2021年06月29日

富山県富山市長附で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0405.jpg

6月1日は 富山県富山市長附で
潟Wュープラスさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0434.jpg

すごくいい天気。
風もなく測定日和です。

IMG_0406.jpg

IMG_0407.jpg

整理整頓が行き届いた現場です。

IMG_04071.jpg

よく使う工具が壁に
掛けられていました。

IMG_0418.jpg

この現場はお施主さまの要望により
外断熱仕様です。

面材となるのはハイベストウッド。
外側はテープ、室内側はコーキングで
気密を取ってありました。

IMG_04051.jpg

断熱材はEPS100mm。(ビーズ法ポリスチレンフォーム)
すでに防水シートを貼られており
断熱材が見えませんでした。

IMG_0431.jpg

それでいて室内側に
輻射熱を狙ったアルミシートが
貼られていました。

IMG_0423.jpg
IMG_0419.jpg

屋根の断熱材はEPS。
120mm+60mmの180mm仕様。
気密テープとコーキングにより
気密処理。

IMG_04061.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_0421.jpg

サッシ周りはテープと
コーキングにより気密処理。

IMG_0411.jpg

それではチェックしていきます。

インターフォンの穴?が
開いたままでした。

IMG_0412.jpg

コーキングで埋めて
もらいました。

IMG_0413.jpg

ホールダウン金物の穴が
そのままです。

IMG_0414.jpg

ここは基礎断熱(床下が室内扱い)。
どの断熱でも気密処理した方が良いです。
コーキングで埋めてもらいました。

IMG_0409.jpg

玄関回りの基礎と土台の
取り合い部分に気密処理がない
箇所を発見。

気密テープで押さえてもらいました。

IMG_0408.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0410.jpg


C値 = 0.093cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_0429.jpg

測定に立ち合いされた
監督さんはとても喜び
結果を撮影されていました。

IMG_0415.jpg
IMG_0422.jpg

やはり、室内外の面材の気密処理が
効いていると思います。

いつもの断熱工法と違っても
0.1cm2/m2 を切ってくるのは
流石ですね(^^♪

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック