2021年06月01日

石川県金沢市若松町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9642.jpg

5月15日は 石川県金沢市若松町で
叶ン計木花家さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_9638.jpg

室内は家の正面に大開口サッシを
配置した設計。

IMG_9646.jpg

2階からの景色は
金沢の町並みを見下ろせる
とても素敵な眺望でした。

IMG_9664.jpg

それではチェックしていきます。

断熱材は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。
きめが細かく柔らかな断熱材です。

IMG_9630.jpg

サッシはリクシルのエルスターX。
樹脂トリプルガラス。

IMG_9643.jpg
IMG_9633.jpg

サッシ周りは木下社長が
丁寧にコーキングを入れて
いました。

ハイグレードなサッシを採用しても
このように気密処理しないと
隙間風が入る恐れがあります。

IMG_9665.jpg

梁と2階の床との取り合いに
コーキングが入っていました。

IMG_9666.jpg

工事途中ですが電気配管の
CD管に粘土が詰めて
ありました。

IMG_9647.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_9651.jpg


C値 = 0.15cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_9648.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。
玄関ドアの下端から微細な漏気。
ウレタンで埋めました。

IMG_9654.jpg

スリーブの周りに
ウレタンを吹いて気密処理。

IMG_9649.jpg

床と柱の取り合い部分にも
ウレタンを吹きました。

IMG_9657.jpg

天井勾配のヌキ下地の
キワにもウレタン。

IMG_9658.jpg

ここはウレタンを削った箇所なので
木材のキワから漏れ易いです。

IMG_9660.jpg

ウレタン工事は余計な個所に
ウレタンがかからない
養生シートで養生しています。

IMG_96601.jpg

その養生シートを外したとき
ウレタンに隙間が生じることがあり
そこから漏気することもしばしば。

そんな隙間にウレタンを
充填しました。

さてさて、C値改善後の
結果は...。

IMG_9663.jpg


C値 = 0.11cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_9662.jpg

測定に立ち合いされた
お施主さま家族は とても喜び
詳細結果を確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
21cm2 → 16cm2 と
5cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.42 → 1.19 と隙間風が
入りにくい特性に大きく改善。

IMG_9633.jpg

いや〜 C値改善(隙間埋め作業)で
隙間が大きく埋まるとうれしいですね。
これがお施主さまの家の暖かさに
貢献できる?と思うと尚更です(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック
プロデュース