2022年07月21日

石川県加賀市大聖寺で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9018.jpg

6月20日は 石川県加賀市大聖寺で
木ごころ家さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_9019.jpg

ウッドデッキを
付くのでしょうか。
軒がとても深い設計。

IMG_9013.jpg
IMG_9012.jpg

この現場は プレウォール工法。
(パネル工法)

IMG_9028.jpg

断熱材はネオマフォーム。
外壁側、室内側に断熱材が
貼られたタイプ。

IMG_9026.jpg

天井の断熱材もネオマフォーム。
パネル工法で難しいのは
天井の気密です。

IMG_9027.jpg

屋根側はテープで
室内側はコーキングで
気密を取られていました。

ここのようにダブルの
気密処理をお勧めします。

IMG_9014.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_9015.jpg

サッシ周りは
気密テープで気密処理。
丁寧な仕事です。

IMG_9016.jpg

床の断熱材はネオマゼウス。
剛床の下の大引き間で
気密処理されていました。

IMG_9021.jpg

ユニットバスの下は
ネオマフォームで断熱。

IMG_9022.jpg

基本は気密テープ。
取り合いの複雑なところは
コーキングで気密処理。

IMG_9020.jpg

木ごころ家さまでは
全棟気密測定されてます。

今回はお施主さまの要望で
当社が測定することに。
ご指名、ありがとうございました。

さて、気密測定の
結果はいかに...。

IMG_9032.jpg


C値 = 0.091cm2/m2 の超超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_9029.jpg

この時点で 木ごころ家さまでは
新記録の気密スペック。

でもガンガンやりますよ。
C値改善(隙間埋め作業)!

0.1を切った良い気密ですが
大きい値のn値が気になる。

まずは 定番の玄関ドアの
下端から漏気あり。

IMG_9031.jpg

隙間にコーキングを
たっぷり充填して気密処理。

IMG_9045.jpg

おっと、梁のホゾ穴が
気密処理されていません。
ウレタンを充填。

IMG_9044.jpg

最近、超おすすめしている
柱と床の取り合いのホゾ穴。

ここはやっておいて
損はありません。
取り合いを全て
コーキングで気密処理。

IMG_9034.jpg

ここは どーこだ。

下屋に隣接する
梁の取り合いです。
伝い漏れする可能性が高い
場所なのでおすすめです。

IMG_9038.jpg

わかりますか?
柱(真ん中)の左側から
光が漏れているの。

IMG_9052.jpg

もちろん、パネルの外壁側で
気密テープがあたっています。

だがしかし...
1カ所でも気道があると
漏気することもしばしば。

私的にはn値が大きいのは
このためだと感じました。

IMG_9040.jpg

そういうことで
柱とパネルの取り合いを
気密テープで気密処理。

IMG_9042.jpg

処置するエリアが多いため
稜(息子)にも手伝ってもらいました。

IMG_9039.jpg

すべてが気密漏れに
直結するわけではないですが
パネルの取り合いにテープを
貼って貼って貼りまくりました。

IMG_9047.jpg

窓まぐさの取り合いも
同様に気密テープ。

IMG_9036.jpg

パネルのみならず
柱と柱を取り合いも
テープで気密処理。

さてさて、C値改善の
結果はいかに...。

IMG_9049.jpg


C値 = 0.064cm2/m2 の超超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_9050.jpg

測定結果に立ち合いされた
お施主さまはとても喜ばれて
いました。

今回の C値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
10cm2 → 7cm2 と
3cm2 の穴が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.39 → 1.07 と隙間風が入り難い
特性に大幅に改善。

IMG_9012.jpg

0.064cm2/m2 の気密は
木ごころ家さまでも新記録ですが
当社のパネル工法(屋根がネオマ)の
記録も 記録更新です。

n値を見ると隙間風が入り難い。
めちゃ暖かい家になりそうですね(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック