2022年07月22日

石川県金沢市田上新町で気密測定


稜です。

写真 2022-07-01 8 14 08.jpg

7月1日は石川県金沢市田上新町で
灰-COLORSさまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-07-01 8 57 15.jpg

写真 2022-07-01 8 56 58.jpg

中に上がります。

写真 2022-07-01 8 46 35.jpg

写真 2022-07-01 8 38 09.jpg

天井・壁の断熱材は、
ネオマフォーム。
テクノウォール工法の
現場となっています。

写真 2022-07-01 8 40 44.jpg

サッシはYKK APW330。
樹脂ペアガラスです。

写真 2022-07-01 9 49 34.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
コーキングで気密処理
してあります。

写真 2022-07-01 8 35 59.jpg

写真 2022-07-01 8 36 23.jpg

現場は床断熱となっていて、
床の取り合いがテープで
気密処理されています。
柱周りも丁寧にテープが
貼ってありますね。

写真 2022-07-01 9 50 58.jpg

外周部の柱の付け根。
この場所は気密処理するべき
ポイントとして
度々紹介しておりますが、
気密処理をした上で
さらに上からテープを
貼ってありました。

とても丁寧な気密処理。
素晴らしいですね。

写真 2022-07-01 8 34 56.jpg

写真 2022-07-01 8 35 36.jpg

他にもホールダウン金物や
お風呂の配管の基礎貫通部なども
しっかり気密処理して
ありますね。

写真 2022-07-01 8 44 38.jpg

写真 2022-07-01 8 56 41.jpg

現場は床断熱ですので、
点検口用の穴は
塞がなければなりません。
大工さんが丁寧に
ビニールシートとテープで
目張りして下さいました。

写真 2022-07-01 8 56 11.jpg

測定...の前に、
ちょっとだけ。
少し気になったので、
玄関土間の断熱材の
取り合いを気密処理します。

意外とこんなところからも
漏気したりしますので、
注意した方がいいかもしれません。

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-07-01 9 24 30.jpg

C値=0.16cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

写真 2022-07-01 8 59 02.jpg

C値改善作業(隙間埋め)
をします。
玄関下端から少しだけ漏気。
ウレタンで気密処理をします。

写真 2022-07-01 10 13 20.jpg

ちょっと見づらいですが、
天井の断熱材の取り合いで
気密処理されていない箇所が
ありました。

写真 2022-07-01 10 11 34.jpg

狭い上に高所で気密処理が
大変でしたが、
大工さんが頑張って
隙間を埋めて下さいました。

それでは再度、
測定を始めます。
結果は...

写真 2022-07-01 10 42 02.jpg

C値=0.13cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
19cm2 → 16cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.59 → 1.52
となっています。

写真 2022-07-01 10 42 15.jpg

この結果に、
頑張っていただいた大工さんは
満足しているご様子でした。

ウレタンで気密処理する際には、
缶の底面を上向きに(つまり180°反転)
しないと中身が出にくくなるので
吹き付けしづらいんですよね。

そんなに難しい事か?と思われる
方もいるかもしれませんが、
狭い箇所だと缶が入らないので
底面を上向きにする事が出来ないんです。
なので天井の狭い箇所って
特に気密処理が大変なんです。

そんな難しい箇所でも、
大工さんはしっかりと丁寧に
気密処理して下さったので、
ちゃんと隙間が埋まりました。

こういった丁寧な仕事の
ひとつひとつから、
暖かいお家が生まれるのだと
思います。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック