しぶりに天気が晴れて、散歩しました。

IMG_1628.JPG

IMG_1630.JPG


海岸線の人と自転車の遊歩道がなんと大量の砂で埋まっていました。

IMG_1639.JPG


冬の日本海の季節風の砂嵐で砂が飛んで頬に当たります。

IMG_1645.JPG


埋まった砂の表面にはきれいな風紋が現れていました。

IMG_1640.JPG


これはまさしく自然が造った造形美ですね。

海岸に打ち寄せられた漁具などのゴミの山が冬の日本海の強風と荒波の自然の厳しさ物語っています。

IMG_1642.JPG


しかし夕陽の太陽と波間にたたずむカモメに癒されます。

IMG_1647.JPG

IMG_1652.JPG
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年02月09日

福井県坂井市丸岡町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6647.jpg

1月18日は 福井県坂井市丸岡町で
日の丸工務店さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_6648.jpg
IMG_6649.jpg

リビングの角に
大型サッシを配置した設計。

IMG_6654.jpg

壁の断熱材はネオマフォーム。
1枚1枚、コーキングにより気密処理。

IMG_6657.jpg

コーキングがめちゃ太く入っており
押さえもしっかり効いています。

IMG_6675.jpg

屋根の断熱材はウレタン吹付断熱。
200ミリ以上吹かれています。

IMG_6667.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

サッシ周りはコーキングにより
気密処理されていました。

IMG_6653.jpg

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_6680.jpg


C値 = 0.29cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_66800.jpg

C値は良いのですが
n値(隙間特性値)が1.57。
隙間風が入りやすい大穴があるようです。

IMG_6671.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

ここは基礎断熱の現場(床下が室内扱い)。
基礎の穴が気密漏れに直結します。
給湯給水配管の穴が開いていますね。

IMG_6684.jpg
IMG_6687.jpg

ここをコーキングで
ガチガチに気密処理。

これで大幅改善か!と思いきや
室内側でしっかりコーキングを
入れている模様。

IMG_6678.jpg
IMG_6682.jpg

玄関下端から少し気密漏れ。
コーキングを入れてヘラで
しっかり押さえました。

IMG_6688.jpg

火打ちの怪しい部分を
ウレタンで気密処理。

IMG_6694.jpg

金物部分はヒートブリッジを
嫌ってウレタンで覆いました。(結露対策)

IMG_6696.jpg

電線の束の部分に
ウレタンを追加。

IMG_6690.jpg

最近流行りの間柱の
ホゾ部分にもウレタン注入。
ここは効きますよ〜(^^♪

IMG_6701.jpg

入角の怪しい穴にも
ウレタンを入れました。

IMG_66511.jpg

こんなにやっているのに
大幅な気密UPがない。
なぜだ...。

IMG_6698.jpg

いろいろ探した回った結果、
見つけました。
横滑りのサッシが微妙に開いている...。

IMG_6700.jpg

チェーンで開閉するヤツやん。
1度も開けてなかったので
チェックも浅かったのか。(工場出荷状態で開いていた)

IMG_6698.jpg

チェーンを引っ張るが
閉まる気配がない...。初期不良か。

取り合えず、閉まるように
なんとか調整しました。

さて、気になるC値改善後の
結果はいかに...。

IMG_6702.jpg


C値 = 0.098cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_6703.jpg

測定結果に気密処理を
頑張った監督さんはとても喜び
結果を撮影していました。

大きくはサッシの不具合による
部分が多かったと思います。

IMG_6686.jpg

ただ、それに気づかずガチガチに
気密処理をした結果が
0.1cm2/m2以下の数値に結び付いた
と考えます。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック
プロデュース