2022年06月08日

岐阜県揖斐郡大野町で気密測定


稜です。

写真 2022-05-16 8 03 21.jpg

5月16日は岐阜県揖斐郡大野町で
鞄n辺建設 プラスホームさまの
現場の気密測定を行いました。

写真 2022-05-16 8 06 19.jpg

写真 2022-05-16 8 06 53.jpg

中に上がります。

写真 2022-05-16 8 07 14.jpg

写真 2022-05-16 8 09 29.jpg

壁・屋根の断熱は、
ウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2022-05-16 8 08 44.jpg

サッシはYKK APW330。
樹脂ペアガラスです。

写真 2022-05-16 8 08 11.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りはウレタンとテープで
気密処理されています。
テープがピッチリとL字に食い込み、
伝い漏れの対策として素晴らしいです。

写真 2022-05-16 8 24 19.jpg

二階の床と胴差しや梁との
取り合いの気密処理です。
こちらも伝い漏れの対策として
取り合いや隅のところに
ウレタンが吹いてあります。

写真 2022-05-16 8 16 33.jpg

お風呂の配管の貫通部も
しっかりとウレタンで
気密処理してありますね。

写真 2022-05-16 8 28 39.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-05-16 9 07 23.jpg

C値=0.14cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

写真 2022-05-16 9 10 16.jpg

C値改善作業(隙間埋め)
を始めます。
下屋部分の木材に気になる隙間が。
少し漏気がありましたので、
ウレタンで気密処理をします。

写真 2022-05-16 9 18 13.jpg

棟木と束のジョイント部分です。
手を近づけてみると、
少しだけですが漏気を感じました。

写真 2022-05-16 9 18 25.jpg

木と木のつなぎ目って、
ビッチリ当たっているので
隙間なんてなさそうですが
意外と漏気しちゃいます。
漏気しないように、
ウレタンで気密処理をしました。
伝い漏れって怖いですね。

それでは再度測定を始めます。
結果は...

写真 2022-05-16 10 01 14.jpg

C値=0.13cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
24cm2 → 23cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.34 → 1.32
となっています。

写真 2022-05-16 10 31 51.jpg

この結果に、
立ち合いされた社長は
満足されたご様子でした。

今回は1cm2の改善。
もうちょっと良くなっていると
思ったのですが...。

とても良い気密であることに
違いはありませんが、
より良い気密を...!と意気込んで
あまり気密が改善しないと
やっぱり悔しいです。

写真 2022-05-16 10 42 00.jpg

現場は悠々とした山の近く。
緑って見ているだけでも
なんだか心が落ち着きますよね。

夏は涼しく、冬は暖かく。
自然豊かな景色に和む。
完成時の測定も楽しみです。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック