2021年06月14日

石川県能美市和光台で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9801.jpg

5月20日は 石川県能美市和光台で
活タ藤建築事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

緑がきれいな
避暑地のようなところでした。

IMG_9803.jpg
IMG_9802.jpg

室内は南面に配置された大開口サッシから
新緑を眺められる設計。

IMG_9817.jpg

それではチェックしていきます。

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

サッシ周りはユラソール(高性能気密テープ)
により気密処理されていました。

IMG_9805.jpg

断熱材は旭ファイバーグラスの
高性能グラスウール アクリアα36kg 。

IMG_9814.jpg

そのグラスウールをタイベックスマート
(気密シート)内に充填し
ユラソールで気密処理。

IMG_9806.jpg

玄関まわりの基礎と土台、
スタイロフォームの取り合いを
ユラソールで気密処理。

IMG_9810.jpg
IMG_9811.jpg

ユニットバス周りも
ユラソールで気密処理。

IMG_9809.jpg

床の剛床のジョイント部
柱の立ち上がりもユラソール。

IMG_9819.jpg

2階の床と梁の取り合い部分
もユラソール。
圧巻の気密処理です。

断熱材の充填、気密シート貼り、
気密処理と3週間かかるのがわかります。

IMG_9826.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_9828.jpg


C値 = 0.066cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_9834.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

この現場のC値改善は主に
気密テープの浮きを押さえること。
気密テープの貼り忘れがないか
確認することの2点です。

お施主さまも含め総勢6人で
チェック開始。

IMG_9836.jpg

タッカーの針の上から
貼った気密テープの浮きも押さえます。

IMG_9837.jpg

1か所だけ、タッカーの針の上に
テープが貼ってないところを発見。

IMG_9829.jpg

かれこれ1時間半くらい
がんばったでしょうか...。
目立った漏れはなく、気密テープを
ひたすら押さえ圧着しました。

さて、C値改善後の
測定結果はいかに...。

IMG_9840.jpg


C値 = 0.058cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_9838.jpg

C値改善に参加されたお施主様は
とても喜び詳細結果を確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
8cm2 → 7cm2と
1cm2 の隙間が埋まりました。

IMG_9814.jpg

高いレベルからのC値改善は
報われることが少ない(改善しない)のが現実。
1cm2 の改善は大きいです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック