2021年09月14日

石川県小松市吉竹町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2133.jpg

8月3日は 石川県小松市吉竹町で
活タ藤建築事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_2134.jpg

正面に配置された大型サッシから
まぶしい朝日が差し込んでいました。

IMG_2135.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_2158.jpg

サッシ周りはユラソール(高性能気密テープ)
により気密処理。

IMG_2142.jpg

断熱材は旭ファイバーグラスの
高性能グラスウール アクリアα36kg 。
ふっわふっわの断熱材です。

IMG_2164.jpg

そのグラスウールを
タイベックスマート(気密シート)内に
充填しユラソールで気密処理。

IMG_2148.jpg
IMG_2149.jpg

床の剛床のジョイント部
柱の立ち上がりも
ユラソールで気密処理。

IMG_2151.jpg

2階に上がるとこんな感じ。
スキップフロアでしょうか。

IMG_2152.jpg

部屋の中に
不思議なBOX(箱)?

IMG_2176.jpg

バルコニーでした。

IMG_2161.jpg

ここからの景色はとても
良いものでした。(^^♪

IMG_2177.jpg

外ですが天井には
気密シート。

この上が部屋になっているため
断熱材を充填し、気密シートを
貼ったのだと思われます。

IMG_2162.jpg

BOXの上に登るとこんな感じ。
高さは十分あります。

IMG_2165.jpg

右側は下から見ると足場が
組まれていました。
吹き抜けになる設計かな?

IMG_2155.jpg

完成図が想像しにくいですが
ここは2階リビングの設計です。

さて、今回は C値改善(隙間埋め作業)
を先行していきます。

IMG_2187.jpg

スリーブ周りのテープの
浮きを押さえます。

IMG_2167.jpg

玄関ドア周りのテープを
追加し気密を強化。

IMG_2172.jpg

見えますか?
テープの浮き。

IMG_2180.jpg

どんなに良い気密テープを使っても
テープの浮きゼロは難しい。

IMG_2182.jpg

施工箇所をくまなく確認し
押さえて回るしかないと考えます。

IMG_2174.jpg
IMG_2183.jpg

テープが浮くと
気道が出来やすいため
押さえて、押さえて
押さえまくりました。

IMG_2166.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2178.jpg


C値 = 0.10cm2/m2 の超高気密でした。

IMG_2190.jpg

C値改善をがんばった設計士さんは
結果にほっと一安心。

大型の引き違いサッシ(掃き出し窓)が
3枚あって、0.1フラット。
かなり優秀です。

IMG_2152.jpg

それにしても
この難しい設計の気密処理。
断熱材の充填を含めると
工期が1か月掛かっている模様。

本当に根気強くがんばられたと
尊敬いたします。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック