2022年06月09日

里山集落歩き、小松市原町、きれいな黄金色の麦畑


まだ歩いたことがない里山集落歩きをしました。場所は石川県小松市の原町です。
小松から白山の鳥越に向かう道路沿の里山集落です。

IMG_4361.JPG

IMG_4396.JPG

町の案内看板を見ると、横に仏御前の里の看板もあり、すぐ近くに昔の仏さんの祠がありました。仏御前の里って何のことなのだろう?

IMG_4397.JPG


IMG_4398.JPG


平安時代からある遺跡とうことで小松市の遺跡の説明看板もあります。
随分昔からある歴史的な原町と分かりました。

IMG_4399.JPG

まず集落の道から歩きます。

IMG_4362.JPG

しばらく歩き戸バス停の看板がありました。山裾には懐かしい伝統的な家が見られます。

IMG_4364.JPG


IMG_4370.JPG

IMG_4371.JPG

白山神社という神社を上がると今でもすぐ馬の銅像が走りそうな姿ですね。

IMG_4372.JPG


IMG_4373.JPG

IMG_4374.JPG

道沿いの花を見ながら歩き、今度は車の来ない田んぼ道を歩きました。

IMG_4375.JPG


IMG_4376.JPG

IMG_4377.JPG

IMG_4380.JPG

IMG_4383.JPG

田んぼには大きなサギの鳥の姿が見えます。

IMG_4392.JPG


きれいに草刈りされた田んぼ道の横は深い谷底の川です。

IMG_4384.JPG

IMG_4388.JPG


IMG_4395.JPG

川の橋を渡り林道入口にはイノシシ除けの警告の字がありここは入らず戻り、元の田んぼ道を歩くと黄金色に色づいた麦の畑でした。

IMG_4389.JPG
  
IMG_4394.JPG

もう刈り取り寸前の黄金色の麦、きれいですね。
出発の車に戻り時計を見ると、1時間半余りの里山集落の営みと大自然に癒される歩きでした。




posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
最近のトラックバック