2021年06月28日

富山県高岡市石瀬で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9556.jpg

5月13日は 富山県高岡市石瀬で
潟Rンセプト建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_9542.jpg

IMG_9570.jpg

現場は家の正面に大開口サッシを
配置した明るい室内。

IMG_9546.jpg

吹き抜けを大きく
取った設計。

IMG_9571.jpg

吹き抜け上空のサッシは
お施主さまが排熱を考え
開けられるようになっていました。
軒も深いので夏に大活躍しますね。

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_9574.jpg

サッシ周りは気密テープに
より気密処理。
エッジくっきりで
きれいに貼られていました。

IMG_9554.jpg

本来の性能を引き出すために
サッシ屋さんにサッシ調整を
して頂きました。いつもありがとう♪

IMG_9573.jpg

IMG_9549.jpg

断熱材はアイシネンの
屋根・壁ともにウレタン吹付断熱。

IMG_9558.jpg

外壁にフェノバボードを
貼った付加断熱仕様です。

IMG_9564.jpg

それではチェックしていきます。

ユニットバスの断熱は
カネライトフォーム。

ジョイントは気密テープ。

IMG_9563.jpg

カネライトの頭部分は
ウレタンをたっぷり
吹き付けた 気密処理。

柱と土台の取り合い
入り隅部分に気密テープが
貼られていました。

IMG_9561.jpg

ヌキ(木材)に隠れて
見えにくいですが

IMG_9562.jpg

床と柱の取り合いや
梁と間柱の取り合い部分も
気密テープ(銀色)で
気密処理されていました。

IMG_9550.jpg

もちろん、床の剛床のジョイント部
柱の立ち上がり部分も
気密テープで気密処理。

筋交いを入れる前に
気密処理していることがわかります。
(後からだと筋交いの下が気密処理されない)

IMG_9575.jpg
IMG_9576.jpg

玄関回りが美しい...。
基礎と土台の取り合い
土台と剛床の取り合いも
気密テープ。

まるで金物がハマっているように
エッジが出ていますね。

IMG_9557.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_9577.jpg

でました。
C値 = 0.0cm2/m2 !!! (0.05cm2/m2未満)

正確には...
C値 = 0.049cm2/m2 のウルトラ気密でした。

IMG_9579.jpg

測定に立ち合いされた
お施主さま家族はとても喜び
結果を撮影されていました。

αA(家全体の隙間面積)は
8cm2(4×2cm)。

IMG_9580.jpg

細部にこだわり、やり過ぎなくらい
気密処理を施している棟梁の
武部さんです。

この度、独立して
TAKEBE建築という会社を
起業されたようです。

お若いのに素晴らしい。
今後の活躍も期待しています(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック