2021年06月10日

富山県南砺市荒木で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9752.jpg

5月19日は、富山県南砺市荒木で
すぎはら建築工房さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_9754.jpg
IMG_9756.jpg

かなり大きい現場で
余裕のあるゆったりとした設計。

IMG_9767.jpg

廊下?がめちゃ広い。

IMG_9764.jpg

すぎはら建築工房さまでは
4寸柱が標準です。
それでいてこの現場は
耐震等級3をクリアしています。

IMG_9757.jpg

壁の断熱材は 高性能グラスウール。
気密シート貼りの仕様です。

IMG_9759.jpg

天井の断熱材はセルロースファイバー。
セルロースはのちにブローイング。

天井の気密シートがきれいに
貼られていました。
シートがヌキで押さえて
あるので安心です。

IMG_9768.jpg

外壁は フェノバボードを
貼った付加断熱仕様。

IMG_9760.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_9761.jpg

サッシ周りはウレタンと
コーキングにより気密処理。

さて、気になる気密測定の
結果は...。

IMG_9774.jpg


C値 = 0.35cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_9771.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

気密シートを貫く、配管まわりを
気密テープを追加して強化。

IMG_9772.jpg

給水配管まわりも
気密テープで補強。

IMG_9778.jpg
IMG_9779.jpg

玄関ドア下端、勝手口下端の
微細な漏気をウレタンで気密処理。

IMG_9777.jpg

火打ち周りから気密漏れ。
気密テープが入りにくい場所も
丁寧に押さえました。

IMG_9776.jpg

羽子板ボルトまわりを
ウレタンで気密処理。

IMG_9781.jpg

電線周りもウレタンで
気密処理。

IMG_9785.jpg

最後に下屋に繋がる
取り合い部分にコーキングを
入れました。

さて、C値改善後の
結果はいかに...。

IMG_9792.jpg


C値 = 0.33cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_9793.jpg

気密処理を頑張った杉原社長は
「こんだけやって6cm2の改善か...」と
少し悔しそうにされていました。

大きい現場の気密シート貼りは
目配せがとっても大変です。

C値 は 0.33cm2/m2 と優秀ですし
6cm2 の改善は大きかったと
思いますよ(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック
プロデュース